世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

もし福音を得ずに携挙が起こってしまったら If rapture happens without gaining the gospel

 

携挙はいつ起こるかわかりません。

 

日本にはクリスチャン人口が1%以下と言われています。

 

日本人で携挙の意味を知っている人は1%以下の可能性が高いです。

 

実際に携挙が起きてみないとわかりませんが真のクリスチャンがいなくなることは確かです。

 

 

実際に携挙が起きても日本では携挙が起こったと認識するまで少し時間がかかるのではないでしょうか?

 

クリスチャンが携挙により取り去られた後の日本で聖書を旧約聖書から新約聖書を読んで理解している人は残っているのでしょうか?

 

また携挙後にクリスチャンが携挙によって引き挙げられたと正しく報道されれば

本当に創造主がいてイエスキリストが主であることが認識出来ると思いますが、

クリスチャンが取り去られ反キリストが中心となった世の中で、聖書が正しいと訴える報道を正直にするでしょうか?

反キリストとは、 悪の世の支配者 イエスキリストに反するもの。)

 

世界人口75億人 その内キリスト教徒が約20億人。(しかし真のクリスチャンはもう少し少ないと私は考えていますが)

 

その約20億人が世の中から一気にいなくなります。 

 

混乱は避けられません

 

混乱に乗じて暴動や強奪が起こるやもしれません。

 

 

 

でも焦らないでください!

 

携挙が起こったならば、皆さんは創造主とイエスキリストが本当に存在していることを知ることができます。

 

超常現象ではありません、宇宙人がしたわけでもありません。

聖書に書かれているとおり、創造主が真のクリスチャンを大艱難時代から取り去るために「携挙」が起きたのです。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

艱難時代を過ごすことになりますが最後まで神を信じ、反キリストに従わなければ永遠の天国に行くことが出来るのです。

 

神とイエスキリストを大艱難時代に信仰すれば必ず迫害に会うでしょう。

 

しかし絶対に反キリストに従ってはなりません。その先には永遠の地獄しかないのです。

 

全てを創ったのが創造主です。それに反逆したのが全ての悪であり反キリストです

 

最終的に選ぶのは皆さんの意思です。

 

反キリストに従うと一時的にはこの世的には良いでしょう

 

しかしそれは神への反逆とみなされ必ず永遠の地獄に落とされます。

 

この全てを創造された真実の神を最期まで信じることが大艱難時代の生き方です。

 

そして大艱難時代でどんなに迫害にあっても創造主と御子であるイエスキリストを信じてください。

 

そうすれば天国に行くことができ、そしてまた携挙されたクリスチャン、 過去に創造主とイエスキリストを信じて亡くなった方々と再び天国で過ごすことができます。

 

どうかこの希望を持って大艱難時代を強い信仰を持って過ごしてください。

 

たとえ命を奪われても最後の瞬間まで創造主とイエスキリストを信じてください。

 

 

 

艱難時代は7年間ありますが

前半の3年半と後半の3年半に分かれます。

 

前半は反キリストは暴君な風ではなく世の中に現れます。

 

一見、良き世界の穏やかなリーダーとして世界をまとめるでしょう。

 

しかし後半の3年半で暴君と化し、自分の像を拝まないものを皆殺しにします。

 

自分の名の刻印を押すように人々に命じます。

 

その刻印の名前がないものは物を売ることも買うこともできなくなります。

 

そしてその反キリストの名前をゲマトリア数に換算すると666となります。

 

 

のブログを見た時に既に携挙が起こっているならば、イスラエルと反キリストの平和条約を結んでから、7年間の大艱難時代が始まります。

 

はじめは緩やかに始まりますが、次第に人類史上にない災難、戦争、飢饉、苦しみが襲い掛かります。ヨハネの黙示録にあるとおりです。

 

神の御子である、イエスキリストは全ての人の身代わりのために十字架にかかられ、墓に葬られ、三日後に復活されました。

 

それから約2000年間以上、世界中に「福音」が人びとに伝えられました。

 

その間に、創造主、イエスキリスト共に全ての人々が救われるように「忍耐」強く待たれました。全てできることはなさいました。

 

しかし、皆さんは悔い改めることなく「福音」を受け取りませんでした。

 

どうぞ皆さんは神の怒りを受け、そして大艱難時代に命尽きるまで、反キリストに従わずに、「真の悔い改め」を行えば、赦され、永遠の天国に行くことができます。

 

親はできれば子を叱りたくありません、できる限り、子自身が気づき、悔い改めることを待ちます。しかし我慢の限界があります。

 

神も同じように、いつまでも悔い改めない人々を怒らずに放っておくわけにはいかないのです。

 

注意は幾度となくされたと思います、悔い改める機会も幾度となくあったと思います、最後は懲らしめを受け、悔い改めをしっかりとし、反省し、神の元へ帰られるようにお祈り申し上げます。

www.youtube.com

 

 

 

 

ヨハネの黙示録 13章15

それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。 また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。 ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

 

 

 

して、この大艱難時代は永遠の天国に行くための最後のチャンスです!!!

 

非常に大変だと思います。命懸けの反キリストとの戦いです。

 

どうか福音を信じてください。創造主とイエスキリストを最後の最後まで信じてください。

 

年間で終りが来ます。

 

地上の3分の2の人が死にます。

 

どうか最後の瞬間まで福音を信じ、創造主とイエスキリストを信じ、最後まで信じた人は、復活し、永遠の天国に入ることができます。

 

 

ヨハネの黙示録 20

エスのあかしをし神の言を伝えたために首を切られた人々の霊がそこにおり、また、獣をもその像をも拝まず、その刻印を額や手に受けることをしなかった人々がいた。彼らは生きかえって、キリストと共に千年の間、支配した。

5(それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。

6この第一の復活にあずかる者は、さいわいな者であり、また聖なる者である。この人たちに対しては、第二の死はなんの力もない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年の間、支配する。

彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。

11また見ていると、大きな白い御座があり、そこにいますかたがあった。天も地も御顔の前から逃げ去って、あとかたもなくなった。

12また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。

13海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。

14それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。

15このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

 

 

 

ヨハネの黙示録21章

「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。

7勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。

8しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である」。

 

27しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、その中に決してはいれない。はいれる者は、小羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。

 

 

f:id:yotutaka:20170522093005j:plain

 

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

 

hukuinn.hatenablog.com

www.youtube.com

再臨と終末預言 - 牧師の書斎