世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

悪とは

私は、宗教に勧誘しているわけではありません。

 

聖書の真実を知って欲しいのです。

 

聖書の内容を知って欲しいのです。

 

聖書をそのまま読むならば、聖書の創造主と神の御子であるイエスキリスト、創造主、ご自身のご性質である聖霊が「福音」を得た人々に内住され、

福音を得、聖霊が内住した真のクリスチャンが創造主である神、そして神の御子であるイエスキリストと直接つながります。

 

このことを知ってほしいのです。

 

そして皆様が福音を得て聖霊が内住し、聖書を読み、調べるならば、全ての真実がわかります。

 

ですので、聖書を読むことは宗教ではありません。

 

私たち人間を創造した神の教えを聖書で学ぶことです。

 

いま現実に、怪しい宗教はたくさんあります。

 

皆さんも良くご存知だと思います。

 

 

私が望むのは、

神とイエスキリストを信じ、福音を得て、聖書を皆様で読んでいただくだけです。

 

それだけです。

 

神の名を語り、人を惑わし、教祖が崇められる、

教団が大きくなること、教団の上層部だけが豊かになること、

政治や権力、メディアなどと癒着し宗教の名のもとに、政治力をも使って力を強める集団。

 

洗脳、出家、隔離し全ての富を教団に捧げないと幸せになれないと嘘、偽りによって人々を縛り付ける。

 

このような人を惑わすところは私が最も忌み嫌うものです。

 

皆さんもこのような集団、宗教をたくさんテレビや身近に目にしてきたので、「宗教」と聞くと拒絶反応してしまうのではないでしょうか?

 

「聖書」「キリスト教」と聞けば、

「〇ホバの証人(現も〇みの塔)」や「モ〇モン教(現末日聖徒〇エスキリスト教会)」、統〇教会(現世界〇和統一家庭連合)など悪いイメージがあるかと思います。

 

これらは、いわゆるカルトです。

 

このようなカルト教団は聖書の内容を捻じ曲げていますので、教団を信じても神から救われません。

 

教団や教祖にお金と時間を吸い上げられた末に、「聖書」が語る創造主、イエスキリストに救われることがありません。

 

聖書を読んで理解すれば、本当の創造主、イエスキリスト、聖霊につながります。そして救われます。

 

聖書をしっかりと読み、理解することが大事なのです。

 

そうすれば「世の中の欺き」に対抗できます。

 

変な宗教に引っかかることもありません。

 

そして将来どうなるかも聖書には書かれています。

 

聖書には、創造主の言葉が書かれています。

 

 

以下これは、はっきりと創造主が語っている言葉です!

 

イザヤ書46章9(紀元前700年 約2700年前)

 

遠い大昔の事を思い出せ。わたしが神である。

ほかにはいない。わたしのような神はいない。

わたしは、終わりの事を初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、『わたしのはかりごとは成就し、わたしの望む事をすべて成し遂げる。』と言う。

 

 

 

 

皆さん聖書と聞くとどんなイメージですか?

 

私は全くイメージがありませんでした。

 

エスキリストのこと、なんとなく道徳的に良いこと、などが書かれていると思っていました。

 

しかし、実際に読んで見て、調べてみると想像を絶することが書いてあります。

 

 

創世記第1章
はじめに神は天と地とを創造された。
 
こう書かれています。
 
どう感じますか? 
 
3500年前に作られた聖書のはじめにこう書かれています。
はじめに神が天と地を創造されたと書かれています。
 
 
神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。
 
そして第一の人も神が創造されました。
 

そしてその第一の人であるアダムとエバが蛇(悪魔)の誘惑に負け、神からエデンの園から追放されたと書かれています。

 

創世記3

主なる神はへびに言われた、「おまえは、この事を、したので、すべての家畜、野のすべての獣のうち、最ものろわれる。おまえは腹で、這いあるき、一生、ちりを食べるであろう。 わたしは恨みをおく、おまえと女とのあいだに、おまえのすえと女のすえとの間に。彼はおまえのかしらを砕き、おまえは彼のかかとを砕くであろう」。 つぎに女に言われた、「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう」。 更に人に言われた、「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ、あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。 地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、あなたは野の草を食べるであろう。 あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る」。

 

皆さんは初めてこれを聞いて何のことかピンとこないと思います。

 

「わたしは恨みをおく、おまえと女とのあいだに、おまえのすえと女のすえとの間に。彼はおまえのかしらを砕き、おまえは彼のかかとを砕くであろう」

 

特に上記は「原福音」と呼ばれ

「彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」とは、イエス・キリストが悪魔(サタン)の化身である「蛇」の頭を砕きますが、同時にイエス・キリストもかかとにかみつかれるのです。これはキリストの十字架の受難です。

 

この蛇の頭を砕くとは致命傷であり、将来起こるキリスト再臨により、反キリストが滅ぼされ、イエスキリストが治める千年王国へとつながります。

 

信じがたいとは思いますが、何千年も前に初めての人アダムが悪魔に誘惑され、その時に、全ての人を救うためにイエスキリストが十字架に架かること、そして将来起こるイエスキリストの再臨によって反キリスト(悪魔)を滅ぼすことが、創造主により宣言されました。

 

つまりイエスキリストの十字架は歴史的事実ですから、将来のイエスキリストの再臨も現実として起こります。

堕罪と原福音の預言 - 牧師の書斎

 

 

この世の中はなぜ神がいるなら、こんな世界なんだろう!

 

なぜ戦争は無くならないのだろう!

 

なぜ犯罪がなくならないのだろう!

 

なぜ貧富の差や病気で貧困で亡くなる人が居るのだろう!

 

ああ、なんて神様は不公平なんだー!と思ったことはないですか?

 

わたしも以前はそう思っていました。

 

しかし聖書に書かれているように神が全てを創造した

しかし人が悪魔の誘惑に負けて善悪の知識の木の実を食べてしまった。

 

つまり神中心から、人が自分自身を中心に生きるようになって、人と悪魔である蛇と共にエデンの園から追放されている状態が今現在の状況です。

 

 

聖書に書かれているとおり、神がいるなら、悪魔もいる

 

 

そして、この世は悪魔が中心の世界です。

 

聖書には悪魔がそそのかした、と書かれています。

 

そこから聖書が語る救済のための「福音」を得た人を救い

 

最終的にはこの悪魔が支配した世界を神の御子であるイエスキリストが再臨し、全ての悪を滅ぼすとはっきりと何度も書かれています。

 

 

 

 

下は聖書に何箇所にも「悪魔」について書かれています。

ヨハネの黙示録 20:1

またわたしが見ていると、ひとりの御使が、底知れぬ所のかぎと大きな鎖とを手に持って、天から降りてきた。彼は、悪魔でありサタンである、すなわち、かの年を経たへびを捕えて千年の間つなぎおき、 して、底知れぬ所に投げ込み、入口を閉じてその上に封印し、千年の期間が終るまで、諸国民を惑わすことがないようにしておいた。その後、しばらくの間だけ解放されることになっていた。 また見ていると、かず多くの座があり、その上に人々がすわっていた。そして、彼らにさばきの権が与えられていた。また、イエスのあかしをし神の言を伝えたために首を切られた人々の霊がそこにおり、また、獣をもその像をも拝まず、その刻印を額や手に受けることをしなかった人々がいた。彼らは生きかえって、キリストと共に千年の間、支配した。 (それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。 この第一の復活にあずかる者は、さいわいな者であり、また聖なる者である。この人たちに対しては、第二の死はなんの力もない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年の間、支配する。 千年の期間が終ると、サタンはその獄から解放される。 そして、出て行き、地の四方にいる諸国民、すなわちゴグ、マゴグを惑わし、彼らを戦いのために召集する。その数は、海の砂のように多い。 彼らは地上の広い所に上ってきて、聖徒たちの陣営と愛されていた都とを包囲した。すると、天から火が下ってきて、彼らを焼き尽した。 そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。 また見ていると、大きな白い御座があり、そこにいますかたがあった。天も地も御顔の前から逃げ去って、あとかたもなくなった。 また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。 海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。 それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。 このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

 

 

ヨハネの第一の手紙 3:8

罪を犯す者は、悪魔から出た者である。悪魔は初めから罪を犯しているからである。神の子が現れたのは、悪魔のわざを滅ぼしてしまうためである。 すべて神から生れた者は、罪を犯さない。神の種が、その人のうちにとどまっているからである。また、その人は、神から生れた者であるから、罪を犯すことができない。

 

 

 

エペソ人への手紙 6

後に言う。主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。悪魔の策に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。 わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。 それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。 すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、 平和の福音の備えを足にはき、 その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。 また、救のかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち、神の言を取りなさい。 絶えず祈と願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。

 

 

 

ペテロの第一の手紙 5

そこで、あなたがたのうちの長老たちに勧める。わたしも、長老のひとりで、キリストの苦難についての証人であり、また、やがて現れようとする栄光にあずかる者である。 あなたがたにゆだねられている神の羊の群れを牧しなさい。しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためではなく、本心から、それをしなさい。 また、ゆだねられた者たちの上に権力をふるうことをしないで、むしろ、群れの模範となるべきである。 そうすれば、大牧者が現れる時には、しぼむことのない栄光の冠を受けるであろう。 同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。また、みな互に謙遜を身につけなさい。神は高ぶる者をしりぞけ、へりくだる者に恵みを賜うからである。 だから、あなたがたは、神の力強い御手の下に、自らを低くしなさい。時が来れば神はあなたがたを高くして下さるであろう。 神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。 この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい。あなたがたのよく知っているとおり、全世界にいるあなたがたの兄弟たちも、同じような苦しみの数々に会っているのである。 あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神は、しばらくの苦しみの後、あなたがたをいやし、強め、力づけ、不動のものとして下さるであろう。 どうか、力が世々限りなく、神にあるように、アァメン。

 

 

エペソ人への手紙 4

さて、主にある囚人であるわたしは、あなたがたに勧める。あなたがたが召されたその召しにふさわしく歩き、 できる限り謙虚で、かつ柔和であり、寛容を示し、愛をもって互に忍びあい、 平和のきずなで結ばれて、聖霊による一致を守り続けるように努めなさい。 からだは一つ、御霊も一つである。あなたがたが召されたのは、一つの望みを目ざして召されたのと同様である。 主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つ。 すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのものの内にいます、すべてのものの父なる神は一つである。 しかし、キリストから賜わる賜物のはかりに従って、わたしたちひとりびとりに、恵みが与えられている。 そこで、こう言われている、「彼は高いところに上った時、とりこを捕えて引き行き、人々に賜物を分け与えた」。 さて「上った」と言う以上、また地下の低い底にも降りてこられたわけではないか。 降りてこられた者自身は、同時に、あらゆるものに満ちるために、もろもろの天の上にまで上られたかたなのである。 そして彼は、ある人を使徒とし、ある人を預言者とし、ある人を伝道者とし、ある人を牧師、教師として、お立てになった。 それは、聖徒たちをととのえて奉仕のわざをさせ、キリストのからだを建てさせ、 わたしたちすべての者が、神の子を信じる信仰の一致と彼を知る知識の一致とに到達し、全き人となり、ついに、キリストの満ちみちた徳の高さにまで至るためである。 こうして、わたしたちはもはや子供ではないので、だまし惑わす策略により、人々の悪巧みによって起る様々な教の風に吹きまわされたり、もてあそばれたりすることがなく、 愛にあって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達するのである。 また、キリストを基として、全身はすべての節々の助けにより、しっかりと組み合わされ結び合わされ、それぞれの部分は分に応じて働き、からだを成長させ、愛のうちに育てられていくのである。 そこで、わたしは主にあっておごそかに勧める。あなたがたは今後、異邦人がむなしい心で歩いているように歩いてはならない。 彼らの知力は暗くなり、その内なる無知と心の硬化とにより、神のいのちから遠く離れ、 自ら無感覚になって、ほしいままにあらゆる不潔な行いをして、放縦に身をゆだねている。 しかしあなたがたは、そのようにキリストに学んだのではなかった。 あなたがたはたしかに彼に聞き、彼にあって教えられて、イエスにある真理をそのまま学んだはずである。 すなわち、あなたがたは、以前の生活に属する、情欲に迷って滅び行く古き人を脱ぎ捨て、 心の深みまで新たにされて、 真の義と聖とをそなえた神にかたどって造られた新しき人を着るべきである。 こういうわけだから、あなたがたは偽りを捨てて、おのおの隣り人に対して、真実を語りなさい。わたしたちは、お互に肢体なのであるから。 怒ることがあっても、罪を犯してはならない。憤ったままで、日が暮れるようであってはならない。 また、悪魔に機会を与えてはいけない。 盗んだ者は、今後、盗んではならない。むしろ、貧しい人々に分け与えるようになるために、自分の手で正当な働きをしなさい。 悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。必要があれば、人の徳を高めるのに役立つような言葉を語って、聞いている者の益になるようにしなさい。 神の聖霊を悲しませてはいけない。あなたがたは、あがないの日のために、聖霊の証印を受けたのである。 すべての無慈悲、憤り、怒り、騒ぎ、そしり、また、いっさいの悪意を捨て去りなさい。 互に情深く、あわれみ深い者となり、神がキリストにあってあなたがたをゆるして下さったように、あなたがたも互にゆるし合いなさい。

 

 

 

ヨハネの黙示録 12:7

さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、と戦ったのである。もその使たちも応戦したが、 勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。 この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。 その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。 兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。 それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」。

 

 

 

 

 

今、人間には神は見えません、そして悪魔も見えません。

 

ただ確かに存在します。

 

なぜなら、悪に誘惑されるまでは、人は悪を行えなかったからです。

 

悪に誘惑されたとおりに、神からの唯一の約束、善悪の知識の実を食べました。

 

つまり、罪を犯しました。

 

それにより、目に見えない悪魔の誘惑により人は次々と、世代に渡って、悪を行うようになりました。

 

 

皆さんも心あたりはありませんか?

 

 

私にはあります。数々の罪をおかしたことが、やってはいけないと神から与えられた「良心」が叫んでも、ついつい「悪」を行ってしまう。

 

悪にも大きな悪から小さな悪までありますが、悪に従うならばそれは悪魔に従っていることになるのです。

 

 

その過去、現在におかした悪から罪から、全てを赦し、神の元へ引き戻していただく方法が「福音」を得ることです。

 

私たち全ての人は元をたどれば、アダムとエバの子孫です。

 

アダムとエバから広がった様々な人、民族の血、遺伝子が入り混じり、現在の私たちになっています。

 

私たちの血や体には、代々受けついだ先祖の悪い習慣、遺伝的要素も引き継がれています。

 

もちろんアダムとエバがまずはじめに、神から背いた、原罪の遺伝的要素も引き継いでいるため、生まれながらにして、本来の神を知ることなく、自分の善悪の基準で生き、いつの間にか、本来の創造主ではなく、偽りの神を日本人の私たちは知らず知らず、拝んでしまってるのです。

 

 

聖書を今すぐにでも、読んだ方がいい

なぜならもうすぐ聖書で書かれている

終わりの日、裁きの日、7年間の大艱難時代が始まる可能性がどんどん強まっているからです。

 

皆様が一日も早く、素直な心で創造主の元に再び帰る決心をし、福音を受け取られることを心からお祈り申し上げます。

 

 

 

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

f:id:yotutaka:20170522093012p:plain