世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

世界一簡単な福音の伝え方 How to convey the simplest gospel in the world

私は福音を人に伝えることは、あまり得意ではありません。

 

皆さんはいかがですか?

 

 

 

 

私は周囲のまだ救わていない人々が救われるように、日々祈ります。

 

福音を伝える機会が、神様から与えられるように祈ります。

 

そのような機会が与えられたら、会う日までに、福音をしっかりと伝えることができるように、その人が福音を受け取り、救われるように祈ります。

 

 

 

伝えきれない部分はこのブログの存在を伝えます。

 

あるいは、簡単に福音についての本を渡します。

 

自分で書いた福音を伝える書面を渡します。

 

聖書を渡す場合もあります。

 

 

 

 

 

そして、日々、救われるように祈ります。

 

クリスチャンとして、しっかりと信仰し続ける人生を歩みます。

 

 

 

 

また会う機会が与えられれば、

 

「西暦はイエス・キリスト降誕が基準になっているよ」

 

「クリスマスはイエス・キリストの降誕を祝う日ですよ」

 

「復活祭(イースター)はイエス・キリストがすべての人の罪のために十字架にかかり、実際に復活したことを祝っていますよ。復活がなければキリスト教はありえないものですよ」

 

「今のイスラエルイエス・キリストを救い主として受け入れずに、紀元後70年に崩壊し、そして約1900年ぶりに聖書に書かれているとおり再建されましたよ、そして再建されてちょうど70年ですよ」

 

イスラエルは今も旧約聖書だけを信じ、イエス・キリストを救い主として受け入れていません。アメリカはイエス・キリストを信じるキリスト教国で、このアメリカが現在イスラエルにとっての最大の友好国となっています。」

 

などなど、現実と聖書がつながっていることを伝えます。

 

 

 

私ができることは、福音を伝え、その人々のために祈り、できるだけ神様のことをわかりやすく伝え、救われていない人々を神様の近くまで連れて行くことしかできません。

 

 

 

あとは神様の御心のままに、神様に全てを委(ゆだ)ねます。

 

 

 

 

その人を最終的に救えるのは神様です。

 

罪を認め、神様に救われたいと思うのは、その人の意思です。

 

 

 

私は、それぞれのクリスチャンの聖書の理解、聖書に書かれる神の計画の理解が、今、非常に大切ではないかと思います。

 

携挙(けいきょ)・空中再臨

 

いつ、イエス・キリストが迎えに来てもいいように

 

いつ、地上からクリスチャンが取り去られてもいいように、準備し、危機感と使命感そして、主に迎えられる喜びを期待しながら福音を伝えていくことが大切ではないでしょうか

 

携挙が起これば福音を伝えることはできません。

 

だからこそ、今、伝えなければならないんだという気持ちが湧いてきます。

 

 

大切な周囲の人々に伝えておかなければ、携挙が起これば、その人々は大艱難時代を生きなければなりません。

 

 

携挙があること、大艱難時代にどうすれば天国に行くことが出来るのかを伝え、残しておかなければ、取り残された人々はどうして良いかわからず、永遠の地獄に行ってしまう可能性もあります。

 

 

 

それぞれのクリスチャンが携挙がいつ起こってもいいように準備し、

 

まだ救わていない人々のために祈り、福音を伝える機会が与えられるように祈り、

 

しっかり福音を伝え、

 

聖書に書かれる神の計画の全体像を説明し、神の計画において、本当に大艱難時代間近であることを伝え、

 

携挙後に、取り残された人々にはどうしたら天国に行くことが出来るのかを伝える、あるいは、資料を残しておくことが今、必要なことではないでしょうか?

 

 

 

「世界一簡単な福音の伝え方」は神様がご存知です。

 

 

それぞれのクリスチャンが神に、尋ね、求め、祈り、教えられ、全てを委ね、神の器として用いていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

使徒の働き18章9節

18:9 ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。

18:10 わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから。」と言われた。

18:11 そこでパウロは、一年半ここに腰を据えて、彼らの間で神のことばを教え続けた。

 

 

 

 

使徒の働き19章8節

それから、パウロは会堂にはいって、三か月の間大胆に語り、神の国について論じて、彼らを説得しようと努めた

 

 

 

マタイによる福音書18章18節

よく言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天でも皆つながれ、あなたがたが地上で解くことは、天でもみな解かれるであろう。 19また、よく言っておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。 20ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである

 

 

 

ローマ人への手紙10章13節

なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。 14しかし、信じたことのない者を、どうして呼び求めることがあろうか。聞いたことのない者を、どうして信じることがあろうか。宣べ伝える者がいなくては、どうして聞くことがあろうか。 15つかわされなくては、どうして宣べ伝えることがあろうか。「ああ、麗しいかな、良きおとずれを告げる者の足は」と書いてあるとおりである。

 

 

 

 

テサロニケ人への第一の手紙 4章13節

4:13 眠った人々のことについては、兄弟たち、あなたがたに知らないでいてもらいたくありません。あなたがたが他の望みのない人々のように悲しみに沈むことのないためです。

4:14 私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。

4:15 私たちは主のみことばのとおりに言いますが、主が再び来られるときまで生き残っている私たちが、死んでいる人々に優先するようなことは決してありません。

4:16 主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます(空中再臨)。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、

4:17 次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ(携挙)、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。

4:18 こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。

 

 

 

ピリピ人への手紙4章4節

4:4 いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。

4:5 あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。

4:6 何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

4:7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

 

 

 

 

 

 

f:id:yotutaka:20190204103512p:plain

聖書に啓示された神の計画

 

 

 

 

艱難前携挙について詳細に書かれています。

ameblo.jp

 

 

 

 

そもそも救われるとはどういうことか?

 

http://seishonyumon.com/question/428/

 

 

 

 

 

 

 

三分で分かる聖書入門 全リスト

 

www.youtube.com

 

 

seishonyumon.com 

 

 

 

 

biblegospel.org

 

www.youtube.com

 

 

 

聖書預言に非常に重要な鍵となるダニエル書の解説

www.youtube.com

聖書預言が示す人類歴史の最終ゴール ダニエル70週の預言を学ぶ

 

 

 

www.youtube.com

meigata-bokushin.secret.jp

 

 

 

 

 牧師の書斎

キリストの空中再臨と教会の携挙 - 牧師の書斎

 

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その二) - 牧師の書斎

 

再臨と終末預言 - 牧師の書斎

 

 

 

 

 

Pastor J.D. Farag 日本語

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

ビホールド・イスラエル 日本語訳

www.youtube.com

www.youtube.com

 

聖書

聖書

  • Life.Church
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

play.google.com

 

usa.harvesttime.tv

App - ハーベスト・タイム・メッセージステーション

 

 

 

 

 

 

 

 

三位一体の神

神と人との交わりの基礎としての三位一体 牧師の書斎

 

 

 

福音を受け取るためには

聖書では、この世界の全てのもの、宇宙や、自然や植物、動物、そして人間、ありとあらゆるものは神である創造主が創造されたと書かれています。

この全てのものを創造したのが創造主であることを認識しないで人間が生き続けることを「的外れ」つまり「罪」であると書かれています。

 

ローマ人への手紙1章

18神の怒りは、不義をもって真理をはばもうとする人間のあらゆる不信心と不義とに対して、天から啓示される。 19なぜなら、神について知りうる事がらは、彼らには明らかであり、神がそれを彼らに明らかにされたのである。 20神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物(あらゆる全てのもの)において知られていて、明らかに認められるからである。したがって、彼らには弁解の余地がない。 21なぜなら、彼らは神を知っていながら、神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである。

 

 

そして人には神が皆さん一人、一人に備えた「良心」に反することも罪だと書かれています。

 

 

使徒行伝 24章

16わたしはまた、神に対しまた人に対して、良心に責められることのないように、常に努めています。

 

 

今までに創造主を認識し、一度も良心に反したことがないという方はいらっしゃるでしょうか?(この世に罪をおかしたことがない人は一人もいないと聖書に書かれています。)

 

 

ローマ人への手紙 3章

10次のように書いてある、/「義人はいない、ひとりもいない。 11悟りのある人はいない、/神を求める人はいない。 12すべての人は迷い出て、/ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、/ひとりもいない。

 

私には、その罪があると認めることが救われる第一歩です。

 

へブル9章27節

人間には一度死ぬことと、死後に裁きを受けることが定まっている

 

 

 

そして聖書にあるとおり

イエス・キリストが、わたしたちの罪のために死んだこと、

そして墓に葬られたこと

三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

つまり、創造主である神イエス・キリストを復活させたことを心から信じ、

イエス・キリストが私の主であると口で告白すると救われます。

 

 

コリント人への手紙第一 15章2節

この福音によって救われるのである。

わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、

そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたことである。

 

 

洗礼をしたから救われるのではなく、善行を積み重ねることで罪が赦され、救われるのでもなく

(福音を得てイエス・キリストに従順を示すために洗礼を行います。イエスキリストの十字架の死によって、皆さんの罪が赦されます。)

 

 

救いは神の一方的な恵みです。

 

 

三位一体の神創造主、御子イエスキリスト、聖霊)に対して心で信じ、口で告白することで、誰でも、いつでも、どこでも、ひとりでも、一円も払わずに救われます。

 

 

 

イエス・キリストが神であると心から信じた方は以下のとおり言ってください。

 


イエス・キリストは私の神です!」

 

ローマ人への手紙10章9節

すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

 

 

 

今、声に出して言い表された方は救われました。

 

聖霊の働きがないと、心から口で言い表すことはできません。

 

 

神と共に永遠の天国に住むことを約束されました。

 

 

おめでとうございます!!!

 

 

(心を静めて、静かな部屋で、三位一体の神様がいると思って「イエス・キリストは私の神です。」と口に出して言い表してください。 心から言い表すことができるのは神様の力が働いているからです。)

 

 

ローマ人への手紙10章13節

「主(イエス)の御名を呼び求める者は、すべて救われる」