世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

愛がなければ・・・ Without love

コリント人への第一の手紙 13章

1たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、かましいドラ騒がしいシンバルと同じである。 2たといまた、わたしに預言をする力がありあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい3たといまた、わたしが自分の全財産人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もしがなければ、いっさいは無益である。 4寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない誇らない5不作法をしない自分の利益を求めないいらだたない、恨みをいだかない。 6不義を喜ばないで真理を喜ぶ7そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える8愛はいつまでも絶えることがない。しかし、預言はすたれ、異言はやみ、知識はすたれるであろう。 9なぜなら、わたしたちの知るところは一部分であり、預言するところも一部分にすぎない。 10全きものが来る時には、部分的なものはすたれる。 11わたしたちが幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、また、幼な子らしく考えていた。しかし、おとなとなった今は、幼な子らしいことを捨ててしまった12わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。 13このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である

 

 

 

 

 

ヨハネ福音書14章13

13わたし(イエス)の名によって願うことは、なんでもかなえてあげよう。父(創造主)が子(イエス)によって栄光をお受けになるためである。 14何事でもわたし(イエス)の名によって願うならば、わたしはそれをかなえてあげよう15もしあなたがたがわたしを愛するならば、わたしのいましめを守るべきである。 16わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父(創造主)は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。 17それは真理の御霊(聖霊である。この世はそれ(聖霊)を見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それ(聖霊あなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいる(聖霊の内住)からである。 18わたしはあなたがたを捨てて孤児とはしない。あなたがたのところに帰って来る。 19もうしばらくしたら、世はもはやわたしを見なくなるだろう。しかし、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きるので、あなたがたも生きるからである。 20その日には、わたしはわたしの父におり、あなたがたはわたしにおり、また、わたしがあなたがたにおることが、わかるであろう。 21わたしのいましめを心にいだいてこれを守る者は、わたしを愛する者である。わたしを愛する者は、わたしの父に愛されるであろう。わたしもその人を愛し、その人にわたし自身をあらわすであろう」

 

 

 

ヨハネ福音書14章23節

エスは彼に答えて言われた、「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。そして、わたしの父(創造主)はその人を愛し、また、わたしたち(創造主、御子イエス聖霊)はその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう

 

24わたし(イエス)を愛さない者はわたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉は、わたしの言葉ではなく、わたしをつかわされた父の言葉である25これらのことは、あなたがたと一緒にいた時、すでに語ったことである。 26しかし、助け主、すなわち、父(創造主)わたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう27わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな28『わたしは去って行くが、またあなたがたのところに帰って来る』と、わたしが言ったのを、あなたがたは聞いている。もしわたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くのを喜んでくれるであろう。父がわたしより大きいかたであるからである。 29今わたしは、そのことが起らない先にあなたがたに語った。それは、事が起った時にあなたがたが信じるためである。 30わたしはもはや、あなたがたに、多くを語るまい。この世の君(反キリスト)が来るからである。だが、彼(反キリスト)はわたし(イエス)に対して、なんの力もない31しかし、わたしが父を愛していることを世が知るように、わたしは父がお命じになったとおりのことを行うのである。立て。さあ、ここから出かけて行こう。

 

 

父(創造主)は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。 17それは真理の御霊(聖霊である。この世はそれ(聖霊)を見ようともせず、知ろうともしないので、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それ(聖霊あなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいる(聖霊の内住)からである。

 

 

 

上記にあるとおり

福音を得ると聖霊が皆様の内に住まわれます。

 

皆さんが福音を得たいという意思を持ったならば、「イエスキリストが私の神です」と言い表すことができます。この言い表すことができるということが聖霊の働きです。

 

 

つまり、心からイエスキリストが神であると認識できるのは、神である聖霊の働きです。

 

 

 

「それは真理の御霊(聖霊である」

 

聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え」とあります。

 

ですので皆さんが福音を得たならば、聖霊の働きにより、この世の真理がわかります。

 

聖霊があなた方にすべてのことを教えとあるとおり、すべてのことが分かっていきます。

 

 

しかし、聖霊は皆さんの耳元でささやくというような存在ではありません。

 

何によって真理がわかるのか、何によってすべてのことを教えるのか

 

それが聖書です。

 

聖書に書かれる文字、つまり御言葉です。

 

 

 

ヨハネ福音書1章1節

1初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。 2この言は初めに神と共にあった3すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。 4この言に命があった。そしてこの命は人の光であった5光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。

 

 

聖書の言(ことば)自体が神なのです。聖書は神のことばです。

 

神の言葉である聖書を読むことで、福音を得た方だけに内住する聖霊によって聖書のことばを理解させ、真理が理解できるのです。

 

 

ヨハネの第一の手紙4章

1愛する者たちよ。すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。多くのにせ預言者が世に出てきているからである。 2あなたがたは、こうして神の霊を知るのである。すなわち、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白する霊は、すべて神から出ているものであり、 3エスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない。これは、反キリストの霊である。あなたがたは、それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきている。 4子たちよ。あなたがたは神から出た者であって、彼らにうち勝ったのである。あなたがたのうちにいますの(聖霊)は、世にある者よりも大いなる者なのである。 5彼らは世から出たものである。だから、彼らは世のことを語り、世も彼らの言うことを聞くのである。 6しかし、わたしたちはから出たものである。神を知っている者は、わたしたちの言うことを聞き、神から出ない者は、わたしたちの言うことを聞かない。これによって、わたしたちは、真理の霊と迷いの霊との区別を知るのである。 7愛する者たちよ。わたしたちは互に愛し合おうではないか。愛は、神から出たものなのである。すべて愛する者は、神から生れた者であって、神を知っている。 8愛さない者は、神を知らない。神は愛である。 9神はそのひとり子(イエス)を世につかわし、彼によってわたしたちを生きるようにして下さった。それによって、わたしたちに対する神の愛が明らかにされたのである。 10わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子(イエス)をおつかわしになった。ここに愛がある。 11愛する者たちよ。神がこのようにわたしたちを愛して下さったのであるから、わたしたちも互に愛し合うべきである。 12神を見た者は、まだひとりもいない。もしわたしたちが互に愛し合うなら、神はわたしたちのうちにいまし、神の愛がわたしたちのうちに全うされるのである。

13神が御霊(聖霊)をわたしたちに賜わったことによって、わたしたちが神におり、神がわたしたちにいますことを知る。

14わたしたちは、父が御子を世の救主としておつかわしになったのを見て、そのあかしをするのである。 15もし人が、イエスを神の子と告白すれば、神はその人のうちにいまし、その人は神のうちにいるのである。 16わたしたちは、神がわたしたちに対して持っておられる愛を知り、かつ信じている。

神は愛である。

愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。 17わたしたちもこの世にあって彼(イエス)のように生きているので、さばきの日に確信を持って立つことができる。そのことによって、愛がわたしたちに全うされているのである。 18愛には恐れがない。完全な愛は恐れをとり除く。恐れには懲らしめが伴い、かつ恐れる者には、愛が全うされていないからである。 19わたしたちが愛し合うのは、神がまずわたしたちを愛して下さったからである。 20「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者は、偽り者である。現に見ている兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することはできない。 21神を愛する者は、兄弟をも愛すべきである。この戒めを、わたしたちは神から授かっている。

 

 

 

 

「神 愛 画像」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

エスキリストが神であるということが理解したならば、それは神によって理解できたのです。

 

聖霊が皆様の元に住まわれました。

 

「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。そして、わたしの父(創造主)はその人を愛し、また、わたしたち(創造主、御子イエス聖霊)はその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう。」

 

とあるとおりに皆様の内に、父(創造主)、御子(イエス)、聖霊、この三位一体の神が皆様と一緒に住んでくださいます。

 

ですので、福音を得たならば、聖書を読んでください。

 

それによって真理が理解できます。

 

そして聖書の理解が進まない時は、本当の神に従っている牧師の解説を参考にしてください。

牧師の書斎

 

このブログや、その他のブログだけを読んでいても真理はわかりません。

 

今こそ、神が全人類に与えた聖書を読んでください。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

無料聖書アプリ

https://www.bible.com/ja/app

 

 

三位一体の神

福音を受け取るためには

聖書では、この世界の全てのもの、宇宙や、自然や植物、動物、そして人間、ありとあらゆるものは神である創造主が創造されたと書かれています。

この全てのものを創造したのが創造主であることを認識しないで人間が生き続けることを「的外れ」つまり「罪」であると書かれています。

そして人には神が皆さん一人、一人に備えた「良心」に反することも罪だと書かれています。

今までに創造主を認識し、一度も良心に反したことがないという方はいらっしゃるでしょうか?(この世に罪をおかしたことがない人は一人もいないと聖書に書かれています。)

私には、その罪があると認めることが救われる第一歩です。

 

そして聖書にあるとおり

エスキリストが、わたしたちの罪のために死んだこと、そして墓に葬られたこと

三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

つまり、創造主である神がイエスキリストを復活させたことを心から信じ、

エスキリストが私の主であると口で告白すると救われます。

 

 

 

洗礼をしたから救われるのではなく、善行を積み重ねることで罪が赦され救われるのでもなく

(福音を得てイエスキリストに従順を示すために洗礼を行います。イエスキリストの十字架の死によって、皆さんの罪が赦されます。)

 

 

 

三位一体の神創造主、御子イエスキリスト、聖霊)に対して心で信じ、口で告白することで、誰でも、いつでも、どこでも、ひとりでも、一円も払わずに救われます。

 

 

 

エスキリストが神であると心から信じた方は以下のとおり言ってください。

 

 


「イエスキリストは私の神です!」

 

 

今、声に出して言い表された方は救われました。

 

聖霊の働きがないと、心から口で言い表すことはできません。

 

神と共に永遠の天国に住むことを約束されました。

 

 

おめでとうございます!!!

 

 

(心を静めて、静かな部屋で、三位一体の神様がいると思って「イエスキリストは私の神です。」と口に出して言い表してください。 心から言い表すことができるのは神様の力が働いているからです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コリント人への手紙第一 15章2節

この福音によって救われるのである。

わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、

そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたことである。

 

 

ローマ人への手紙10章9節

すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

 

 

 

ローマ人への手紙10章13節

「主(イエス)の御名を呼び求める者は、すべて救われる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも救われるとはどういうことか?

http://seishonyumon.com/question/428/

 

 

 

 

 三分で分かる聖書入門 全リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQ19z6ZsfJHyF4rAvDewELJHdSeUmMreS

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

 

JD Farag牧師中東アップデート 2016年12月18日公開

預言成就が緊迫していると思ええる5つの理由

http://divineus.org/images/2016.12.18_Pastor_JD_.pdf

 

 

御国を受け継ぐ - 牧師の書斎

父なる神の祝福の計画 - 牧師の書斎

 

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp


 

正確な聖書の学びをご希望の方は以下を参照して下さい。

 

 

牧師の書斎

http://meigata-bokushin.secret.jp/

 

「神の奥義」と「神のあわれみ」

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%80%8C%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%A5%A5%E7%BE%A9%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E7%A5%9E%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%BF%E3%80%8D

 

キリストの空中再臨と教会の携挙

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%A8%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%90%BA%E6%8C%99

 

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その二)

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%A8%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%90%BA%E6%8C%99%20%28%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BA%8C%29

 

空中再臨についての教え

http://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88

 

キリストの地上再臨前の大患難

http://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E5%86%8D%E8%87%A8%E5%89%8D%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%82%A3%E9%9B%A3

 

千年王国(メシア的王国)の必然性

http://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E5%8D%83%E5%B9%B4%E7%8E%8B%E5%9B%BD%28%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%9A%84%E7%8E%8B%E5%9B%BD%29%E3%81%AE%E5%BF%85%E7%84%B6%E6%80%A7

 

再臨と終末預言

http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E5%86%8D%E8%87%A8%E3%81%A8%E7%B5%82%E6%9C%AB%E9%A0%90%E8%A8%80

 

 

 

 

 

ハーベストタイム・ミニストリー

http://www.harvesttime.tv/

聖書入門.COM 初心者の方にわかりやすいサイトです

http://seishonyumon.com/

動画

https://subsplash.com/messagestation/top-page

信仰基準

http://harvesttime.tv/about/four-creeds/what-we-believe/

理念

http://seishonyumon.com/about/creeds/

福音の三要素

http://seishonyumon.com/video/3634/

携挙・大艱難時代・そしてユダヤ人の運命PDF

http://www.harvesttime.tv/assets/PDF/Seminars/Fruchtenbaum-2014-PretribulationalEvents.pdf