読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

私が創造主とイエス・キリストを信じたきっかけ

私はこの2年間(2015年頃から)、ちょっとしたきっかけで聖書を読むことになりました。

そのきっかけというには、私は2年前に運転免許証の更新を忘れていました。

財布の中の運転免許証を見たときにはちょうど更新日から一年過ぎていました。

「嘘やろ!更新忘れてたらどうなるんや!」と思い調べたところ

もちろん運転してはいけなくなり、更には学科試験をもう一度受け直し合格しなければならず、実技の運転試験でも合格しなければならない現実に直面しました。

この実技の試験というのは非常に難しく、自動車学校で教わるとおりに運転しなければ合格できないものです。 しかも一日がかりです。

仕事が休みの日に義理の父にお願いして実技試験のあるコースを何回も走行し

試験のために大変な努力をしました。

しかし2回目の試験まであっさりと不合格となり、私は完全にいらだっていました。

この努力をしてもいつまでも不合格にされ、報われない状態に

何日も試験のために仕事を休まなければいけないことに

これがいつまで続くのか? 

3回目の実技試験の始まる前の待合室で

なぜ更新日を忘れただけでこんな目に会わないといけないのか?

今までそんなに悪いことした覚えもないのに苦しめられるのか?

本当に神などいるのか? 神様が居るなら、お願いやから今回は合格させてくださいーっと願っていました。 いい年したおっさんがですよ。(^O^)

すると試験官の方が手違いで最後に試験しますのでお待ちくださいと言われ。

大変リラックスしたムードで実技試験を受けることができ、やっとのことで合格することができました。

 

そんなことで、ただなんとなく神様っているのかな?

そういえば結婚式は教会で挙げたなと思い

教会での神様といえばキリストやな キリストって何かな? ぐらいの知識でした

それからネットで調べるうちに聖書を少しずつ読むようになりました

私はそれまでなんの信仰もありませんでした、実家は浄土真宗でお盆やお彼岸や墓参りに行っていただけでした。

ただ聖書を読み、ネットで調べれば、それを続けているうちに 本当に創造主がおられ、イエス・キリストが私たちの救い主なんだということを今は信じるようになりました。

神様からの福音を自分のものにできたことは人生の最大の喜びです!

 

では、なぜ人生の最大の喜びであるのかお話したいと思います。

聖書を読んで

1 福音を手にすると必ず天国に行けることがわかったこと

2 これからどう生きるべきか、はっきりとわかったこと

3 神様の御心に合うならば、なんでも望んだことは叶えてくれるとわかったこと

4 この不安定な世界状況の中での世の中がどうなるのかが聖書にかかれているので不  安にならなくなったこと

 

 

以上です。

こんなありがたいことはないです。

死んだらどうなるのか今まで確信がありませんでした。その不安がなくなりました。

 

聖書に書いてあることを守りながら生きることが大切だと分かりました。

聖書にある最も大切なことは

神を心をつくし、精神をつくし、思いを尽くして神である主を愛すことです。

またこれと同じように隣人を自分のように愛すことと書かれています。

その他聖書の言葉が日々、自分を助けてくれます。 

 

日々、祈りを通して イエス・キリストの御名(名前)を通して願うと、必ず神様が叶えてくれることがわかったからです ただし自分の欲望はダメですよ。あくまで神様がそれは良い事であると思うことでなければ叶いません。

 

聖書は約3割が預言です。ですから過去に預言されていることは全て神様は成就されます。

今まで全て聖書に書かれている預言は実現しています。 ですのでこれから起こることも預言されています。 ですから今後どういうふうに世の中に対して備えるのかということがわかります。

 

 

ただ一つだけ手放しで喜べないことがあります。

 

それは

 

死ぬまでに福音を手に入れなかった人は天国に入れないことがわかったからです。

 

聖書には生きている間に福音を手にしなければ、死後には一切、悔い改めの機会が与えられないことが書かれています。

 

まだ私の周りに福音を受け取っていない人がたくさんいる。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

hukuinn.hatenablog.com