世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

携挙が近いと感じたらどう生きれば良いのか?

 

f:id:yotutaka:20171118181957j:plain

 

 

近のニュースを見ているとイザヤ書17章、エゼキエル38章の成就が近づいているように感じます。

parstoday.com

 

携挙はクリスチャンの慰め、希望です。

hukuinn.hatenablog.com

 

携挙がいつ起こるかは誰にもわかりません。

 

御子イエスキリストでさえ知らないと聖書にあります。

 

創造主(御父)のみ携挙の時をご存知であるとあります。

 

 

携挙の意味を深く知るということは大事なことだと思います。

 

携挙を待ち望むことも必要だと思います。

 

しかし、もう携挙が起こるから、全てを投げ打って、人生の働きを放棄することは、神が望まれることではありません。

 

 

挙が近いと感じるならどう生きれば良いのでしょうか?

 

携挙のあとに残された人々は、どうなるのかは聖書の黙示録を読めばわかります。

 

7年間の大艱難時代です。

 

良いことなど何一つありません。

 

人類史上最大の大艱難の中、命懸けで神を信じる信仰を試されます。

 

日本の今のような穏やかな生活は一変するでしょう。

 

 

獣の刻印を受け入れ、反キリストに従ったならば、永遠の地獄がその人には決定してしまいます。

 

 

 

たちクリスチャンには希望があります。

 

携挙される希望

 

7年間の婚姻において 天でイエスキリストと真のクリスチャンとが集う希望。

 

エスキリストを王とした千年王国への希望

 

最後に永遠の天国、永遠の命への希望です。

 

 

 

私は福音を伝えることに大変な勇気がいります。

 

福音を伝える勇気、力を聖霊において満たして下さいと日々祈ります。

 

自分の力で福音を伝えきることはできません。

 

まだ福音を伝えることに慣れていません。

 

 

しかし、今、福音を救われて欲しいと思う人達に伝えておかなければ後悔します。

 

福音を伝えなければ、携挙後、残された人たちはなぜ悲惨な現実になるのかがわかりません。

 

私は今、福音をしっかりと伝えた後に、携挙についても伝えています。

 

聖書に携挙についての書かれていることを聖句と共にお伝えします。携挙されるために救われろ!というのではなく、神様の計画の一つとして、神の奥義として携挙があることを伝え、イエスキリストを信じ、聖書を読み続けたならば、携挙を信じることができることを伝えます。

 

それは私やクリスチャンである皆さんが、携挙されることが聖書が真実であることの証明となるからです。

 

そして、私が携挙され、伝えていた通り、クリスチャンが一瞬にしていなくなれば、携挙の意味を伝え聞いていた人たちは、その時、はじめて現実に神が存在し、聖書は事実であることを認め、信じるでしょう。

 

大艱難時代に神を信じぬくことが天国に行くことに繋がると理解するでしょう。

 

そうすれば、地上再臨まで耐え忍ぶことが望みとなります。

 

 

 

 

ですので従来通り、クリスチャンとしての生活を過ごし、世の人々のとりなしの祈りを神に祈り、福音を伝える、そして今、携挙の意味を伝えることが必要ではないでしょうか?

 

携挙の意味を知る日本人は99%以上いません!!!

 

携挙はいつ起こるかわかりません。

 

しかし、エゼキエル38章の預言の成就は大艱難時代突入間近であると思います。

 

そして今現実に、シリア情勢はロシア、イラン、トルコが同盟を組み、今後、シリアのダマスカスが荒塚となり、そしてロシアを中心とした軍勢がイスラエルに攻め込むことはいつでも起こりうる状況です。

 

www.youtube.com

 

 

 

今、福音と携挙を伝え聞いて信じた方は救われ携挙されます。

 

今、福音を伝え聞いて信じなかった方も、私や皆さんが携挙されることによって、神とイエスキリストを信じて、艱難時代の聖徒(大艱難時代の信者)になる可能性があります。

 

 

しっかりと目を覚まし、福音を伝えきろうと思います。

 

 

皆さんも共に福音を伝えていきましょう\(^o^)/

 

 

 

テサロニケ人への第一の手紙 4

16すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、 17それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。 18だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。

 

 

ヘブル人への手紙 9

しかし事実、ご自身をいけにえとしてささげて罪を取り除くために、世の終りに、一度だけ現れたのである。 27そして、一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっているように、 28キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、を与えられるのである。

 

ヘブル人への手紙 12

 1こういうわけで、わたしたちは、このような多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てて、わたしたちの参加すべき競走を、耐え忍んで走りぬこうではないか2信仰の導き手であり、またその完成者であるエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである。 3あなたがたは、弱り果てて意気そそうしないために、罪人らのこのような反抗を耐え忍んだかたのことを、思いみるべきである。 4あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。 5また子たちに対するように、あなたがたに語られたこの勧めの言葉を忘れている、「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。主に責められるとき、弱り果ててはならない。 6主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」。 7あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである

 

seishonyumon.com

seishonyumon.com

 

seishonyumon.com

seishonyumon.com

 

 

osusowake.hatenablog.com

www.youtube.com