世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

神の基準 人の基準 God's standard  Human standard

f:id:yotutaka:20170522092916j:plain

 

の罪に対する基準とは、まず最初に神から離れていること、それが背いていることであり、罪であると聖書では語られます。

つまり、神の存在を完全に信じていない、神と共に人生を歩んでいないことが罪であると聖書の神は語られているのです。

 

一方、人間が罪と言われると思い起こすのは

例えば、殺人を犯す、人の物を盗む、などの法律を破るイメージではないでしょうか?

 

もちろんそれは大きな罪ですが、

 

ローマの信徒への手紙1章29

すなわち、彼らは、あらゆる不義と悪と貪欲と悪意とにあふれ、ねたみと殺意と争いと詐欺と悪念とに満ち、また、ざん言する者、 そしる者、神を憎む者、不遜な者、高慢な者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者となり、 無知、不誠実、無情、無慈悲な者となっている。 彼らは、こうした事を行う者どもが死に価するという神の定めをよく知りながら、自らそれを行うばかりではなく、それを行う者どもを是認さえしている。

 

 

以上のように、例えばねたみを抱いても、不誠実であっても、親に逆らうこと

 

このようなことでも「死」に値すると書かれています。

 

今までに一度もこのようなことをしたことがないという人はいるのでしょうか?

 

 

ローマ信徒への手紙3章10

「義人はいない、ひとりもいない。 悟りのある人はいない、神を求める人はいない。 すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、ひとりもいない。 彼らののどは、開いた墓であり、彼らは、その舌で人を欺き、彼らのくちびるには、まむしの毒があり、 彼らの口は、のろいと苦い言葉とで満ちている。 彼らの足は、血を流すのに速く、 彼らの道には、破壊と悲惨とがある。 そして、彼らは平和の道を知らない。 彼らの目の前には、神に対する恐れがない」。

 

以上のように全ての人は神の基準に達する人は一人もいないと聖書は語っています。

 

 

 そこで神は人々を、神の恵みにより、

神であり、神の御子である、イエスキリストがすべての人の罪の身代わりとなり、全ての人の罪を精算しました。

 

このイエスキリストを信じる全ての人が神から赦され、義とされました。

 

 

 

 ローマ人への手紙 3章19

すべて律法の言うところは、律法のもとにある者たちに対して語られている。それは、すべての口がふさがれ、全世界が神のさばきに服するためである。 なぜなら、律法を行うことによっては、すべての人間は神の前に義とせられないからである。律法によっては、罪の自覚が生じるのみである。 しかし今や、神の義が、律法とは別に、しかも律法と預言者とによってあかしされて、現された。 それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。 すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、 彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。 神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、 それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである。 すると、どこにわたしたちの誇があるのか。全くない。なんの法則によってか。行いの法則によってか。そうではなく、信仰の法則によってである。 わたしたちは、こう思う。人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるのである。 それとも、神はユダヤ人だけの神であろうか。また、異邦人の神であるのではないか。確かに、異邦人の神でもある。 まことに、神は唯一であって、割礼のある者を信仰によって義とし、また、無割礼の者をも信仰のゆえに義とされるのである。 すると、信仰のゆえに、わたしたちは律法を無効にするのであるか。断じてそうではない。かえって、それによって律法を確立するのである。

 

 

福音とは、

人が創造主である神から背いていることを認め、神に謝罪し、再び神の元に立ち返ること

 

 また神であり、人としてこの世にこられたイエスキリストが、私たち全ての人の罪を、身代わりとして背負って下さり、十字架に架けられたこと。

そしてその、

イエス・キリストが私たちの罪のために死なれたこと。

②墓に葬られたこと。

③3日目に復活し、多くの人の前にあらわれたこと。

 

以上のように

神がイエス・キリストを死者の中から復活させられたことを信じイエス・キリストが私たちの主であると言い表すなら、神から義(良しと)とされ、救われます。

 

そして神とともに天国で過ごすことのできる永遠の命が与えられます。

 

以上のことを信じると、

神と共に永遠に天国で過ごすことができる。

 

これが福音です。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

hukuinn.hatenablog.com

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.comhttp://hukuinn.hatenablog.com/entry/2017/04/14/122318

www.youtube.com

 

www.youtube.com

聖書

  • Life.Church
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

play.google.com

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

http://divineus.org/images/Daniel_s_70_Weeks-_June_10,_2017._jp.pdf