読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

もし福音を得ずに携挙が起こってしまったら If rapture happens without gaining the gospel

f:id:yotutaka:20170419131546j:plain

携挙はいつ起こるかわかりません

日本にはクリスチャン人口が1%以下と言われています。

日本人で携挙の意味を知っている人は1%以下の可能性が高いです。

実際に携挙が起きてみないとわかりませんが真のクリスチャンがいなくなることは確かです。

 

 

実際に携挙が起きても日本では携挙が起こったと認識するまで少し時間がかかるのではないでしょうか?

 

クリスチャンが携挙により取り去られた後の日本で聖書を旧約聖書から新約聖書を読んで理解している人は残っているのでしょうか?

 

また携挙後にクリスチャンが携挙によって引き挙げられたと正しく報道されれば

本当に創造主がいてイエスキリストが主であることが認識出来ると思いますが、

クリスチャンが取り去られ反キリストが中心となった世の中で、聖書が正しいと訴える報道を正直にするでしょうか?

 

世界人口75億人 その内キリスト教徒が約20億人。(しかし真のクリスチャンはもう少し少ないと私は考えていますが)

その約20億人が世の中から一気にいなくなります。 

混乱は避けられません

混乱に乗じて暴動や強奪が起こるやもしれません

 

 

でも焦らないでください!

携挙が起こったならば皆さんは創造主とイエスキリストが本当に存在していることを知ることができます。

 

大艱難時代を過ごすことになりますが最後まで神を信じ反キリストに従わなければ永遠の天国に行くことが出来るのです。

神とイエスキリストを大艱難時代に信仰すれば必ず迫害に会うでしょう。

しかし絶対に反キリストに従ってはなりません。その先には永遠の地獄しかないのです。

全てを創ったのが創造主です。それに反逆したのが全ての悪であり反キリストです

 

最終的に選ぶのは皆さんの意思です。

 

反キリストに従うと一時的にはこの世的には良いでしょうしかしそれは神への反逆とみなされ必ず永遠の地獄に落とされます。

 

この全てを創造された真実の神を信じることが大艱難時代の生き方です。

そして大艱難時代であっても創造主と御子であるイエスキリストを信じてください。

そうすれば天国に行くことができ、そしてまた携挙されたクリスチャン、 過去に創造主とイエスキリストを信じて亡くなった方々と再び天国で過ごすことができます。

どうかこの希望を持って大艱難時代を強い信仰を持って過ごしてください。

たとえ命を奪われても最後の瞬間まで創造主とイエスキリストを信じてください。

 

 

大艱難時代は7年間ありますが

前半の3年半と後半の3年半に分かれます。

前半は反キリストは暴君な風ではなく世の中に現れます。

一見、良き世界の穏やかなリーダーとして世界をまとめるでしょう。

しかし後半の3年半で暴君と化し、自分の像を拝まないものを皆殺しにします。

自分の名の刻印を押すように人々に命じます。

その刻印の名前がないものは物を売ることも買うこともできなくなります。

そしてその反キリストの名前をゲマトリア数に換算すると666となります。

聖書の数学―その驚異

 

ヨハネの黙示録 13章15

それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。 また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。 ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

 

hukuinn.hatenablog.com