世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

テレビで報道されない本当のエルサレム問題とは  聖書を読めば超簡単! 

わかりやすいニュース解説といえば、池上彰さんと思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

f:id:yotutaka:20180129110126j:plain

 

 

池上彰

中東調査会の会員で、同会を通じて得た中東関連の情報を解説や執筆の参考にしていることを、『池上彰の経済教室』(テレビ東京)などで明かしている。

宗教関連の本を多数執筆している。池上自身は仏教徒で、海外でもそのことを自ら公表しているという。

池上彰 - Wikipedia

 

 

 

 

池上さんは仏教徒と公表されています

 

 

聖書はイエスキリストを信じた、真のクリスチャンだけが本当の聖書の理解神の計画神の意図を理解出来ます。

 

 

それが、神の奥義、

 

神の神秘なのです。

 

 

 

しかし池上彰さんは公表しておられるとおり、仏教徒ですから、本当の聖書の理解はありません。

 

 

 

池上彰さんが福音を得て、三位一体の神から救われ、真実のニュースを語っていただけるよう、お祈り申し上げます。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 では聖書における本当のエルサレムの問題は何なのか!

 

 

 

 

 

その前に、もし、トランプ大統領

 

「日本の北方四島はすべて日本の領土である!!!」と公言すれば、

 

日本はどうなるでしょうか?

 

 

 

ロシア関係が急速に悪化する可能性があるのではないでしょうか?

 

 

日本が「その通りだ!」と主張すれば、戦争に発展する可能性もあるのではないでしょうか?

 

 

日本人はどう思うでしょう。

 

北方領土の問題で戦争するくらいなら、トランプ大統領は余計な事を言わないで欲しいと思う日本人が大半ではないでしょうか?

 

www.sankei.com

 

 

 

 

 

一方トランプ大統領

エルサレムイスラエルの首都である!」と公言しました。

 東エルサレム - Wikipedia

 

そしてイスラエルのネタニヤフ首相はその言葉を大歓迎しました。

 

f:id:yotutaka:20180123135532p:plain

 

 

イスラエルは日本の四国程度の国土です。

 

人口も900万人弱

 

そんな小国が周囲のイスラム諸国を敵にまわしてでも、エルサレムイスラエルの首都であることに、なぜこだわるのでしょうか?

 

 

では、そのエルサレムとは、

 

 

牧師の書斎 10. 千年王国(メシア王国)の祝福(その四)

エルサレム」という語彙を聖書(J-ばいぶる)で検索すると767回です。そのうち旧約聖書では627回、そして新約聖書では140回です。

  

エルサレム」とは、

神のご計画をもった方が高い所から降りて来て、神のあらゆる祝福(シャーローム)を据える場所として、神が占領する(支配する)ところという意味になります。

 

このことがこの地上実現するのは「千年王国」(メシア王国)においてであり、そのときまでは、真の平和はこの世に訪れることはないと言えるのです。それゆえ、人称なき存在である聖霊は「エルサレムの平和のために祈れ。」と命令しているのです(詩篇122篇6節)。この命令は、祝福の発信地としてのエルサレムメシア(イエスキリスト)の再臨を促しているのです。

 

エルサレムは、まさに神の主権によって建てられる町(都)です。そのために用いられる人々の存在があったとしても、決して人間の力によって建てることのできない町なのです。それゆえ、「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしいのです。」(詩篇127篇1節)と語られているのです。 

 

 

 

上記にあるとおり、エルサレムは、聖書の神が支配するところとなります。

 

 

ユダヤ教徒は聖書の旧約聖書とタルムードを信じています。

 

キリスト教徒は旧約聖書新約聖書を共に信じています。

 

 

イスラム教はコーランのみを信じています。

聖書の一部は信じていても、聖書全体は信じていません。

 

 

 

 

ではイスラムとは何か?

 

 

その前に聖書の初めから少しおさらいします。

 

 

三位一体の神である創造主が初めに天と地を創造され、この世界にあるもの全てを創造され、最後に人を創造されました。

 

第一の人アダムとエバが悪の誘惑に従い、神との約束を破る罪をおかしエデンの園を追放されました。

 

現在の全ての人類はこのアダムとエバの子孫です。

 

アダムから20代目の子孫に「信仰の父」となるアブラハムを神は選ばれました。

 

このアブラハムユダヤ教のルーツです。

 

アブラム(アブラハム)はずいぶん前から子どもが与えられることを神から約束されていました。しかし待てど暮らせど、子が与えられる兆しがありません。アブラムも年を取っていくし、妻のサライもしかりです。約束にしては時期が遅すぎます。まだ子どもをつくれるうちにと考えて、妻サライ女奴隷ハガルから生まれたのがイシュマエルでした。ところがその子が約束の子ではないと言われます。

 

ちなみに、このイシュマエルは後のアラブ民族イスラムルーツとなります。今日でもイスラエルとアラブとが戦いを繰り返していますが、その問題の根がここにあります。神のご計画においては犬猿の仲となる宿命なのです。 

牧師の書斎 信仰における転機

 

 

創世記 16章11節  旧約聖書 約3500年前の書

11主の使はまた彼女に言った、「あなたは、みごもっています。あなたは男の子を産むでしょう。名をイシマエルと名づけなさい。主があなたの苦しみを聞かれたのです。 12彼は野ろばのような人となり、その手はすべての人に逆らい、すべての人の手は彼に逆らい、彼はすべての兄弟に敵して住むでしょう」。

 

 

イスラム教のルーツであるイシュマエルが聖書にはっきりと書かれています。

 

 

 

アブラハムとサラが神からの約束の子が生まれるという神の言葉を信じることができず

 

二人が高齢になったので、神の言葉を信頼せずに、人間の考えで、ハガルにアブラハムとの子を産ませました。

 

つまり、人間の神への不信仰によって生まれたのが、アラブ民族、イスラム教のルーツです。

 

 

彼はすべての兄弟に敵して住むでしょう」

イサクとイシュマエルは兄弟です。現在も、その子孫同士である、ユダヤ人とアラブ民族、ユダヤ教イスラム教の大半が敵対しています。

 

 

(しかし、現在の全てのアラブ民族、イスラム教徒が悪なのではなく、一部の聖戦主義のイスラム原理主義が紛争、テロを起こしています。イスラム教であれ、アラブ人であれ、すべての民族、すべての宗教を信じる人々に対して、三位一体の神は、人びとに神に立ち帰るように導いておられます。)

 

 

 

 

 

 

して、イスラム教の象徴としてエルサレムに建てられているのが、

 

 

岩のドーム

 

f:id:yotutaka:20180123145249p:plain

 

建物は、預言者ムハンマドが夜の旅(イスラー)に旅立ち、また、アブラハムが息子イサク犠牲に捧げようとした(イサクのばん祭)場所と信じられている「聖なる岩」を取り囲むように建設され、692年に完成した。

岩のドーム - Wikipedia

 

f:id:yotutaka:20180124140219j:plain

イサクを捧げようと、手をかけようとするアブラハム 止めに入る御使い



 

 

 聖なる岩

f:id:yotutaka:20180123144440j:plain

ドーム内部にある聖なる岩

 

 


が約束した子供はイサクです。

 

神に約束されてからも、妻サラに長い間身ごもらず、待ちに待った、待望の息子がイサクです。

 

神がアブラハムの神への信仰を試すために、

 

「子イサクを犠牲にしなさい」という命令に従うかを試され、

 

その時、神への深い信仰により、イサクに手をかけようとし、

 

神がアブラハムの深い信仰を確認されました。

 

 

もちろん、イサクは犠牲になる直前に、御使いによって止められました。

アブラハムの信仰の最大の試練 - 牧師の書斎

 

 

この、アブラハムが神への信仰を表し、神の御心にかなった場所が、「聖なる岩」なのです。

 

詩48篇/B - 牧師の書斎

 

 

 

 

ブラハムが神から全ての人の信仰の父となった場所、聖なる岩

 

神の約束の子ではなく、神への不信仰によって生まれたイシュマエルが起源のイスラム

 

そのイスラム教の開祖ムハンマドによって、

 

聖なる岩イスラム教の象徴である、岩のドームに囲まれています。

 

 

イスラム教にとってもアブラハムは重要な預言者の一人であるが、犠牲を捧げようとした場所であるとはみられていない。イスラム教においてこの岩が神聖とされるのは、預言者ムハンマドが一夜のうちに昇天する旅(ミウラージュ)を体験した場所とされることである。

岩のドーム - Wikipedia

 

 

 

 

イスラム教にとって、エルサレムムハンマドが一夜、昇天し、イスラム教の開教につながったことから、イスラム教の聖地とされています。

 

kotobank.jp

 

しかし、ムハンマドは紀元後600年頃の人物です。

 

 

ムハンマドイスラム教の開祖だとしても、

 

 

数千年前の歴史的出来事である、

 

アブラハムが創造主にイサクを捧げようとする程の信仰を持つことで、アブラハムが神から祝福された記念すべき場所、聖なる岩岩のドームにより覆い隠すことが、エルサレムにおける、大きな問題です。

 

この問題が一つです。

 

 

 

 

 

リスト教は旧約聖書新約聖書を共に信じています。

(全てのクリスチャンが旧約・新約聖書が全て真実であると信じていない場合はあります)

 

ユダヤ教徒旧約聖書を信じています。

 

ですので同じ創造主を信じています。

 

イスラム教は一般的にユダヤ教キリスト教と同じ一神教だと言われますが、

 

イスラム教はムハンマドが伝え広めた神はアッラーですのでユダヤ教キリスト教の神とは異なります

 

kotobank.jp

アッラー

イスラム唯一神イスラム以前にも一神教の観念や「アッラー」の語はあったが,アラビア人は特にそれほどの崇拝をしなかった。ムハンマドがその語に明確な意味を与え,イスラム唯一神とした。コーランにおいて,アッラーは唯一の神,世界の創造者,全知全能なるものとして描き出されている。アッラーの意志,定め,裁きは絶対的であるが,他方,彼が大慈大悲の徳をもつこと,超越的であるとともに最も身近な存在であることなどが信徒に説かれた。

 

 

約聖書の最後にはメシア(救世主)が来ると書かれて終わります。

 

ユダヤ教はイエスキリストをその、メシア(救世主)として認めず、現在も救世主を待ち続けています。

 

キリスト教はイエスキリストが救世主であると信じています。

 

 

 

今後、エルサレムは聖書にあるとおり、

 

ユダヤ人がエルサレムに神殿を建設し、

 

www.youtube.com

 

イスラエルと反キリストの平和条約締結から三年半後に

 

その神殿にて、反キリストが「私が神だ!」と宣言し、

 

その三年半後にイエスキリストがエルサレムに再臨され、反キリスト及び全ての悪を滅ぼします。

 

 

 

 

にとって,エルサレム問題は問題ではなく、

 

聖書に書かれているとおり、エルサレムを重い石とするように、動かそうとするものは大きな傷を受けます。

 

 

ゼカリア12章2節

「見よ、わたしはエルサレムを、その周囲にあるすべての民をよろめかす杯にしようとしている。これはエルサレムの攻め囲まれる時、ユダにも及ぶ。 3その日には、わたしはエルサレムをすべての民に対して重い石とする。これを持ちあげる者はみな大傷を受ける。地の国々の民は皆集まって、これを攻める。

 

ameblo.jp

 

つまりこの問題は、聖書の預言通りであり、将来、聖書の預言通りに、イエスキリストの再臨によって、エルサレムは、神のあらゆる祝福(シャーローム)を据える場所として、神が支配するところになります。

 

 

 

 

 

 

 

在、エルサレムを首都認定する問題において、

 

国連 VS(対)イスラエル、アメリカの構図になっています。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

国連加盟国の大半はエルサレムイスラエルの首都と認定していません。

 

 

しかし、三位一体の神が最終的に救う計画のある。イスラエル

ameblo.jp

 

異邦人に福音が伝わることによって祝福されたキリスト教国、アメリカ

 

 

そして最終的には、アブラハム契約に基づき、イスラエルを祝福するものは、祝福を受け、イスラエルを呪うものは、神からも呪われるのです。

ameblo.jp

 

 

 

現在、日本エルサレム首都認定は国連側と同意見の反対でした。

 

 

このまま行けば日本も神からの祝福を受けずに、呪われるでしょう。

 

日本は、ただでさえクリスチャン人口が少なく、

 

クリスチャンであっても、聖書にあるイスラエルの箇所を、霊的クリスチャンと置き換える、置換え神学により、イスラエルへのとりなしの祈りが少ないことが、問題です。

 

 

 

イスラエルの宗教

ユダヤ教(75.0%),イスラム教(17.5%),キリスト教(2%),ドルーズ(1.6%)(2014年 イスラエル中央統計局)

イスラエル基礎データ | 外務省

 

 

 

 

 

造主と同じように三位一体の神である、御子、イエスキリストはイスラエルユダヤとして降誕されました。

 

エスキリストと共に過ごした弟子たちもユダヤです。

 

エスキリストの復活を目撃し、信仰に入った、弟子や多くの人々もユダヤです。

 

ユダヤ人以外の人々、異邦人(日本を含め、ユダヤ以外の世界中の人々)に福音を伝道したのは使徒パウロですが、この異邦人のための福音宣教者もユダヤです。

 

そしてイエスキリスト昇天後の初代教会はユダヤによって福音が伝え広められました。

 

つまり、イエスキリストを信じたユダヤ人が福音を伝えていなければ、今の世界中にあるキリスト教の教会及び、クリスチャンは存在しません。

 

 

いわばユダヤ人のイエスキリストの不信仰によって、福音は異邦人へ伝えられ、

 

その福音を異邦人に伝えたのはユダヤ人です。

 

 

 

異邦人である私たちクリスチャンは、イスラエルの民、ユダヤ人に感謝し、

 

現在も神の計画により、不信仰にされているユダヤ人を、

 

今度は我々、異邦人が神に対し、ユダヤ人がイエスキリストを受け入れ、救われるためのとりなしの祈りをする必要があります。

 

 

 

新しいひとりの人 - 牧師の書斎

 

 

スラエル再建までの多くの教会がイスラエルユダヤ人は、「イエスキリストを十字架に架けたのはユダヤ人だ」、そのことにより、聖書におけるイスラエルは霊的クリスチャンを意味することに置き換えるという置き換え神学によって、多くのキリスト教会、クリスチャンはイスラエルユダヤ人の重要性を理解していません。

 

 

 

 

イスラエルが再建されて、今年で70年です。

 

 

 

 

 

多くの教会、多くのクリスチャンが聖書の中にある神の奥義を理解していないことが大きな問題です。

 

 

 

 

ローマ人への手紙11章25節

兄弟たちよ。あなたがたが知者だと自負することのないために、この奥義を知らないでいてもらいたくない。

一部のイスラエル人がかたくなになったのは、異邦人が全部救われるに至る時までのことであって、 こうして、イスラエル人は、すべて救われるであろう。すなわち、次のように書いてある、「救う者がシオンからきて、ヤコブから不信心を追い払うであろう。 27そして、これが、彼らの罪を除き去る時に、彼らに対して立てるわたしの契約である」。 28福音について言えば、彼らは、あなたがた(異邦人)のゆえに、神の敵とされているが、選びについて言えば、父祖アブラハム,イサク、ヤコブイスラエル))たちのゆえに、神に愛せられる者である。 29神の賜物と召しとは、変えられることがない。 30あなたがた(異邦人)が、かつては神に不従順であったが、今は彼らイスラエルの不従順によってあわれみを受けたように、 31彼らイスラエルも今は不従順になっているが、それは、あなたがた(異邦人)の受けたあわれみによって、彼らイスラエル自身も今あわれみを受けるためなのである。 32すなわち、神はすべての人をあわれむために、すべての人を不従順のなかに閉じ込めたのである。

 

 

「神の奥義」と「神のあわれみ」 - 牧師の書斎

 

 

 

 

 

 

 

 

空中再臨 携挙について

キリストの空中再臨と教会の携挙 - 牧師の書斎

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その二) - 牧師の書斎

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その三) - 牧師の書斎

 

地上再臨について

キリストの地上再臨の有様とその目的 - 牧師の書斎

キリストの地上再臨前の大患難 - 牧師の書斎

 

千年王国について

千年王国(メシア的王国)の必然性 - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その一) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その二) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その三) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その四) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その五) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の終わり - 牧師の書斎

 

永遠の御国について

新しい天と新しい地 (1) - 牧師の書斎

新しい天と新しい地 (2) - 牧師の書斎

新しい天と新しい地 (3) - 牧師の書斎

 

「見よ。わたしはすぐに来る」-「マラナ・タ」 - 牧師の書斎

 

 

 

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

hukuinn.hatenablog.com

 

イザヤの黙示録(世の終わりの啓示) - 牧師の書斎

 

そもそも救われるとはどういうことか?

http://seishonyumon.com/question/428/

 

 

 

 

 

 

三分で分かる聖書入門 全リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLQ19z6ZsfJHyF4rAvDewELJHdSeUmMreS

 

 

 

携挙(けいきょ)を逃したらするべきこと(携挙について)

 

 

自分が救われているかどうかどうすれば分かるのか?

 

 

 

ハーベストタイムメッセージステーション(本格的な聖書の学びが無料で掲載されています)

https://subsplash.com/messagestation/top-page

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

hukuinn.hatenablog.com

 

 

hukuinn.hatenablog.com

 

 

すます聖書の預言の成就が近づいています。

 

ロシア、イラン、トルコ、中国、北朝鮮、フィリピンなどなど大国の代表は独裁者のようです。

 

世界は一触即発、寸前です。

 

皆さん! 一日も早く福音を得てくださいね!!!

 

 

 

 

 

 

三位一体の神

 

 

 

 

福音を受け取るためには

聖書では、この世界の全てのもの、宇宙や、自然や植物、動物、そして人間、ありとあらゆるものは神である創造主が創造されたと書かれています。

 

この全てのものを創造したのが創造主であることを認識しないで人間が生き続けることを「的外れ」つまり「罪」であると書かれています。

 

そして人には神が皆さん一人、一人に備えた「良心」に反することも罪だと書かれています。

 

今までに創造主を認識し、一度も良心に反したことがないという方はいらっしゃるでしょうか?(この世に罪をおかしたことがない人は一人もいないと聖書に書かれています。)

私には、その罪があると認めることが救われる第一歩です。

 

そして聖書にあるとおり

エスキリストが、わたしたちの罪のために死んだこと、

 

そして墓に葬られたこと

 

三日目によみがえったこと、

 

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

 

 

つまり、創造主である神がイエスキリストを復活させたことを心から信じ、

エスキリストが私の主であると口で告白すると救われます。

 

 

 

洗礼をしたから救われるのではなく、善行を積み重ねることで罪が赦され救われるのでもなく

(福音を得てイエスキリストに従順を示すために洗礼を行います。イエスキリストの十字架の死によって、皆さんの罪が赦されます。)

 

 

 

三位一体の神創造主、御子イエスキリスト、聖霊)に対して心で信じ、口で告白することで、誰でも、いつでも、どこでも、ひとりでも、一円も払わずに救われます。

 

 

 

エスキリストが神であると心から信じた方は以下のとおり言ってください。

 

 


「イエスキリストは私の神です!」

 

 

今、声に出して言い表された方は救われました。

 

 

聖霊の働きがないと心からイエスキリストが神であると口で言い表すことはできません

 

 

神と共に永遠の天国に住むことを約束されました。

 

 

おめでとうございます爆  笑爆  笑爆  笑

 

 

 

 

ゼカリヤ書 12章 

旧約聖書 約2500年前に書かれた書

エルサレムに攻め込む出来事は、大艱難時代の最終段階、イエスキリスト地上再臨前の出来事です。

 

1託宣イスラエルについての主の言葉。すなわち天をのべ、地の基をすえ、人の霊をその中に造られた主は、こう仰せられる、 2見よ、わたしはエルサレムを、その周囲にあるすべての民をよろめかす杯にしようとしている。これはエルサレムの攻め囲まれる時、ユダにも及ぶ。 3その日には、わたしはエルサレムをすべての民に対して重い石とする。これを持ちあげる者はみな大傷を受ける。地の国々の民は皆集まって、これを攻める。 4主は言われる、その日には、わたしはすべての馬を撃って驚かせ、その乗り手を撃って狂わせる。しかし、もろもろの民の馬を、ことごとく撃って、めくらとするとき、ユダの家に対しては、わたしの目を開く5その時ユダの諸族は、その心の中に『エルサレムの住民は、その神、万軍の主によって力強くなった』と言う。 6その日には、わたしはユダの諸族を、たきぎの中の火皿のようにし、麦束の中のたいまつのようにする。彼らは右に左に、その周囲にあるすべての民を、焼き滅ぼす。しかしエルサレムはなお、そのもとの所、すなわちエルサレムで、人の住む所となる。 7主はまずユダの幕屋を救われる。これはダビデの家の光栄と、エルサレムの住民の光栄とが、ユダの光栄にまさることのないようにするためである。 8その日、主はエルサレムの住民を守られる。彼らの中の弱い者も、その日には、ダビデのようになる。またダビデの家は神のように、彼らに先だつ主の使のようになる。 9その日には、わたしはエルサレムに攻めて来る国民を、ことごとく滅ぼそうと努める。 10わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ彼ら(ユダヤ人)はその刺した者(イエスキリスト)を見る時、ひとり子のために嘆くように彼(イエスキリスト)のために嘆き、ういごのために悲しむように、彼(イエスキリスト)のためにいたく悲しむ11その日には、エルサレムの嘆きは、メギドの平野にあったハダデ・リンモンのための嘆きのように大きい。 12国じゅう、氏族おのおの別れて嘆く。すなわちダビデの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。ナタンの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。 13レビの家の氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。シメイの氏族は別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆く。 14その他の氏族も皆別れて嘆き、その妻たちも別れて嘆くのである。

 

 

ゼカリヤ書 13章

1その日には、罪と汚れとを清める一つの泉が、ダビデの家とエルサレムの住民とのために開かれる。 2万軍の主は言われる、その日には、わたしは地から偶像の名を取り除き、重ねて人に覚えられることのないようにする。わたしはまた預言者および汚れの霊を、地から去らせる。 3もし、人が今後預言するならば、その産みの父母はこれにむかって、『あなたは主の名をもって偽りを語るゆえ、生きていることができない』と言い、その産みの父母は彼が預言している時、彼を刺すであろう。 4その日には、預言者たちは皆預言する時、その幻を恥じる。また人を欺くための毛の上着を着ない。 5そして『わたしは預言者ではない、わたしは土地を耕す者だ。若い時から土地を持っている』と言う。 6もし、人が彼(イエスキリスト)に『あなたの背中の傷は何か』と尋ねるならば、『これはわたしの友だちの家で受けた傷だ』と、彼は言うであろう」。 7万軍の主は言われる、「つるぎよ、立ち上がってわが牧者を攻めよ。わたしの次に立つ人を攻めよ。牧者を撃て、その羊は散る。わたしは手をかえして、小さい者どもを攻める。 8主は言われる、全地の三分の二は断たれて死に、三分の一は生き残る。 9わたしはこの三分の一を火の中に入れ、銀をふき分けるように、これをふき分け、金を精錬するように、これを精錬する。彼らユダヤ人)はわたし(イエスキリスト)の名を呼び、わたし(イエスキリスト)は彼らユダヤ人)に答える。わたし(イエスキリスト)は『彼らユダヤ人)はわが民である』と言い、彼らユダヤ人)は『主(イエスキリスト)はわが神である』と言う」。

 

 

ゼカリヤ書 14章

1見よ、主の日が来る。その時あなたの奪われた物は、あなたの中で分かたれる。 2わたしは万国の民を集めて、エルサレムを攻め撃たせる。町は取られ、家はかすめられ、女は犯され、町の半ばは捕えられて行く。しかし残りの民は町から断たれることはない。 3その時、主は出てきて、いくさの日にみずから戦われる時のように、それらの国びとと戦われる。 4その日には彼(イエスキリスト)の足が、東の方エルサレムの前にあるオリーブ山の上に立つ(地上再臨)そしてオリブ山は、非常に広い一つの谷によって、東から西に二つに裂け、その山の半ばは北に、半ばは南に移り、 5わが山の谷はふさがれる。裂けた山の谷が、そのかたわらに接触するからである。そして、あなたがたはユダの王ウジヤの世に、地震を避けて逃げたように逃げる。こうして、あなたがたの神、主はこられる、もろもろの聖者と共にこられる。 6その日には、寒さも霜もない。 7そこには長い連続した日がある(主はこれを知られる)。これには昼もなく、夜もない。夕暮になっても、光があるからである。 8その日には、生ける水がエルサレムから流れ出て、その半ばは東の海に、その半ばは西の海に流れ、夏も冬もやむことがない。 9主(イエスキリスト)は全地の王となられる。その日には、主ひとり、その名一つのみとなる。 10全地はゲバからエルサレムの南リンモンまで、平地のように変る。しかしエルサレムは高くなって、そのもとの所にとどまり、ベニヤミンの門から、先にあった門の所に及び、隅の門に至り、ハナネルのやぐらから、王の酒ぶねにまで及ぶ。 11その中には人が住み、もはやのろいはなく、エルサレムは安らかに立つ。 12エルサレムを攻撃したもろもろの民を、主は災をもって撃たれる。すなわち彼らはなお足で立っているうちに、その肉は腐れ、目はその穴の中で腐れ、舌はその口の中で腐れる。 13その日には、主は彼らを大いにあわてさせられるので、彼らはおのおのその隣り人を捕え、手をあげてその隣り人を攻める。 14ユダもまた、エルサレムに敵して戦う。その周囲のすべての国びとの財宝、すなわち金銀、衣服などが、はなはだ多く集められる。 15また馬、途n、らくだ、ろば、およびその陣営にあるすべての家畜にも、この災のような災が臨む。 16エルサレムに攻めて来たもろもろの国びとの残った者は、皆年々上って来て、王なる万軍の主を拝み、仮庵の祭を守るようになる。 17地の諸族のうち、王なる万軍の主を拝むために、エルサレムに上らない者の上には、雨が降らない。 18エジプトの人々が、もし上ってこない時には、主が仮庵の祭を守るために、上ってこないすべての国びとを撃たれるその災が、彼らの上に臨む。 19これが、エジプトびとの受ける罰、およびすべて仮庵の祭を守るために上ってこない国びとの受ける罰である。 20その日には、馬の鈴の上に「主に聖なる者」と、しるすのである。また主の宮のなべは、祭壇の前の鉢のように、聖なる物となる。 21エルサレムおよびユダのすべてのなべは、万軍の主に対して聖なる物となり、すべて犠牲をささげる者は来てこれを取り、その中で犠牲の肉を煮ることができる。その日には、万軍の主の宮に、もはや商人はいない。

 

 

 

 

 

f:id:yotutaka:20180130123614j:plain

エスキリストが地上再臨するオリーブ山からのエルサレムの景色


そして、もろもろの聖者である、真のクリスチャンは、地上再臨時に、主イエスキリストと共にオリーブ山に降り立ちます。

 

 

 

 

エルサレム問題よりも、最も大きな問題は、

 

 

エルサレムに地上再臨するエスキリストが神であることを知らずに生きていることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方に前回のブログをご紹介いただきありがとうございます!

f:id:yotutaka:20171228153232p:plain

イスラエルの主都 エルサレム イエスキリストが将来、地上再臨する



 

hukuinn.hatenablog.com

 

前回に「上記のブログを周りの人に送信してクリスマスの意味を伝えてください!!!」

とご提案して約一ヶ月が経ちました。

 

この一ヶ月間でこの記事がたくさんの方に読んでいただいたことがアクセス数でわかります!!!

 

「クリスマスとは 由来と起源」の記事が一挙に全体の記事の22%になるほどに読まれました!!!

 

皆さんご協力ありがとうございましたヽ(´▽`)/

 

そしてGoogleで「クリスマス 由来 起源」 「クリスマスとは 由来」などで検索すると上位2、3ページ目に検索されるようになっていました。

 

これで「クリスマスの由来って何かな?」と検索された方がこのブログを読んでイエスキリスト、本当の福音を知っていただける機会が増えることと思います。

 

前回の記事は出来るだけわかりやすく書いたつもりです。

 

しかし、初めて読んだ方には一気に内容を飲み込むのは信じがたいと思う方も多かったかもしれません。

 

しかしまたこちらのブログでわかりやすく紹介しているサイトなども紹介しますので根気よく聖書を理解していただき、本当の神に出会い、救われてくださいね!!!

 

以下の動画もクリスマスメッセージです。

 

やはり専門の牧師さんは上手に語られます。

 

50分程の動画です。

 

こちらの動画も良いですので見ていただき、よかったら皆さんでシェアしてくださいね!

 

 

www.youtube.com

こちらも良いですよ!!!

 

www.youtube.com

 

 

 

ameblo.jp

ameblo.jp

クリスマスとは 由来と起源 本当の意味を知らない日本人 日本人は神様からの最高のプレゼントをまだ受け取っていない!?

皆さんは本当のクリスマスの意味はご存知ですか?

クリスマスとは英語のChristキリスト:救世主)のmass(ミサ:礼拝儀式)に由来しています。

 

世界のキリスト教国ではクリスマスはイエスキリストの降誕の日を祝っているのです。

 

皆様はご存知でしたか?

 

私は去年まで、サンタクロースがプレゼントを持って来てくれる日であるとか

 

恋人たちが盛り上がる日だと思っていました。

 

ではなぜ世界中の人々がイエスキリストの降誕を祝うのでしょうか?

 

その答えは聖書に書かれています。

 

聖書の発行部数は

 

 

 

f:id:yotutaka:20171128193519j:plain

 

いえ、3880億です!!! 

桁が違います!!!

 

世界での発行部数は50億部(以上)、60億冊、70億冊、80億冊、150億冊、1815年~1998年に約3880億冊(推定)などの説がある。2000年の1年間に世界中の聖書協会によって約6億3300万冊が配布・販売(国際聖書協会の発表)

聖書 - Wikipedia

 

 

の前に皆さん福音(ふくいん)という言葉をお聞きになったことはありますか?


英語で
Good News 良き知らせ 

もしくはThe gospel
ギリシァ語でEvangelion エウアンゲリオン


では聖書に書かれる福音とは

一度、声に出して読んでみましょう爆  笑爆  笑爆  笑
 

 

コリント人への手紙第一 15章2節
この福音によって救われるのである。
わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、
そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、
ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたことである。

ローマ人への手紙10章9節
すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

 

 

これが聖書に書かれる福音です。

 

洗礼を受けたから救われるのではなく、善い行いによって救われるのではなく

 

人が救われるためには、上記にあるとおり

 

キリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、
そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、
ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

 

自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。

 


三位一体の神(創造主、御子イエスキリスト、聖霊)に対して「イエスキリストが私の主(神)である」心で信じ、口で告白することで、いつでも、どこでも、ひとりでも一円も払わずに救われます。

 

福音良き知らせなんです。

 

是非、皆さんもこれを読みながら福音を受け取ってくださいね!

 

 

 


エスキリストとは
エスイスラエルによくある名前で
「神は救い」という意味の名前です。
ヘブル語では「イェシュア・ハマシーアッハ」
ギリシャ語では「イエスース・クリストス
英語では「ジーザス・クライスト」(Jesus Christ)と言います。

イエス・キリスト」というのは、イエスが名前で、
キリストは苗字ではなく、職名です。

「キリスト」とは、神の働きのために特別な力と権威を授けるため「油注がれた者」、「救世主」を意味します。


hukuinn.hatenablog.com

 

f:id:yotutaka:20171127200935p:plain

 

上記は三位一体の神を表す図です。

御父、御子、聖霊はそれぞれ同じではない神である。
しかし、御父、御子、聖霊唯一の一つの神である。

 

三位一体の神は永遠の存在です。そしてまた全知全能です。

全てのことの初めから終りを知り、神の計画通りに成し遂げる神です。

 

エスキリストは神であり、人となってこの世に降誕されました。

 

f:id:yotutaka:20171129102333j:plain

 

 

私たちの罪のために死んだこと
私たちの罪とはなんでしょうか?

 

日本人の私たちには罪をおかしているという感覚はないのではないでしょうか?


聖書の罪とは
「的外れ」という意味があります。
まずこの世界を見渡して、全てのものが神である創造主が創造されたことを認識していないことが的外れ、つまり罪であると聖書は語ります。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

宇宙には1000億×1000億の星があるそうですが生命体があるのは地球だけです。この地球がたまたま自然発生し、たまたま人類が勝手に進化してきたと考え、人は神から創造されたものではないと思って生きていることが「的外れ」、「罪である」と語られます。

 

神が人に生まれながらに備えた「良心」に反することもまた罪です。生まれて一度も良心に反したことしたことがない方はいません。人の悪口、陰口、愚痴、意地悪、いじめ、妬み、反抗などほんの小さなことでも神の基準においては全て罪です。

「創造主を認識せずに生きること」 「良心に反したこと
この二つのことを神は罪であると語ります。


この罪は善行によって取り消されるものではありません。
この罪を死後に全ての人は神に裁かれます。

 

ローマ人への手紙3章23節
すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており。

ローマ人への手紙 6章23節
罪の報酬は、死です。

ヘブル人への手紙 9章27節
人には一度死ぬことと、死んだのち裁きを受けることが定まっている。

ガラテヤ人への手紙5章
肉の働きは明白である。すなわち、
不品行、汚れ、好色、 偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、 ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

 

かし神は御子であるイエスキリストを人として世におくり、全ての人がおかした罪、私や、皆さんの持つ全ての罪を、神の御子であるイエスキリストに注がれました。


エスキリストが人類すべての罪の身代わりとなり、十字架の上で精算してくださいました。

 

f:id:yotutaka:20171012160828j:plain




墓に葬られ、
エスキリストの肉体は死に

「キリスト 墓に葬られる 画像」の画像検索結果



三日目によみがえったこと、
創造主である神が御子イエスキリストをよみがえらせたこと。

 

f:id:yotutaka:20171129193354p:plain

三日後に墓から復活したイエスキリスト



 


ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

 

f:id:yotutaka:20171129194744p:plain

復活後 弟子や多くの人びとに現れたイエスキリスト

 

ameblo.jp

 

ケパとはイエスキリストの弟子です。十二人も弟子です。
聖書には40日間よみがえったイエスキリストが人々に現れ、聖書に書かれている内容がイエスキリストを示すためであると人々に解き明かされて、その後、昇天されました。

 

旧約聖書はイエスキリスト生誕以前に書かれました。
その旧約聖書の中で救世主はどの系図で生まれ、どういう亡くなり方をするのかはっきりと書かれています。
偽って救世主として名乗り出ようにも、旧約聖書どおりの生まれ方の人でしか救世主と名乗れないのです。
まさにイエスキリストは旧約聖書通りの救世主です。

 

この復活し、人々の前に同時に現れたことで、弟子たちは信じ、世界中に福音を述べ伝え、現在まで世界中に広まっています。

 

復活されたのですから、今も存在され、創造主の右の座に座しておられます。

 

 

 

2000年前にイエスキリストが私たちを含めた全ての人を救うために、神から背いた人類の罪を精算するために命を捧げ、あの一番辛い処刑方法、十字架の死を私たちのためにしてくださったのです。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

ameblo.jp

osusowake.hatenablog.com

 

 

 

さんもご存知だとは思いますが、西暦エスキリスト降誕年が基準となっています。

 

キリスト降誕以前を紀元前(Before.Chirist:キリスト以前)

降誕以後を紀元後(Anno.Domini::ラテン語、主の年に)
 

 

 

書には旧約聖書新約聖書と二種類あります。

共に神の啓示を受けた40人の作者が紀元前1500年頃から紀元100年頃までの約1600年間に渡って書かれました。

 

約聖書 39冊
律法の書(5冊) 歴史の書(12冊)詩書(5冊)大預言書(5冊)小預言書(12冊)

 

旧約聖書は紀元前400年頃に救世主の到来を預言をして終わっています。

 

現在のイスラエルユダヤ教はイエスキリストを救世主と認めず、今も救世主を待ち望んでいます。

 

 

 

約聖書27冊
福音書(4冊)歴史の書(1冊)パウロの手紙(13冊)公同書簡(8冊)預言の書(1冊)

 

救世主であるイエスキリストが旧約聖書にあるとおり、どこの系図で生まれ、十字架の死などすべて預言通り成し遂げられ、イスラエル以外の世界中の人々(異邦人)に福音が伝えられること。

 

ヨハネの黙示録など世界の終末に起こる出来事、地上再臨後のイエスキリスト統治の千年王国、それから永遠の御国(天国)に変わることがはっきりと書かれています。

 

hukuinn.hatenablog.com

 

は全てのものを創造されました。人が住むために最高の環境を備えました。


しかし神との約束ごととして何をしてもいいが、善悪の知識を知る木から実を食べてはいけない約束がありました。食べると必ず死ぬ。と言われました。そもそも人は死ぬ存在ではありませんでした。

 

f:id:yotutaka:20171128135546j:plain

 

 

 

聖書においてへび、いわゆる悪魔がいました。この悪魔から「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。 それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」という誘惑に乗って、女エバがまず食べ、エバの勧めで男アダムが食べました。

 

それにより神から追放され神中心ではなく、自己中心ひいては悪魔に従うようになりました。

 

その後アダムとエバから子孫が増え続けました。人間の根源をたどればアダムとエバになります。

 

 

ちなみにこのロゴはご存知ですか?

スポーツブランドのカッパ

アダムとエバがモチーフだそうです。

「kappa 画像」の画像検索結果

PHENIX

 

 

 

 

 

全ての人はアダムとエバの子孫です。

 

 

 

の中でも神を深く信仰する人物アブラハムを神は選ばれました。アダムからアブラハムは20代目です。


アブラハムその子イサク、そしてヤコブこのヤコブが神からイスラエルと名を変えられます。


イスラエル 「神が支配したもう」という意味です。
神がアブラハムとした契約があります。


創世記 12章1 
紀元前1500年頃に書かれた書

「あなたは、
あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、
わたしが示す地へ行きなさい。
そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、
あなたを祝福し、
あなたの名を大いなるものとしよう。
あなたの名は祝福となる。
あなたを祝福する者をわたしは祝福し、
あなたをのろう者をわたしはのろう。
地上の全ての民族は、あなたによって祝福される。」


 

 

ローマ人への手紙 11章25 紀元58年
この奥義を知らないでいてもらいたくない。一部のイスラエル人がかたくなになったのは、異邦人(日本を含めたイスラエル人以外の世界中の人々)が全部救われるに至る時までのことであって、 こうして、
イスラエル人は、すべて救われるであろう。
 

 

f:id:yotutaka:20171128135724j:plain

 

 

イスラエルはイエスキリストの十字架の後、紀元70年に崩壊します。


その際にイスラエル人は世界中に離散しました。国自体がなくなりました。


1948年5月14日になんと約1880年経て聖書に預言されているとおりにイスラエルが再建しました。

 

現在のイスラエル民族は今も神から計画通りにかたくなにされ、神であるイエスキリストを受け入れていません。

 

創造主だけを信じ、今も救世主を待ち続けてるのがユダヤ教です。

ameblo.jp

hukuinn.hatenablog.com

 

 

イスラエルの民が最終的に救われるまでに成し遂げられる聖書預言があります。

 

 

聖書預言とは、旧約聖書新約聖書の中にあらかじめ起こる出来事が預言として書かれています。 聖書の全体の3割は預言です。過去に書かれている預言は全て成就しています。これから将来起こる預言も残されており、現在は人類史上もっとも苦難がある大艱難時代前であることがわかります。 

 

イザヤ書46章9節

わたしは神である、わたしのほかに神はない。わたしは神である、わたしと等しい者はない。 わたしは終りの事を初めから告げ、まだなされない事を昔から告げて言う、『わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる』

 

 
 
大艱難時代突入までに起きる聖書預言に
 

イザヤ17章エゼキエル38章があります。

 

 

f:id:yotutaka:20171118181957j:plain

左 イスラエル ネタニヤフ首相   右 ロシア プーチン大統領

 

現在イスラエルの北に直面している国はシリアです。
シリアは内戦状態にあり、シリア国家と反政府軍の構造になっています

 


 

 

イザヤ17章1節

ダマスコについての託宣。見よ、ダマスコは町の姿を失って、荒塚となる。 2その町々はとこしえに捨てられ、家畜の群れの住む所となって、伏しやすむが、これを脅かす者はない。 3エフライムのとりではすたり、ダマスコの主権はやみ、スリヤの残れる者は、イスラエルの子らの栄光のように消えうせると万軍の主は言われる。 4その日、ヤコブの栄えは衰え、その肥えたる肉はやせ、 5あたかも刈入れ人がまだ刈らない麦を集め、かいなをもって穂を刈り取ったあとのように、レパイムの谷で穂を拾い集めたあとのようになる。

 

 

マスコとはシリアのダマスカスを指し、いにしえから現在までダマスカスは荒塚になったことはありません。

 

 

 

 

 

 

www3.nhk.or.jp

 

 

 

www3.nhk.or.jp

 

追記) 上記のニュースより引用 2018年2月13日

イスラエル首相 シリア越境攻撃続行の構え

イスラエル軍の戦闘機がシリア領内の軍事施設に対して越境攻撃を仕掛けたところ、逆に反撃されて撃墜されたことをめぐり、イスラエルのネタニヤフ首相は引き続き越境攻撃も辞さない構えを強調し、軍事的な緊張が高まることが懸念されます。

イスラエル軍は10日、隣国シリアの首都ダマスカス近郊にある、軍事施設に対して「イランの施設だ」として、戦闘機を使って越境攻撃を仕掛けましたが、逆にシリア軍の地対空ミサイルの反撃を受けて戦闘機1機が撃墜され、パイロットら2人がけがをしました。

イスラエルの軍用機が撃墜されたのは36年ぶりで、イスラエル国内では、戦闘機が撃墜されたことへの衝撃が広がっています。

こうした中、イスラエルのネタニヤフ首相は11日の閣議で、負傷した戦闘機のパイロットらの労をねぎらうとともに「イスラエルはあらゆる脅威に対して徹底的な攻撃を続けていく」と述べて安全保障上の脅威に対しては引き続き越境攻撃も辞さない構えを強調しました。

 

 

 

 

 

matome.naver.jp

www.afpbb.com

 

リアには現在、ロシア、トルコ、イラン、その他、シリア反体制派、ISISなどの様々な軍が入り込んでいます。

 

シリアと国境に面しているイスラエルは、小さなきっかけからいつ攻撃を受けてもおかしくない状況へと日に日に強まっています。

 

f:id:yotutaka:20171201192401j:plain

左 イラン ローハニ大統領 中央 ロシア プーチン大統領 右 トルコ エルドアン大統領



 

www.trt.net.tr

 

 

 

年にイスラエルで巨大な油田や天然ガスが発掘されています。


ガスパイプラインも中東から欧州にかけて建設中です。

 

ロシアはヨーロッパへの天然ガスや石油の輸出によって経済が成り立っています。中東からのガスパイプラインや石油の輸出はロシアにとって死活問題となります。

 

 

エゼキエル38章はロシアがイラン、トルコ、などと共に、イスラエルの油田、天然ガスなどの利権を狙って、軍隊を引き連れて攻め込むその日に、神がロシアなどの軍隊へみなぎる雨と、ひょうと、火と、硫黄とで滅ぼすことでイスラエルを守り、それを見た世界中の人々は、それは神がしたことだと認識すると書かれています。

 

 

hi-hyou.com

 

 

 (追記)

2017年 12月6日

アメリカ トランプ大統領イスラエルの首都を公にエルサレムと認定しました。

このことによりイスラエルを中心とした中東問題がさらに過熱します。

 

 

ゼカリヤ書12章1節

1託宣イスラエルについての主の言葉。すなわち天をのべ、地の基をすえ、人の霊をその中に造られた主は、こう仰せられる、 2「見よ、わたしはエルサレムを、その周囲にあるすべての民をよろめかす杯にしようとしている。これはエルサレムの攻め囲まれる時、ユダにも及ぶ。 3その日には、わたしはエルサレムをすべての民に対して重い石とする。これを持ちあげる者はみな大傷を受ける。地の国々の民は皆集まって、これを攻める。

 

 

www.afpbb.com

www.jiji.com

www.youtube.com

 

 

 

エゼキエル38章
1主の言葉がわたしに臨んだ、 2「人の子よ、メセク(現モスクワ)トバル(トボリスク)の大君であるマゴグの地のゴグに、あなたの顔を向け、これに対して預言して、 3言え。主なる神はこう言われる、メセクとトバルの大君であるゴグよ、見よ、わたしはあなたの敵となる。 4わたしはあなたを引きもどし、あなたのあごにかぎをかけて、あなたと、あなたのすべての軍勢と、馬と、騎兵とを引き出す。彼らはみな武具をつけ、大盾、小盾を持ち、すべてつるぎをとる者で大軍である。 5ペルシャ(イラン)、エチオピヤ、プテリビアは彼らと共におり、みな盾とかぶとを持つ。 6ゴメル(東ヨーロッパ)とそのすべての軍隊、北の果のベテ・トガルマ(トルコ)と、そのすべての軍隊など、多くの民もあなたと共におる。 7あなたは備えをなせ。あなたとあなたの所に集まった軍隊は、みな備えをなせ。そしてあなたは彼らの保護者となれ。 8多くの日の後、あなたは集められ、終りの年にあなたは戦いから回復された地、すなわち多くの民の中から、人々が集められた地に向かい、久しく荒れすたれたイスラエルの山々に向かって進む。その人々は国々から導き出されて、みな安らかに住んでいる。 9あなたはそのすべての軍隊および多くの民を率いて上り、暴風のように進み、雲のように地をおおう。 10主なる神はこう言われる、その日に、あなたの心に思いが起り、悪い計りごとを企てて、 11言う、『わたしは無防備の村々の地に上り、穏やかにして安らかに住む民、すべて石がきもなく、貫の木も門もない地に住む者どもを攻めよう』と。 12そしてあなたは物を奪い、物をかすめ、いま人の住むようになっている荒れ跡を攻め、また国々から集まってきて、地の中央に住み、家畜と貨財とを持つ民を攻めようとする。 13シバ、デダン(サウジアラビア、タルシシの商人(イギリス)、およびそのもろもろの村々はあなたに言う、『あなたは物を奪うために来たのか。物をかすめるために軍隊を集めたのか。あなたは金銀を持ち去り、家畜と貨財とを取りあげ、大いに物を奪おうとするのか(石油・天然ガスなどの利権)』と。 14それゆえ、人の子よ、ゴグに預言して言え。主なる神はこう言われる、わが民イスラエルの安らかに住むその日に、あなたは立ちあがり、 15北の果のあなたの所から来る。多くの民はあなたと共におり、みな馬に乗り、その軍隊は大きく、その兵士は強い。 16あなたはわが民イスラエルに攻めのぼり、雲のように地をおおう。ゴグよ、終りの日にわたしはあなたを、わが国に攻めきたらせ、あなたをとおして、わたしの聖なることを諸国民の目の前にあらわして、彼らにわたしを知らせる。 17主なる神はこう言われる、わたしが昔、わがしもべイスラエルの預言者たちによって語ったのは、あなたのことではないか。すなわち彼らは、そのころ年久しく預言して、わたしはあなたを送って、彼らを攻めさせると言ったではないか。 18しかし主なる神は言われる、その日、すなわちゴグがイスラエルの地に攻め入る日に、わが怒りは現れる。 19わたしは、わがねたみと、燃えたつ怒りとをもって言う。その日には必ずイスラエルの地に、大いなる震動があり、 20海の魚、空の鳥、野の獣、すべての地に這うもの、地のおもてにあるすべての人は、わが前に打ち震える。また山々はくずれ、がけは落ち、すべての石がきは地に倒れる。 21主なる神は言われる、わたしはゴグに対し、すべての恐れを呼びよせる。すべての人のつるぎは、その兄弟に向けられる。 22わたしは疫病と流血とをもって彼をさばく。わたしはみなぎる雨と、ひょうと、火と、硫黄とを、彼とその軍隊および彼と共におる多くの民の上に降らせる。 23そしてわたしはわたしの大いなることと、わたしの聖なることとを、多くの国民の目に示す。そして彼らはわたしが主であることを悟る。

www.youtube.com

 

 

のようにロシアを筆頭とした軍勢イスラエルに攻め込んだその日に、これははっきりと神がされたとわかる神の介入を世界中の人々は目にするのです。

 

このあとに神の怒りが降り注がれる7年間大艱難時代が始まります。

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com最新2017.12.8

国際情勢 聖書と北朝鮮情勢 中東問題 携挙について

 

 

 

ころで
皆さんはニコラス・ケイジの「
レフトビハインド」という映画はご存知ですか?

 

日本では2015年6月に公開されました。

 

小説「レフトビハインド」を映画化したものです。

 

www.youtube.com

 

 

この小説「レフトビハインド」は1995年から発売され全米で6500万部売り上げた(聖書の知識があるアメリカでは、大ベストセラーになるほど興味をもって読まれました。)

小説の内容は
「時は近未来、
最後の審判が迫り「ヨハネの黙示録」の聖書預言が実現していく世界を描く。「艱難前携挙説」の立場をとっており、

携挙(けいきょ)によって信心深い人々や幼い子供が姿を消すところから物語が始まる。」となっております。

 

その他携挙を題材とした映画「リメイニング」「人間消失」

 


リスト教徒が多い国々で、真の信仰のある人々は携挙とは何かを知っています。

 

日本では携挙の意味を知る人は99%以上いません。

 

日本のクリスチャンである人々でも携挙を知っている人は極わずか

 

更に携挙を本当に信じている人はほんのひと握りであると思います。

 

しかし聖書を正確に読み解くならば携挙将来必ず起こります。

 

 

は、この携挙とは

携挙とは真のクリスチャンと過去に真のクリスチャンとして亡くなった方々が、創造主の号令の元、一気に空中まで引き上げられることを「携挙」といいます。

そしてその
創造主号令の元に、主であるエスキリストが、携挙によって空中まで引き上げられた真のクリスチャンを迎えに行くために天(第三の天)から空中まで下って来られることを空中再臨といいます。

 

f:id:yotutaka:20170419130459j:plain

携挙・空中再臨

 サザエのお裾分けから参照させていただきました。

osusowake.hatenablog.com

 

記の表でもご理解いただけるとおり、現在は教会時代の終わりです。

 

携挙・空中再臨直前です。

 

 

今、福音を得ると大艱難時代を過ごすことなく、携挙されます。

 

 

hukuinn.hatenablog.com

 

書の約割は預言であり、現在まで神が全て完璧に預言が成就されている。(聖書を読んでいただき確認してくださいね)

 

神が人類の救済のために神の御子であるイエスキリストが来ることをキリスト初臨以前の旧約聖書のいたるところに記載されている。

 

エスキリストの復活を目の当たりにした使徒によって福音が現在まで述べ伝えられている。現在までキリスト教徒20億人以上 全ての宗教の中で最も多い。

 

聖書の中に携挙に関する預言が多数存在し、来るべき大艱難時代から真のクリスチャンを救うために携挙があると書かれている。

 

私たちが知らなければならないことは、教会の時代(教会とは真の信仰があるクリスチャン)はキリストの空中再臨とクリスチャンの携挙によって、突然終わりを告げるということです。

  

 

テサロニケ人への第一の手紙 4
16すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、 17それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。 18だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。

 

 

 

マタイによる福音書 24
36その日、その時は、だれも知らない。(携挙の時)天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。
37人の子の現れる(空中再臨)のも、ちょうどノアの時のようであろう。
38すなわち、洪水の出る前、ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。
39そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。人の子の現れるのも、そのようであろう。
40そのとき、ふたりの者が畑にいると、ひとりは取り去られ(携挙)、ひとりは取り残されるであろう。
41ふたりの女がうすをひいていると、ひとりは取り去られ(携挙)、ひとりは残されるであろう。
42だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、あなたがたには、わからないからである。
43このことをわきまえているがよい。家の主人は、盗賊がいつごろ来るかわかっているなら、目をさましていて、自分の家に押し入ることを許さないであろう。
44だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。


 

 

コリント人への第一の手紙 15章
聖書に「最初の人アダムは生きたものとなった」と書いてあるとおりである。しかし最後のアダムは命を与える霊となった。 46最初にあったのは、霊のものではなく肉のものであって、その後に霊のものが来るのである。 47第一の人は地から出て土に属し、第二の人は天から来る。 48この土に属する人に、土に属している人々は等しく、この天に属する人に、天に属している人々は等しいのである。 49すなわち、わたしたちは、土に属している形をとっているのと同様に、また天に属している形をとるであろう。 50兄弟たちよ。わたしはこの事を言っておく。肉と血とは神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。 51ここで、あなたがたに奥義を告げよう。わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。 52というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは変えられるのである。(携挙) 53なぜなら、この朽ちるものは必ず朽ちないものを着、この死ぬものは必ず死なないものを着ることになるからである。 54この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬものが死なないものを着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。 55「死は勝利にのまれてしまった。死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。死よ、おまえのとげは、どこにあるのか」。 56死のとげは罪である。罪の力は律法である。 57しかし感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである。 58だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、あなたがたは知っているからである。

 

 

 

 

あともう少しで終わりですので、最後まで頑張って読んでくださいね爆  笑爆  笑爆  笑

 

 

 

携挙・空中再臨の後に大艱難時代があります。

 

大艱難時代とは
イスラエル反キリスト(世界統一を企てる悪魔の化身)との年契約締結がスタートです。

 

携挙されずに残された人々が神に仕えるか悪魔に仕えるかの試練です。

 

どんな宗教も一つに統一され、世界中の様々な神々を信じていても、良い行いで天国に行けるというような世界統一宗教が起こる。

f:id:yotutaka:20171128142959j:plain

 

 

 

国々が対立し、戦争等を経て、世界を一つにまとめるリーダーが台頭する、その世界のリーダーが反キリストとなる。

f:id:yotutaka:20170822152036j:plain

バベルの塔とEU議会建物


 

 

大艱難時代半ば3年半でエルサレムの神殿で「私が神である」と豹変します。

 

反キリストに従い獣の刻印を受けた者は神への反逆となり天国には行けません。

 

反キリストに逆らい獣の刻印を拒めば殺されます。どちらかの選択を迫られます。

seishonyumon.com

 

7年間で戦争・飢饉・地震で多くの人がなくなり、世界中が荒廃します。

 

 

 

大艱難時代最後にイエスキリストがイスラエル地上再臨され、反キリストと全ての悪を滅ぼされます。

 



 

大艱難時代は反キリストに従わずに、イエスキリストを死ぬまで、あるいは、地上再臨まで信じ抜かなければなりません。

 

 

空中再臨 携挙について

キリストの空中再臨と教会の携挙 - 牧師の書斎

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その二) - 牧師の書斎

キリストの空中再臨と教会の携挙 (その三) - 牧師の書斎

 

地上再臨について

キリストの地上再臨の有様とその目的 - 牧師の書斎

キリストの地上再臨前の大患難 - 牧師の書斎

 

千年王国について

千年王国(メシア的王国)の必然性 - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その一) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その二) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その三) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その四) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の祝福(その五) - 牧師の書斎

千年王国(メシア的王国)の終わり - 牧師の書斎

 

永遠の御国について

新しい天と新しい地 (1) - 牧師の書斎

新しい天と新しい地 (2) - 牧師の書斎

新しい天と新しい地 (3) - 牧師の書斎

 

「見よ。わたしはすぐに来る」-「マラナ・タ」 - 牧師の書斎

 

 

 



なぜ、今、福音を伝えなければならないのか?

 

 

それは、このように聖書に書かれたエゼキエル書38章やイザヤ17章、その他の世界の終末間近の預言と今、現在の中東や世界のニュースを見て、預言通りになっていることがはっきりとわかっていただけるからですビックリマークビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

であるイエスキリストが罪をおかした人々のために十字架に架かってくださったのです。

 

 

 

 

 

をおかすことがない神イエスキリストが罪をおかした人々のために十字架にかかってくださったのです。

 

 

創造主は御子であるイエスキリストを世に遣わせて、あの最も残酷な処刑において人類の罪を乗せられたのです。

 

エスキリストは墓に葬られたあと三日後に復活されました。

 

 

この十字架の死が本当に自分を救い、永遠の命を与えるために神であるイエスキリストが私のためにしてくれたのだと信じ、イエスキリストが私の神であると口で言い表せば救われます。

 

 

死後も必ず三位一体の神の住む永遠の天国に迎えられます。

 

 

エスキリストを信じる者だけが救われます。
 

 

 

が人を創造し、人が神から自分の意思で離れ、罪をおかし、
その罪を
精算するために、創造主の御子であるイエスキリストが十字架にかかってあなたを救ってくださいました。


そのものの存在です。

 

全く濁ったところはありません。

 

人が罪を清めず濁ったままで神と天国で住むことはできません。

 

その人の罪を精算する為に神は御子イエスキリストを世に遣わし、神ができる最大限の愛を示しました。

 

神は皆さんを今も変わらず深く愛しています。

 

皆さんはその神の愛を今、はじめて知りました。

 

 

 

 

造主の存在に今まで認識せず、神に背を向けていたことを的外れだったと認めてください。

 

皆さんの為に成された十字架の上にあるイエスキリストの死
このイエスキリストの十字架の死を自分のためにしていただいたこととして心に刻み、皆さんが自己中心ではなく神中心に変わっていただくことをお願い申し上げます。



様が心から信じることができたならば、

 

「イエスキリストが私の神であることを心から信じます。」

 

と心から言ってください。

 

 

 

おめでとうございますクラッカークラッカークラッカー

 

 

皆様は救われました! 
 

f:id:yotutaka:20170419111227j:plain

 

 

 

ヨハネ福音書14章6
わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。

 

 

 

福音は神の御子であるイエスキリストの命懸けの贈り物です。

 

 

どうかイエスキリストが私の神であると信じ、福音を受け取って下さることをお祈り申し上げます。



神様(創造主)からの最高のクリスマスプレゼントは御子イエスキリストです。


 

ヨハネ福音書3章16節
神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。



うぞ皆さん、神様からの最高クリスマスプレゼントであるエスキリストを皆さんのとして受け取って下さい。

 


神様のプレゼントは全ての人に配られています。

 

 

しかし日本人の99%以上の人々はこのプレゼントに気づいていません。箱が閉じられたままです。

どうか皆さんが周りの救われて欲しい方々に神様のプレゼントが届いていることを教えてあげてください。

そして、その人が救われるように三位一体の神に祈ってあげてください。

 

 

 

神様から皆様に救いと祝福が与えられますように、イエスキリストの御名によって アーメン

 

 

 

 

 

 

 

福音を受け取るためには

聖書では、この世界の全てのもの、宇宙や、自然や植物、動物、そして人間、ありとあらゆるものは神である創造主が創造されたと書かれています。

この全てのものを創造したのが創造主であることを認識しないで人間が生き続けることを「的外れ」つまり「罪」であると書かれています。

そして人には神が皆さん一人、一人に備えた「良心」に反することも罪だと書かれています。

今までに創造主を認識し、一度も良心に反したことがないという方はいらっしゃるでしょうか?(この世に罪をおかしたことがない人は一人もいないと聖書に書かれています。)

私には、その罪があると認めることが救われる第一歩です。

 

そして聖書にあるとおり

エスキリストが、わたしたちの罪のために死んだこと、そして墓に葬られたこと

三日目によみがえったこと、

ケパ(弟子のペテロ)に現れ、次に、十二人に現れたこと

つまり、創造主である神がイエスキリストを復活させたことを心から信じ、

エスキリストが私の主であると口で告白すると救われます。

 

 

 

洗礼をしたから救われるのではなく、善行を積み重ねることで罪が赦され救われるのでもなく

(福音を得てイエスキリストに従順を示すために洗礼を行います。イエスキリストの十字架の死によって、皆さんの罪が赦されます。)

 

 

 

三位一体の神(創造主、御子イエスキリスト、聖霊)に対して心で信じ、口で告白することで、いつでも、どこでも、ひとりでも救われます。

 

 

 

エスキリストが神であると信じた方は以下のとおり言ってください。

 

 


「私はイエスキリストが私の神であることを心から信じます。」

 

 

今、声に出して言い表された方は救われました。

 

神と共に永遠の天国に住むことを約束されました。

 

 

おめでとうございます笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料聖書アプリ

 

聖書

聖書

  • Life.Church
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

play.google.com

2017-01-01から1年間の記事一覧 - 世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

 

 

そもそも救われるとはどういうことか?

http://seishonyumon.com/question/428/

 

 

 

 

seishonyumon.com

 

 

三分で分かる聖書入門 全リスト

www.youtube.com

seishonyumon.com

 

 

seishonyumon.com

 

 

 

必見!!!

携挙(けいきょ)を逃したらするべきこと(携挙について)

 

 

自分が救われているかどうかどうすれば分かるのか?

 

 

 

ハーベストタイムメッセージステーション(本格的な聖書の学びが無料で掲載されています)

Top Page - ハーベスト・タイム・メッセージステーション

 

クリスマスについて家族や友人と語り合うことは真実に気が付くチャンス!

うすぐクリスマスですね!

 

しかし日本人はクリスマスの意味を本当に理解している人は極小数ではないでしょうか?

 

皆さんはいかがですか?

 

サンタクロースの日だと思っていませんか?

 

 

そこで、クリスマスの本当の意味を次回のブログで詳しく書きますので、それを元に皆さんでお考え下さいね。

 

 

そして、そのブログのページをお知り合いに送信していただき「こんなブログがあったから一回読んで見て、クリスマスの本当の意味ってこんなんらしいよ、ホントかな? どう思う?」とご家族や、親族、友人で一度考えていただく機会にしていただくのはいかがでしょうか?

 

クリスマスの意味を知ることは世界の標準的な教養です。

 

ですので、是非この機会にクリスマスの本当の意味を知って、それを皆さんで考え、共通の認識となるように広めてくださいね!

 

 

 

 

f:id:yotutaka:20171127144714j:plain

 

以下がそのブログです

hukuinn.hatenablog.com

携挙が近いと感じたらどう生きれば良いのか?

 

f:id:yotutaka:20171118181957j:plain

 

 

近のニュースを見ているとイザヤ書17章、エゼキエル38章の成就が近づいているように感じます。

parstoday.com

 

携挙はクリスチャンの慰め、希望です。

hukuinn.hatenablog.com

 

携挙がいつ起こるかは誰にもわかりません。

 

御子イエスキリストでさえ知らないと聖書にあります。

 

創造主(御父)のみ携挙の時をご存知であるとあります。

 

 

携挙の意味を深く知るということは大事なことだと思います。

 

携挙を待ち望むことも必要だと思います。

 

しかし、もう携挙が起こるから、全てを投げ打って、人生の働きを放棄することは、神が望まれることではありません。

 

 

挙が近いと感じるならどう生きれば良いのでしょうか?

 

携挙のあとに残された人々は、どうなるのかは聖書の黙示録を読めばわかります。

 

7年間の大艱難時代です。

 

良いことなど何一つありません。

 

人類史上最大の大艱難の中、命懸けで神を信じる信仰を試されます。

 

日本の今のような穏やかな生活は一変するでしょう。

 

 

獣の刻印を受け入れ、反キリストに従ったならば、永遠の地獄がその人には決定してしまいます。

 

 

 

たちクリスチャンには希望があります。

 

携挙される希望

 

7年間の婚姻において 天でイエスキリストと真のクリスチャンとが集う希望。

 

エスキリストを王とした千年王国への希望

 

最後に永遠の天国、永遠の命への希望です。

 

 

 

私は福音を伝えることに大変な勇気がいります。

 

福音を伝える勇気、力を聖霊において満たして下さいと日々祈ります。

 

自分の力で福音を伝えきることはできません。

 

まだ福音を伝えることに慣れていません。

 

 

しかし、今、福音を救われて欲しいと思う人達に伝えておかなければ後悔します。

 

福音を伝えなければ、携挙後、残された人たちはなぜ悲惨な現実になるのかがわかりません。

 

私は今、福音をしっかりと伝えた後に、携挙についても伝えています。

 

聖書に携挙についての書かれていることを聖句と共にお伝えします。携挙されるために救われろ!というのではなく、神様の計画の一つとして、神の奥義として携挙があることを伝え、イエスキリストを信じ、聖書を読み続けたならば、携挙を信じることができることを伝えます。

 

それは私やクリスチャンである皆さんが、携挙されることが聖書が真実であることの証明となるからです。

 

そして、私が携挙され、伝えていた通り、クリスチャンが一瞬にしていなくなれば、携挙の意味を伝え聞いていた人たちは、その時、はじめて現実に神が存在し、聖書は事実であることを認め、信じるでしょう。

 

大艱難時代に神を信じぬくことが天国に行くことに繋がると理解するでしょう。

 

そうすれば、地上再臨まで耐え忍ぶことが望みとなります。

 

 

 

 

ですので従来通り、クリスチャンとしての生活を過ごし、世の人々のとりなしの祈りを神に祈り、福音を伝える、そして今、携挙の意味を伝えることが必要ではないでしょうか?

 

携挙の意味を知る日本人は99%以上いません!!!

 

携挙はいつ起こるかわかりません。

 

しかし、エゼキエル38章の預言の成就は大艱難時代突入間近であると思います。

 

そして今現実に、シリア情勢はロシア、イラン、トルコが同盟を組み、今後、シリアのダマスカスが荒塚となり、そしてロシアを中心とした軍勢がイスラエルに攻め込むことはいつでも起こりうる状況です。

 

www.youtube.com

 

 

 

今、福音と携挙を伝え聞いて信じた方は救われ携挙されます。

 

今、福音を伝え聞いて信じなかった方も、私や皆さんが携挙されることによって、神とイエスキリストを信じて、艱難時代の聖徒(大艱難時代の信者)になる可能性があります。

 

 

しっかりと目を覚まし、福音を伝えきろうと思います。

 

 

皆さんも共に福音を伝えていきましょう\(^o^)/

 

 

 

テサロニケ人への第一の手紙 4

16すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、 17それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。 18だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。

 

 

ヘブル人への手紙 9

しかし事実、ご自身をいけにえとしてささげて罪を取り除くために、世の終りに、一度だけ現れたのである。 27そして、一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっているように、 28キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、を与えられるのである。

 

ヘブル人への手紙 12

 1こういうわけで、わたしたちは、このような多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てて、わたしたちの参加すべき競走を、耐え忍んで走りぬこうではないか2信仰の導き手であり、またその完成者であるエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである。 3あなたがたは、弱り果てて意気そそうしないために、罪人らのこのような反抗を耐え忍んだかたのことを、思いみるべきである。 4あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。 5また子たちに対するように、あなたがたに語られたこの勧めの言葉を忘れている、「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。主に責められるとき、弱り果ててはならない。 6主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」。 7あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである

 

seishonyumon.com

seishonyumon.com

 

seishonyumon.com

seishonyumon.com

 

 

osusowake.hatenablog.com

www.youtube.com

 

 

今、真のクリスチャンとして生きるためには  艱難前携挙について ヨハネの黙示録

f:id:yotutaka:20171012160955j:plain

 

、聖書は終末に近づいていると語っています。

 

聖書の内容は旧約聖書新約聖書ともに一切、変わっていません。

 

約2000年以上前に神の啓示によって書かれた書物の預言が現実に起ころうとしています。

 

 

 

2000年前から現在の約2000年後の現在西暦2017年までのクリスチャンの方々はどう生きてきたのでしょうか?

 

 

聖書における、イエスキリストの地上再臨は兆候がはっきりとあるので時期はわかります。

 

つまり終末の兆候がなかった時代のクリスチャンは地上再臨がもうすぐ起きるという希望は持たなかったことになります。

 

しかしイエスキリストの空中再臨、それと同時に起こる「携挙」はいつ起こるかわからない。それは創造主である御父しか知らないとあります。

 

携挙とは真のクリスチャンと過去に真のクリスチャンとして亡くなった方々が、創造主の号令の元、一気に空中まで引き上げられることを携挙といいます。

 

そしてその創造主の号令の元に、主であるイエスキリストが、携挙によって空中まで引き上げられた真のクリスチャンを迎えに行くために天(第三の天)から空中まで下って来られることを空中再臨といいます。

 

 

コリントへの第1の手紙 15章

12さて、キリストは死人の中からよみがえったのだと宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、死人の復活などはないと言っているのは、どうしたことか。

13もし死人の復活がないならば、キリストもよみがえらなかったであろう。

14もしキリストがよみがえらなかったとしたら、わたしたちの宣教はむなしく、あなたがたの信仰もまたむなしい。 15すると、わたしたちは神にそむく偽証人にさえなるわけだ。なぜなら、万一死人がよみがえらないとしたら、わたしたちは神が実際よみがえらせなかったはずのキリストを、よみがえらせたと言って、神に反するあかしを立てたことになるからである。

16もし死人がよみがえらないなら、キリストもよみがえらなかったであろう。

17もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう。

18そうだとすると、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのである。

19もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。

20しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。

21それは、死がひとりの人によってきたのだから、死人の復活もまた、ひとりの人によってこなければならない。 22アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである。

23ただ、各自はそれぞれの順序に従わねばならない。最初はキリスト(十字架から三日後の復活)、次に、主の来臨(携挙、空中再臨)に際してキリストに属する者たち

24それから終末(地上再臨)となって、その時に、キリストはすべての君たち、すべての権威と権力とを打ち滅ぼして、国を父なる神に渡されるのである。

 

 

 

いつ起こるかわからない携挙に希望を置くためには聖書をしっかりと理解していないと希望は持つことができないのではないでしょうか?

 

上記にある通り

復活の順序については最初はキリスト

次に主の来臨(空中再臨・携挙)に際してキリストに属する者たち

 

このキリストに属する者たちとは以下のとおり

 

テサロニケ人への手紙4章 

兄弟たちよ。眠っている人々については、無知でいてもらいたくない。望みを持たない外の人々のように、あなたがたが悲しむことのないためである。 わたしたちが信じているように、イエスが死んで復活されたからには、同様に神はイエスにあって眠っている人々をも、イエスと一緒に導き出して下さるであろう。 わたしたちは主の言葉によって言うが、生きながらえて主の来臨の時まで残るわたしたちが、眠った人々より先になることは、決してないであろう。 すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる(空中再臨)。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、 それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い(携挙・空中再臨)、こうして、いつも主と共にいるであろう。 だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。

 

 

 

エスキリストを信じて、寿命を迎え、亡くなったクリスチャンが携挙の時にまず最初によみがえり、それから携挙の際に生きている真のクリスチャンが引き上げられ、空中で主に会い、こうしていつも主とともにいるであろう。と書かれています。

 

過去に亡くなられたクリスチャンたちは、携挙が起こらずに亡くなったとしても、携挙の際によみがえることを信じて生きていました。

 

 

イスラエルの再建は1948年5月14日です。

 

AD70年から1948年まではイスラエルの再建はありませんでした。

 

ですのでイスラエルという国がなければ、終末に起こる出来事は起こりようがありませんでした。

 

終末に起こる7年間の大艱難時代は人類史上最大の災難が起こると聖書には書かれています。

 

大艱難時代が始まってからも携挙が起きなければ、まだ福音を伝えることができます。

 

七年間の大艱難の中期あるいは、後期に携挙がもしあるならば福音はその時に伝えればより一層効果があります。

 

「聖書にかかれている通りの大艱難が起きてるじゃないか!

 

この大艱難は7年間続く、前半3年半は緩やかに、

ヨハネの黙示録6節を見て、これも、この箇所に書いてあることも今、既に起こったじゃないか!

 

あっ!彼が反キリストじゃないか、今は穏やかで、世界をまとめるリーダーの振りをしているが、3年半後に必ず、第三神殿で私が神だ、私に従えといって暴君と化す、気をつけろ!

 

彼に絶対に従っては天国に行けない、

服従の証の体内マイクロチップを絶対に入れてはいけない、それをいれると神から背いたことになる!

 

死んでも、反キリストに従わなければ必ず天国に行ける!

 

今からヨハネの黙示録6節からみんなで読もう!

そうすればこれからどんな悲惨なことが起こるか予測できる。

 

反キリストの政府に処刑されても、命奪われる最後までイエスキリストを信じるんだ!

 

そして必ず7年後にイエスキリストが再臨し、救われる、あともう少しだ頑張れー!!!」

 

と大艱難時代の中期、あるいは後期に携挙があるならば、真のクリスチャンが声を大にして以上の様に言うことができます。

 

しかし、大艱難に携挙は起こります。

 

その時にはわたしたち、真のクリスチャンはこの世にはいません。

 

もう直接、皆さんに伝えることはできません。

 

世界中の真のクリスチャンは取り去られ、今度はかたくなにされていたイスラエルから144000人の福音を伝える人々が起こされます。

 

日本人がこの大艱難時代のイスラエルからの福音を受け取ることよりも今、福音を得ることの方がよほど受け取りやすい時代です。

 

聖書の中にある奥義、携挙

 

携挙が起こることによって一気に世の中が変わります。

 

 

 

「艱難前に携挙があることを信じて生きる。」

 

このことこそが福音を一番危機感を持って伝えることが出来るのではないでしょうか?

 

今すぐにでも携挙が起こり、主であるイエスキリストと過去のクリスチャンと今、生きている我々クリスチャンが天に引き上げられることを望んでいる。これが真のクリスチャンの希望ではないでしょうか。

 

しかし一方で、周りにはまだまだたくさんの人々が救われていません。

 

日本は99%以上の人々が救われていません。

 

今日も、その人々に福音を伝えるための一日が神から与えられたと思うことで私は、今、しっかりとした信仰に立つことができるようになってきました。

 

 

 

艱難中期、艱難後期に携挙があるならば、目に見える反キリストが現れています。

 

そしてその時代の世界中の人々は惑わされ、反キリストに従うのです。

 

 

 

 

www.bbc.com

 

ピリピ人への手紙
第1章
1キリスト・イエスの僕たち、パウロとテモテから、ピリピにいる、キリスト・イエスにあるすべての聖徒たち、ならびに監督たちと執事たちへ。 2わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。 3わたしはあなたがたを思うたびごとに、わたしの神に感謝し、 4あなたがた一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、 5あなたがたが最初の日から今日に至るまで、福音にあずかっていることを感謝している。 6そして、あなたがたのうちに良いわざを始められたかたが、キリスト・イエスの日までにそれを完成して下さるにちがいないと、確信している。 7わたしが、あなたがた一同のために、そう考えるのは当然である。それは、わたしが獄に捕われている時にも、福音を弁明し立証する時にも、あなたがたをみな、共に恵みにあずかる者として、わたしの心に深く留めているからである。 8わたしがキリスト・イエスの熱愛をもって、どんなに深くあなたがた一同を思っていることか、それを証明して下さるかたは神である。 9わたしはこう祈る。あなたがたの愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、 10それによって、あなたがたが、何が重要であるかを判別することができ、キリストの日に備えて、純真で責められるところのないものとなり、 11イエス・キリストによる義の実に満たされて、神の栄光とほまれとをあらわすに至るように。 12さて、兄弟たちよ。わたしの身に起った事が、むしろ福音の前進に役立つようになったことを、あなたがたに知ってもらいたい。 13すなわち、わたしが獄に捕われているのはキリストのためであることが、兵営全体にもそのほかのすべての人々にも明らかになり、 14そして兄弟たちのうち多くの者は、わたしの入獄によって主にある確信を得、恐れることなく、ますます勇敢に、神の言を語るようになった。 15一方では、ねたみや闘争心からキリストを宣べ伝える者がおり、他方では善意からそうする者がいる。 16後者は、わたしが福音を弁明するために立てられていることを知り、愛の心でキリストを伝え、 17前者は、わたしの入獄の苦しみに更に患難を加えようと思って、純真な心からではなく、党派心からそうしている。 18すると、どうなのか。見えからであるにしても、真実からであるにしても、要するに、伝えられているのはキリストなのだから、わたしはそれを喜んでいるし、また喜ぶであろう。 19なぜなら、あなたがたの祈と、イエス・キリストの霊の助けとによって、この事がついには、わたしの救となることを知っているからである。 20そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。 21わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。 22しかし、肉体において生きていることが、わたしにとっては実り多い働きになるのだとすれば、どちらを選んだらよいか、わたしにはわからない。 23わたしは、これら二つのものの間に板ばさみになっている。わたしの願いを言えば、この世を去ってキリストと共にいることであり、実は、その方がはるかに望ましい。 24しかし、肉体にとどまっていることは、あなたがたのためには、さらに必要である。 25こう確信しているので、わたしは生きながらえて、あなたがた一同のところにとどまり、あなたがたの信仰を進ませ、その喜びを得させようと思う。 26そうなれば、わたしが再びあなたがたのところに行くので、あなたがたはわたしによってキリスト・イエスにある誇を増すことになろう。 27ただ、あなたがたはキリストの福音にふさわしく生活しなさい。そして、わたしが行ってあなたがたに会うにしても、離れているにしても、あなたがたが一つの霊によって堅く立ち、一つ心になって福音の信仰のために力を合わせて戦い、 28かつ、何事についても、敵対する者どもにろうばいさせられないでいる様子を、聞かせてほしい。このことは、彼らには滅びのしるし、あなたがたには救のしるしであって、それは神から来るのである。 29あなたがたはキリストのために、ただ彼を信じることだけではなく、彼のために苦しむことをも賜わっている。 30あなたがたは、さきにわたしについて見、今またわたしについて聞いているのと同じ苦闘を、続けているのである。

 

 

 

マタイによる福音書 24章 終末の徴

1エスが宮から出て行こうとしておられると、弟子たちは近寄ってきて、宮の建物にイエスの注意を促した。 2そこでイエスは彼らにむかって言われた、「あなたがたは、これらすべてのものを見ないか。よく言っておく。その石一つでもくずされずに、そこに他の石の上に残ることもなくなるであろう」。 3またオリブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとにきて言った、「どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。あなたがまたおいでになる時(空中再臨)や、世の終り(地上再臨)にはどんな前兆がありますか」。 4そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。 5多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。 6また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない7民は民に国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。 8しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初め(妊婦の出産時の苦しみは、始めは緩やかに始まり、徐々に強くなり出産の直前は大きく苦しむ様、今現在、民は民に、国は国に敵対しています。イスラム国テロ、民族対立、アメリカ対北朝鮮 ロシア、中国、中東問題などなど、世界中の飢饉地震である。 9そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。(大艱難時代のイエスキリストを信じる人々に対して、:聖徒たち) 10そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。 11また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。 12また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。 13しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。(大艱難時代を最後までイエスキリストを信じて生き残った者) 14そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後(イエスキリスト地上再臨)が来るのである。 15預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者(反キリスト)が、聖なる場所(エルサレム第三神殿)に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、 16そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。 17屋上にいる者は、家からものを取り出そうとして下におりるな。 18畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。 19その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。 20あなたがたの逃げるのが、冬または安息日にならないように祈れ。 21その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。 22もしその期間が縮められないなら、救われる者はひとりもないであろう。しかし、選民のためには、その期間が縮められるであろう。 23そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。 24にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。 25見よ、あなたがたに前もって言っておく。 26だから、人々が『見よ、彼は荒野にいる』と言っても、出て行くな。また『見よ、へやの中にいる』と言っても、信じるな。 27ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。 28死体のあるところには、はげたかが集まるものである。 29しかし、その時に起る患難の後、たちまち日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。 30そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。 31また、彼は大いなるラッパの音と共に御使たちをつかわして、天のはてからはてに至るまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。 32いちじくの木からこの譬を学びなさい。その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。 33そのように、すべてこれらのことを見たならば、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。 34よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。 35天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。 36その日、その時は(携挙の時)、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる37人の子の現れる(空中再臨)のも、ちょうどノアの時のようであろう。 38すなわち、洪水の出る前、ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。 39そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。人の子の現れるのも、そのようであろう。 40そのとき、ふたりの者が畑にいると、ひとりは取り去られ、ひとりは取り残されるであろう。 41ふたりの女がうすをひいていると、ひとりは取り去られ、ひとりは残されるであろう。 42だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、あなたがたには、わからないからである。 43このことをわきまえているがよい。家の主人は、盗賊がいつごろ来るかわかっているなら、目をさましていて、自分の家に押し入ることを許さないであろう。 44だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。 45主人がその家の僕たちの上に立てて、時に応じて食物をそなえさせる忠実な思慮深い僕は、いったい、だれであろう。 46主人が帰ってきたとき、そのようにつとめているのを見られる僕は、さいわいである。 47よく言っておくが、主人は彼を立てて自分の全財産を管理させるであろう。 48もしそれが悪い僕であって、自分の主人は帰りがおそいと心の中で思い、 49その僕仲間をたたきはじめ、また酒飲み仲間と一緒に食べたり飲んだりしているなら、 50その僕の主人は思いがけない日、気がつかない時に帰ってきて51彼を厳罰に処し、偽善者たちと同じ目にあわせるであろう。彼はそこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。

 

 

 

ヨハネの黙示録 1章

1イエス・キリストの黙示。この黙示は、神が、すぐにも起るべきことをその僕たちに示すためキリストに与え、そして、キリストが、御使をつかわして、僕ヨハネに伝えられたものである。 2ヨハネは、神の言とイエス・キリストのあかしと、すなわち、自分が見たすべてのことをあかしした。 3この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。時が近づいているからである。 4ヨハネからアジヤにある七つの教会へ。今いまし、昔いまし、やがてきたるべきかたから、また、その御座の前にある七つの霊から、 5また、忠実な証人、死人の中から最初に生れた者、地上の諸王の支配者であるイエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。わたしたちを愛し、その血によってわたしたちを罪から解放し、 6わたしたちを、その父なる神のために、御国の民とし、祭司として下さったかたに、世々限りなく栄光と権力とがあるように、アァメン。 7見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。 8今いまし、昔いまし、やがてきたるべき者、全能者にして主なる神が仰せになる、「わたしはアルパであり、オメガである」9あなたがたの兄弟であり、共にイエスの苦難と御国と忍耐とにあずかっている、わたしヨハネは、神の言とイエスのあかしとのゆえに、パトモスという島にいた。 10ところが、わたしは、主の日に御霊に感じた。そして、わたしのうしろの方で、ラッパのような大きな声がするのを聞いた。 11その声はこう言った、「あなたが見ていることを書きものにして、それをエペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤにある七つの教会に送りなさい」。 12そこでわたしは、わたしに呼びかけたその声を見ようとしてふりむいた。ふりむくと、七つの金の燭台が目についた。 13それらの燭台の間に、足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている人の子のような者がいた。 14そのかしらと髪の毛とは、雪のように白い羊毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった。 15その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった。 16その右手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった。 17わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、「恐れるな。わたしは初めであり、終りであり、 18また、生きている者である。わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。そして、死と黄泉とのかぎを持っている。 19そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい。 20あなたがわたしの右手に見た七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである。すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つの燭台は七つの教会である。

 

ヨハネの黙示録 2章

1エペソにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『右の手に七つの星を持つ者、七つの金の燭台の間を歩く者が、次のように言われる。 2わたしは、あなたのわざと労苦と忍耐とを知っている。また、あなたが、悪い者たちをゆるしておくことができず、使徒と自称してはいるが、その実、使徒でない者たちをためしてみて、にせ者であると見抜いたことも、知っている。 3あなたは忍耐をし続け、わたしの名のために忍びとおして、弱り果てることがなかった。 4しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。 5そこで、あなたはどこから落ちたかを思い起し、悔い改めて初めのわざを行いなさい。もし、そうしないで悔い改めなければ、わたしはあなたのところにきて、あなたの燭台をその場所から取りのけよう。 6しかし、こういうことはある、あなたはニコライ宗の人々のわざを憎んでおり、わたしもそれを憎んでいる。 7耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者には、神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べることをゆるそう』。 8スミルナにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『初めであり、終りである者、死んだことはあるが生き返った者が、次のように言われる。 9わたしは、あなたの苦難や、貧しさを知っている(しかし実際は、あなたは富んでいるのだ)。また、ユダヤ人と自称してはいるが、その実ユダヤ人でなくてサタンの会堂に属する者たちにそしられていることも、わたしは知っている。 10あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない。見よ、悪魔が、あなたがたのうちのある者をためすために、獄に入れようとしている。あなたがたは十日の間、苦難にあうであろう。死に至るまで忠実であれ。そうすれば、いのちの冠を与えよう。 11耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者は、第二の死によって滅ぼされることはない』。 12ペルガモにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『鋭いもろ刃のつるぎを持っているかたが、次のように言われる。 13わたしはあなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの座がある。あなたは、わたしの名を堅く持ちつづけ、わたしの忠実な証人アンテパスがサタンの住んでいるあなたがたの所で殺された時でさえ、わたしに対する信仰を捨てなかった。 14しかし、あなたに対して責むべきことが、少しばかりある。あなたがたの中には、現にバラムの教を奉じている者がある。バラムは、バラクに教え込み、イスラエルの子らの前に、つまずきになるものを置かせて、偶像にささげたものを食べさせ、また不品行をさせたのである。 15同じように、あなたがたの中には、ニコライ宗の教を奉じている者もいる。 16だから、悔い改めなさい。そうしないと、わたしはすぐにあなたのところに行き、わたしの口のつるぎをもって彼らと戦おう。 17耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者には、隠されているマナを与えよう。また、白い石を与えよう。この石の上には、これを受ける者のほかだれも知らない新しい名が書いてある』。 18テアテラにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『燃える炎のような目と光り輝くしんちゅうのような足とを持った神の子が、次のように言われる。 19わたしは、あなたのわざと、あなたの愛と信仰と奉仕と忍耐とを知っている。また、あなたの後のわざが、初めのよりもまさっていることを知っている。 20しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは、あのイゼベルという女を、そのなすがままにさせている。この女は女預言者と自称し、わたしの僕たちを教え、惑わして、不品行をさせ、偶像にささげたものを食べさせている。 21わたしは、この女に悔い改めるおりを与えたが、悔い改めてその不品行をやめようとはしない。 22見よ、わたしはこの女を病の床に投げ入れる。この女と姦淫する者をも、悔い改めて彼女のわざから離れなければ、大きな患難の中に投げ入れる。 23また、この女の子供たちをも打ち殺そう。こうしてすべての教会は、わたしが人の心の奥底までも探り知る者であることを悟るであろう。そしてわたしは、あなたがたひとりびとりのわざに応じて報いよう。 24また、テアテラにいるほかの人たちで、まだあの女の教を受けておらず、サタンの、いわゆる「深み」を知らないあなたがたに言う。わたしは別にほかの重荷を、あなたがたに負わせることはしない。 25ただ、わたしが来る時まで、自分の持っているものを堅く保っていなさい。 26勝利を得る者、わたしのわざを最後まで持ち続ける者には、諸国民を支配する権威を授ける。 27彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。 28わたしはまた、彼に明けの明星を与える。 29耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい』。

 

ヨハネの黙示録 3章

1サルデスにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『神の七つの霊と七つの星とを持つかたが、次のように言われる。わたしはあなたのわざを知っている。すなわち、あなたは、生きているというのは名だけで、実は死んでいる。 2目をさましていて、死にかけている残りの者たちを力づけなさい。わたしは、あなたのわざが、わたしの神のみまえに完全であるとは見ていない。 3だから、あなたが、どのようにして受けたか、また聞いたかを思い起して、それを守りとおし、かつ悔い改めなさい。もし目をさましていないなら、わたしは盗人のように来るであろう。どんな時にあなたのところに来るか、あなたには決してわからない。 4しかし、サルデスにはその衣を汚さない人が、数人いる。彼らは白い衣を着て、わたしと共に歩みを続けるであろう。彼らは、それにふさわしい者である。 5勝利を得る者は、このように白い衣を着せられるのである。わたしは、その名をいのちの書から消すようなことを、決してしない。また、わたしの父と御使たちの前で、その名を言いあらわそう。 6耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい』。 7ヒラデルヒヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『聖なる者、まことなる者、ダビデのかぎを持つ者、開けばだれにも閉じられることがなく、閉じればだれにも開かれることのない者が、次のように言われる。 8わたしは、あなたのわざを知っている。見よ、わたしは、あなたの前に、だれも閉じることのできない門を開いておいた。なぜなら、あなたには少ししか力がなかったにもかかわらず、わたしの言葉を守り、わたしの名を否まなかったからである。 9見よ、サタンの会堂に属する者、すなわち、ユダヤ人と自称してはいるが、その実ユダヤ人でなくて、偽る者たちに、こうしよう。見よ、彼らがあなたの足もとにきて平伏するようにし、そして、わたしがあなたを愛していることを、彼らに知らせよう。 10忍耐についてのわたしの言葉をあなたが守ったから、わたしも、地上に住む者たちをためすために、全世界に臨もうとしている試錬の時に、あなたを防ぎ守ろう。 11わたしは、すぐに来る。あなたの冠がだれにも奪われないように、自分の持っているものを堅く守っていなさい。 12勝利を得る者を、わたしの神の聖所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。そして彼の上に、わたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、天とわたしの神のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書きつけよう。 13耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい』。 14ラオデキヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『アァメンたる者、忠実な、まことの証人、神に造られたものの根源であるかたが、次のように言われる。 15わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。 16このように、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう。 17あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。 18そこで、あなたに勧める。富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着けるように、白い衣を買いなさい。また、見えるようになるため、目にぬる目薬を買いなさい。 19すべてわたしの愛している者を、わたしはしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって悔い改めなさい。 20見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。 21勝利を得る者には、わたしと共にわたしの座につかせよう。それはちょうど、わたしが勝利を得てわたしの父と共にその御座についたのと同様である。 22耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい』」。

 

ヨハネの黙示録 4章

1その後、わたしが見ていると、見よ、開いた門が天にあった。そして、さきにラッパのような声でわたしに呼びかけるのを聞いた初めの声が、「ここに上ってきなさい。そうしたら、これから後に起るべきことを、見せてあげよう」と言った。 2すると、たちまち、わたしは御霊に感じた。見よ、御座が天に設けられており、その御座にいますかたがあった。 3その座にいますかたは、碧玉や赤めのうのように見え、また、御座のまわりには、緑玉のように見えるにじが現れていた。 4また、御座のまわりには二十四の座があって、二十四人の長老が白い衣を身にまとい、頭に金の冠をかぶって、それらの座についていた。 5御座からは、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴とが、発していた。また、七つのともし火が、御座の前で燃えていた。これらは、神の七つの霊である。 6御座の前は、水晶に似たガラスの海のようであった。御座のそば近くそのまわりには、四つの生き物がいたが、その前にも後にも、一面に目がついていた。 7第一の生き物はししのようであり、第二の生き物は雄牛のようであり、第三の生き物は人のような顔をしており、第四の生き物は飛ぶわしのようであった。 8この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちていた。そして、昼も夜も、絶え間なくこう叫びつづけていた、「聖なるかな聖なるかな聖なるかな、全能者にして主なる神。昔いまし、今いまし、やがてきたるべき者」。 9これらの生き物が、御座にいまし、かつ、世々限りなく生きておられるかたに、栄光とほまれとを帰し、また、感謝をささげている時、 10二十四人の長老は、御座にいますかたのみまえにひれ伏し、世々限りなく生きておられるかたを拝み、彼らの冠を御座のまえに、投げ出して言った、 11「われらの主なる神よ、あなたこそは、栄光とほまれと力とを受けるにふさわしいかた。あなたは万物を造られました。御旨によって、万物は存在し、また造られたのであります」。

 

ヨハネの黙示録 5章

1わたしはまた、御座にいますかたの右の手に、巻物があるのを見た。その内側にも外側にも字が書いてあって、七つの封印で封じてあった。 2また、ひとりの強い御使が、大声で、「その巻物を開き、封印をとくのにふさわしい者は、だれか」と呼ばわっているのを見た。 3しかし、天にも地にも地の下にも、この巻物を開いて、それを見ることのできる者は、ひとりもいなかった。 4巻物を開いてそれを見るのにふさわしい者が見当らないので、わたしは激しく泣いていた。 5すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる」。 6わたしはまた、御座と四つの生き物との間、長老たちの間に、ほふられたとみえる小羊が立っているのを見た。それに七つの角と七つの目とがあった。これらの目は、全世界につかわされた、神の七つの霊である。 7小羊は進み出て、御座にいますかたの右の手から、巻物を受けとった。 8巻物を受けとった時、四つの生き物と二十四人の長老とは、おのおの、立琴と、香の満ちている金の鉢とを手に持って、小羊の前にひれ伏した。この香は聖徒の祈である。 9彼らは新しい歌を歌って言った、「あなたこそは、その巻物を受けとり、封印を解くにふさわしいかたであります。あなたはほふられ、その血によって、神のために、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から人々をあがない、 10わたしたちの神のために、彼らを御国の民とし、祭司となさいました。彼らは地上を支配するに至るでしょう」。 11さらに見ていると、御座と生き物と長老たちとのまわりに、多くの御使たちの声が上がるのを聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍もあって、 12大声で叫んでいた、「ほふられた小羊こそは、力と、富と、知恵と、勢いと、ほまれと、栄光と、さんびとを受けるにふさわしい」。 13またわたしは、天と地、地の下と海の中にあるすべての造られたもの、そして、それらの中にあるすべてのものの言う声を聞いた、「御座にいますかたと小羊とに、さんびと、ほまれと、栄光と、権力とが、世々限りなくあるように」。 14四つの生き物はアァメンと唱え、長老たちはひれ伏して礼拝した。

 

 

ヨハネの黙示録 6章

1小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。 2そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた3小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。 4すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた5また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。 6すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。(物価不安定:ハイパーインフレーション7小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。 8そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。 9小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。 10彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」(大艱難時代にイエスキリストを信じ処刑された聖徒立ちの声)11すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」と言い渡された。 12小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、 13天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。 14天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。 15地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。 16そして、山と岩とにむかって言った、「さあ、われわれをおおって、御座にいますかたの御顔と小羊の怒りとから、かくまってくれ。 17御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」。

 

ヨハネの黙示録 7章

1この後、わたしは四人の御使が地の四すみに立っているのを見た。彼らは地の四方の風をひき止めて、地にも海にもすべての木にも、吹きつけないようにしていた。 2また、もうひとりの御使が、生ける神の印を持って、日の出る方から上って来るのを見た。彼は地と海とをそこなう権威を授かっている四人の御使にむかって、大声で叫んで言った、 3「わたしたちの神の僕らの額に、わたしたちが印をおしてしまうまでは、地と海と木とをそこなってはならない」。 4わたしは印をおされた者の数を聞いたが、イスラエルの子らのすべての部族のうち、印をおされた者は十四万四千人であった。 5ユダの部族のうち、一万二千人が印をおされ、ルベンの部族のうち、一万二千人、ガドの部族のうち、一万二千人、 6アセルの部族のうち、一万二千人、ナフタリの部族のうち、一万二千人、マナセの部族のうち、一万二千人、 7シメオンの部族のうち、一万二千人、レビの部族のうち、一万二千人、イサカルの部族のうち、一万二千人、 8ゼブルンの部族のうち、一万二千人、ヨセフの部族のうち、一万二千人、ベニヤミンの部族のうち、一万二千人が印をおされた。 9その後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、数えきれないほどの大ぜいの群衆が、白い衣を身にまとい、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立ち、 10大声で叫んで言った、「救は、御座にいますわれらの神と小羊からきたる」。 11御使たちはみな、御座と長老たちと四つの生き物とのまわりに立っていたが、御座の前にひれ伏し、神を拝して言った、 12「アァメン、さんび、栄光、知恵、感謝、ほまれ、力、勢いが、世々限りなく、われらの神にあるように、アァメン」。 13長老たちのひとりが、わたしにむかって言った、「この白い衣を身にまとっている人々は、だれか。また、どこからきたのか」。 14わたしは彼に答えた、「わたしの主よ、それはあなたがご存じです」。すると、彼はわたしに言った、「彼らは大きな患難をとおってきた人たちであって、その衣を小羊の血で洗い、それを白くしたのである。 15それだから彼らは、神の御座の前におり、昼も夜もその聖所で神に仕えているのである。御座にいますかたは、彼らの上に幕屋を張って共に住まわれるであろう。 16彼らは、もはや飢えることがなく、かわくこともない。太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。 17御座の正面にいます小羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。また神は、彼らの目から涙をことごとくぬぐいとって下さるであろう」。

 

ヨハネの黙示録 8章

1小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。 2それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。 3また、別の御使が出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の前に立った。たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのものであった。 4香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。 5御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。 6そこで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。 7第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。 8第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一は血となり9海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった10第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた。 11この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎのように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ12第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くなり、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。 13また、わたしが見ていると、一羽のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわいだ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている」。

 

ヨハネの黙示録 9章

1第五の御使が、ラッパを吹き鳴らした。するとわたしは、一つの星が天から地に落ちて来るのを見た。この星に、底知れぬ所の穴を開くかぎが与えられた。 2そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった3その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。 4彼らは、地の草やすべての青草、またすべての木をそこなってはならないが、額に神の印がない人たちには害を加えてもよいと、言い渡された。 5彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月のあいだ苦しめることだけが許された。彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。 6その時には、人々は死を求めても与えられず、死にたいと願っても、死は逃げて行くのである7これらのいなごは、出陣の用意のととのえられた馬によく似ており、その頭には金の冠のようなものをつけ、その顔は人間の顔のようであり、 8また、そのかみの毛は女のかみのようであり、その歯はししの歯のようであった。 9また、鉄の胸当のような胸当をつけており、その羽の音は、馬に引かれて戦場に急ぐ多くの戦車の響きのようであった。 10その上、さそりのような尾と針とを持っている。その尾には、五か月のあいだ人間をそこなう力がある。 11彼らは、底知れぬ所の使を王にいただいており、その名をヘブル語でアバドンと言い、ギリシヤ語ではアポルオンと言う。 12第一のわざわいは、過ぎ去った。見よ、この後、なお二つのわざわいが来る。 13第六の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、一つの声が、神のみまえにある金の祭壇の四つの角から出て、 14ラッパを持っている第六の御使にこう呼びかけるのを、わたしは聞いた。「大ユウフラテ川のほとりにつながれている四人の御使を、解いてやれ」。 15すると、その時、その日、その月、その年に備えておかれた四人の御使が、人間の三分の一を殺すために、解き放たれた16騎兵隊の数は二億であった。わたしはその数を聞いた。 17そして、まぼろしの中で、それらの馬とそれに乗っている者たちとを見ると、乗っている者たちは、火の色青玉色硫黄の色の胸当をつけていた。そして、それらの馬の頭はししの頭のようであって、その口から火と煙と硫黄とが、出ていた。 18この三つの災害、すなわち、彼らの口から出て来る火と煙と硫黄とによって、人間の三分の一は殺されてしまった19馬の力はその口と尾とにある。その尾はへびに似ていて、それに頭があり、その頭で人に害を加えるのである。 20これらの災害で殺されずに残った人々は、自分の手で造ったものについて、悔い改めようとせず、また悪霊のたぐいや、金、銀、銅、石、木で造られ、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を礼拝して、やめようともしなかった。 21また、彼らは、その犯した殺人や、まじないや、不品行や、盗みを悔い改めようとしなかった。

 

ヨハネの黙示録 10章

1わたしは、もうひとりの強い御使が、雲に包まれて、天から降りて来るのを見た。その頭に、にじをいただき、その顔は太陽のようで、その足は火の柱のようであった。 2彼は、開かれた小さな巻物を手に持っていた。そして、右足を海の上に、左足を地の上に踏みおろして、 3ししがほえるように大声で叫んだ。彼が叫ぶと、七つの雷がおのおのその声を発した。 4七つの雷が声を発した時、わたしはそれを書きとめようとした。すると、天から声があって、「七つの雷の語ったことを封印せよ。それを書きとめるな」と言うのを聞いた。 5それから、海と地の上に立っているのをわたしが見たあの御使は、天にむけて右手を上げ、 6天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを造り、世々限りなく生きておられるかたをさして誓った、「もう時がない。 7第七の御使が吹き鳴らすラッパの音がする時には、神がその僕、預言者たちにお告げになったとおり、神の奥義は成就される」。 8すると、前に天から聞えてきた声が、またわたしに語って言った、「さあ行って、海と地との上に立っている御使の手に開かれている巻物を、受け取りなさい」。 9そこで、わたしはその御使のもとに行って、「その小さな巻物を下さい」と言った。すると、彼は言った、「取って、それを食べてしまいなさい。あなたの腹には苦いが、口には蜜のように甘い」。 10わたしは御使の手からその小さな巻物を受け取って食べてしまった。すると、わたしの口には蜜のように甘かったが、それを食べたら、腹が苦くなった。 11その時、「あなたは、もう一度、多くの民族、国民、国語、王たちについて、預言せねばならない」と言う声がした。

 

ヨハネの黙示録 11章

1それから、わたしはつえのような測りざおを与えられて、こう命じられた、「さあ立って、神の聖所と祭壇と、そこで礼拝している人々とを、測りなさい。 2聖所の外の庭はそのままにしておきなさい。それを測ってはならない。そこは異邦人に与えられた所だから。彼らは、四十二か月の間この聖なる都を踏みにじるであろう。 3そしてわたしは、わたしのふたりの証人に、荒布を着て、千二百六十日のあいだ預言することを許そう」。 4彼らは、全地の主のみまえに立っている二本のオリブの木、また、二つの燭台である。 5もし彼らに害を加えようとする者があれば、彼らの口から火が出て、その敵を滅ぼすであろう。もし彼らに害を加えようとする者があれば、その者はこのように殺されねばならない。 6預言をしている期間、彼らは、天を閉じて雨を降らせないようにする力を持っている。さらにまた、水を血に変え、何度でも思うままに、あらゆる災害で地を打つ力を持っている。 7そして、彼らがそのあかしを終えると、底知れぬ所からのぼって来る獣が、彼らと戦って打ち勝ち、彼らを殺す。 8彼らの死体はソドムや、エジプトにたとえられている大いなる都の大通りにさらされる。彼らの主も、この都で十字架につけられたのである。 9いろいろな民族、部族、国語、国民に属する人々が、三日半の間、彼らの死体をながめるが、その死体を墓に納めることは許さない。 10地に住む人々は、彼らのことで喜び楽しみ、互に贈り物をしあう。このふたりの預言者は、地に住む者たちを悩ましたからである。 11三日半の後、いのちの息が、神から出て彼らの中にはいり、そして、彼らが立ち上がったので、それを見た人々は非常な恐怖に襲われた。 12その時、天から大きな声がして、「ここに上ってきなさい」と言うのを、彼らは聞いた。そして、彼らは雲に乗って天に上った。彼らの敵はそれを見た。 13この時、地震が起って、都の十分の一は倒れ、その地震で七千人が死に、生き残った人々は驚き恐れて、天の神に栄光を帰した。 14第二のわざわいは、過ぎ去った。見よ、第三のわざわいがすぐに来る。 15第七の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、大きな声々が天に起って言った、「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。主は世々限りなく支配なさるであろう」。 16そして、神のみまえで座についている二十四人の長老は、ひれ伏し、神を拝して言った、 17「今いまし、昔いませる、全能者にして主なる神よ。大いなる御力をふるって支配なさったことを、感謝します。 18諸国民は怒り狂いましたが、あなたも怒りをあらわされました。そして、死人をさばき、あなたの僕なる預言者、聖徒、小さき者も、大いなる者も、すべて御名をおそれる者たちに報いを与え、また、地を滅ぼす者どもを滅ぼして下さる時がきました」。 19そして、天にある神の聖所が開けて、聖所の中に契約の箱が見えた。また、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴と、地震とが起り、大粒の雹が降った。

 

ヨハネの黙示録 12章

1また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。 2この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。 3また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、大きな、赤い龍がいた。それに七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっていた。 4その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうとかまえていた。 5女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である。この子は、神のみもとに、その御座のところに、引き上げられた。 6女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、神の用意された場所があった。 7さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、 8勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった9この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。 10その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。 11兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。 12それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」。 13龍は、自分が地上に投げ落されたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。 14しかし、女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられた。そしてそこでへびからのがれて、一年、二年、また、半年の間、養われることになっていた。 15へびは女の後に水を川のように、口から吐き出して、女をおし流そうとした。 16しかし、地は女を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍が口から吐き出した川を飲みほした。 17龍は、女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために、出て行った。 18そして、海の砂の上に立った。

 

ヨハネの黙示録 13章

1わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、頭には神を汚す名がついていた。 2わたしの見たこの獣はひょうに似ており、その足はくまの足のようで、その口はししの口のようであった。は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた3その頭の一つが、死ぬほどの傷を受けたが、その致命的な傷もなおってしまった。そこで、全地の人々は驚きおそれて、その獣に従い、 4また、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらに、その獣を拝んで言った、「だれが、この獣に匹敵し得ようか。だれが、これと戦うことができようか」。 5この獣には、また、大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月のあいだ活動する権威が与えられた。 6そこで、彼は口を開いて神を汚し、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちとを汚した7そして彼は、聖徒に戦いをいどんでこれに勝つことを許され、さらに、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた8地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、その名を世の初めからしるされていない者はみな、この獣を拝むであろう9耳のある者は、聞くがよい。 10とりこになるべき者は、とりこになっていく。つるぎで殺す者は、自らもつるぎで殺されねばならない。ここに、聖徒たちの忍耐と信仰とがある。 11わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。 12そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷がいやされた先の獣を拝ませた。 13また、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえした。 14さらに、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、かつ、つるぎの傷を受けてもなお生きている先の獣の像を造ることを、地に住む人々に命じた15それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。 16また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ17この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。 18ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

 

ヨハネの黙示録 14章

1なお、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っていた。また、十四万四千の人々が小羊と共におり、その額に小羊の名とその父の名とが書かれていた。 2またわたしは、大水のとどろきのような、激しい雷鳴のような声が、天から出るのを聞いた。わたしの聞いたその声は、琴をひく人が立琴をひく音のようでもあった。 3彼らは、御座の前、四つの生き物と長老たちとの前で、新しい歌を歌った。この歌は、地からあがなわれた十四万四千人のほかは、だれも学ぶことができなかった。 4彼らは、女にふれたことのない者である。彼らは、純潔な者である。そして、小羊の行く所へは、どこへでもついて行く。彼らは、神と小羊とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である。 5彼らの口には偽りがなく、彼らは傷のない者であった。 6わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音をたずさえてきて、 7大声で言った、「」。 8また、ほかの第二の御使が、続いてきて言っ神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝めた、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。その不品行に対する激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者」。 9ほかの第三の御使が彼らに続いてきて、大声で言った、「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、 10神の怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、神の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる。 11その苦しみの煙は世々限りなく立ちのぼり、そして、獣とその像とを拝む者、また、だれでもその名の刻印を受けている者は、昼も夜も休みが得られない。 12ここに、神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ちつづける聖徒の忍耐がある」。 13またわたしは、天からの声がこう言うのを聞いた、「書きしるせ、『今から後、主にあって死ぬ死人はさいわいである』」。御霊も言う、「しかり、彼らはその労苦を解かれて休み、そのわざは彼らについていく」。 14また見ていると、見よ、白い雲があって、その雲の上に人の子のような者が座しており、頭には金の冠をいただき、手には鋭いかまを持っていた。 15すると、もうひとりの御使が聖所から出てきて、雲の上に座している者にむかって大声で叫んだ、「かまを入れて刈り取りなさい。地の穀物は全く実り、刈り取るべき時がきた」。 16雲の上に座している者は、そのかまを地に投げ入れた。すると、地のものが刈り取られた。 17また、もうひとりの御使が、天の聖所から出てきたが、彼もまた鋭いかまを持っていた。 18さらに、もうひとりの御使で、火を支配する権威を持っている者が、祭壇から出てきて、鋭いかまを持つ御使にむかい、大声で言った、「その鋭いかまを地に入れて、地のぶどうのふさを刈り集めなさい。ぶどうの実がすでに熟しているから」。 19そこで、御使はそのかまを地に投げ入れて、地のぶどうを刈り集め、神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ込んだ。 20そして、その酒ぶねが都の外で踏まれた。すると、酒ぶねから流れ出て、馬のくつわにとどくほどになり、一千六百丁にわたってひろがった。

 

ヨハネの黙示録 15章

1またわたしは、天に大いなる驚くべきほかのしるしを見た。七人の御使が、最後の七つの災害を携えていた。これらの災害で神の激しい怒りがその頂点に達するのである。 2またわたしは、火のまじったガラスの海のようなものを見た。そして、このガラスの海のそばに、獣とその像とその名の数字とにうち勝った人々が、神の立琴を手にして立っているのを見た。 3彼らは、神の僕モーセの歌と小羊の歌とを歌って言った、「全能者にして主なる神よ。あなたのみわざは、大いなる、また驚くべきものであります。万民の王よ、あなたの道は正しく、かつ真実であります。 4主よ、あなたをおそれず、御名をほめたたえない者が、ありましょうか。あなただけが聖なるかたであり、あらゆる国民はきて、あなたを伏し拝むでしょう。あなたの正しいさばきが、あらわれるに至ったからであります」。 5その後、わたしが見ていると、天にある、あかしの幕屋の聖所が開かれ、 6その聖所から、七つの災害を携えている七人の御使が、汚れのない、光り輝く亜麻布を身にまとい、金の帯を胸にしめて、出てきた。 7そして、四つの生き物の一つが、世々限りなく生きておられる神の激しい怒りの満ちた七つの金の鉢を、七人の御使に渡した。 8すると、聖所は神の栄光とその力とから立ちのぼる煙で満たされ、七人の御使の七つの災害が終ってしまうまでは、だれも聖所にはいることができなかった。

 

ヨハネの黙示録 16章

1それから、大きな声が聖所から出て、七人の御使にむかい、「さあ行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に傾けよ」と言うのを聞いた。 2そして、第一の者が出て行って、その鉢を地に傾けた。すると、獣の刻印を持つ人々と、その像を拝む人々とのからだに、ひどい悪性のでき物ができた3第二の者が、その鉢を海に傾けた。すると、海は死人の血のようになって、その中の生き物がみな死んでしまった。 4第三の者がその鉢を川と水の源とに傾けた。すると、みな血になった。 5それから、水をつかさどる御使がこう言うのを、聞いた、「今いまし、昔いませる聖なる者よ。このようにお定めになったあなたは、正しいかたであります。 6聖徒と預言者との血を流した者たちに、血をお飲ませになりましたが、それは当然のことであります」。 7わたしはまた祭壇がこう言うのを聞いた、「全能者にして主なる神よ。しかり、あなたのさばきは真実で、かつ正しいさばきであります」。 8第四の者が、その鉢を太陽に傾けた。すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。 9人々は、激しい炎熱で焼かれたが、これらの災害を支配する神の御名を汚し、悔い改めて神に栄光を帰することをしなかった。 10第五の者が、その鉢を獣の座に傾けた。すると、獣の国は暗くなり、人々は苦痛のあまり舌をかみ、 11その苦痛とでき物とのゆえに、天の神をのろった。そして、自分の行いを悔い改めなかった。 12第六の者が、その鉢を大ユウフラテ川に傾けた。すると、その水は、日の出る方から来る王たちに対し道を備えるために、かれてしまった。 13また見ると、龍の口から、獣の口から、にせ預言者の口から、かえるのような三つの汚れた霊が出てきた。 14これらは、しるしを行う悪霊の霊であって、全世界の王たちのところに行き、彼らを召集したが、それは、全能なる神の大いなる日に、戦いをするためであった。 15(見よ、わたしは盗人のように来る。裸のままで歩かないように、また、裸の恥を見られないように、目をさまし着物を身に着けている者は、さいわいである。) 16三つの霊は、ヘブル語ハルマゲドンという所に、王たちを召集した。 17第七の者が、その鉢を空中に傾けた。すると、大きな声が聖所の中から、御座から出て、「事はすでに成った」と言った。 18すると、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴とが起り、また激しい地震があった。それは人間が地上にあらわれて以来、かつてなかったようなもので、それほどに激しい地震であった。 19大いなる都は三つに裂かれ、諸国民の町々は倒れた。神は大いなるバビロンを思い起し、これに神の激しい怒りのぶどう酒の杯を与えられた。 20島々はみな逃げ去り、山々は見えなくなった。 21また一タラントの重さほどの大きな雹が、天から人々の上に降ってきた。人々は、この雹の災害のゆえに神をのろった。その災害が、非常に大きかったからである。

 

ヨハネの黙示録 17章

1それから、七つの鉢を持つ七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。多くの水の上にすわっている大淫婦に対するさばきを、見せよう。 2地の王たちはこの女と姦淫を行い、地に住む人々はこの女の姦淫のぶどう酒に酔いしれている」。 3御使は、わたしを御霊に感じたまま、荒野へ連れて行った。わたしは、そこでひとりの女が赤い獣に乗っているのを見た。その獣は神を汚すかずかずの名でおおわれ、また、それに七つの頭と十の角とがあった。 4この女は紫と赤の衣をまとい、金と宝石と真珠とで身を飾り、憎むべきものと自分の姦淫の汚れとで満ちている金の杯を手に持ち、 5その額には、一つの名がしるされていた。それは奥義であって、「大いなるバビロン、淫婦どもと地の憎むべきものらとの母」というのであった。 6わたしは、この女が聖徒の血とイエスの証人の血に酔いしれているのを見た。この女を見た時、わたしは非常に驚きあやしんだ。 7すると、御使はわたしに言った、「なぜそんなに驚くのか。この女の奥義と、女を乗せている七つの頭と十の角のある獣の奥義とを、話してあげよう。 8あなたの見た獣は、昔はいたが、今はおらず、そして、やがて底知れぬ所から上ってきて、ついには滅びに至るものである。地に住む者のうち、世の初めからいのちの書に名をしるされていない者たちは、この獣が、昔はいたが今はおらず、やがて来るのを見て、驚きあやしむであろう。 9ここに、知恵のある心が必要である。七つの頭は、この女のすわっている七つの山であり、また、七人の王のことである。 10そのうちの五人はすでに倒れ、ひとりは今おり、もうひとりは、まだきていない。それが来れば、しばらくの間だけおることになっている。 11昔はいたが今はいないという獣は、すなわち第八のものであるが、またそれは、かの七人の中のひとりであって、ついには滅びに至るものである。 12あなたの見た十の角は、十人の王のことであって、彼らはまだ国を受けてはいないが、獣と共に、一時だけ王としての権威を受ける。 13彼らは心をひとつにしている。そして、自分たちの力と権威とを獣に与える。 14彼らは小羊に戦いをいどんでくるが、小羊は、主の主、王の王であるから、彼らにうち勝つ。また、小羊と共にいる召された、選ばれた、忠実な者たちも、勝利を得る」。 15御使はまた、わたしに言った、「あなたの見た水、すなわち、淫婦のすわっている所は、あらゆる民族、群衆、国民、国語である。 16あなたの見た十の角と獣とは、この淫婦を憎み、みじめな者にし、裸にし、彼女の肉を食い、火で焼き尽すであろう。 17神は、御言が成就する時まで、彼らの心の中に、御旨を行い、思いをひとつにし、彼らの支配権を獣に与える思いを持つようにされたからである。 18あなたの見たかの女は、地の王たちを支配する大いなる都のことである」。

 

ヨハネの黙示録 18章

1この後、わたしは、もうひとりの御使が、大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。地は彼の栄光によって明るくされた。 2彼は力強い声で叫んで言った、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった3すべての国民は、彼女の姦淫に対する激しい怒りのぶどう酒を飲み、地の王たちは彼女と姦淫を行い、地上の商人たちは、彼女の極度のぜいたくによって富を得たからである」。 4わたしはまた、もうひとつの声が天から出るのを聞いた、「わたしの民よ。彼女から離れ去って、その罪にあずからないようにし、その災害に巻き込まれないようにせよ。 5彼女の罪は積り積って天に達しており、神はその不義の行いを覚えておられる。 6彼女がしたとおりに彼女にし返し、そのしわざに応じて二倍に報復をし、彼女が混ぜて入れた杯の中に、その倍の量を、入れてやれ。 7彼女が自ら高ぶり、ぜいたくをほしいままにしたので、それに対して、同じほどの苦しみと悲しみとを味わわせてやれ。彼女は心の中で『わたしは女王の位についている者であって、やもめではないのだから、悲しみを知らない』と言っている。 8それゆえ、さまざまの災害が、死と悲しみとききんとが、一日のうちに彼女を襲い、そして、彼女は火で焼かれてしまう。彼女をさばく主なる神は、力強いかたなのである。 9彼女と姦淫を行い、ぜいたくをほしいままにしていた地の王たちは、彼女が焼かれる火の煙を見て、彼女のために胸を打って泣き悲しみ、 10彼女の苦しみに恐れをいだき、遠くに立って言うであろう、『ああ、わざわいだ、大いなる都、不落の都、バビロンは、わざわいだ。おまえに対するさばきは、一瞬にしてきた』。 11また、地の商人たちも彼女のために泣き悲しむ。もはや、彼らの商品を買う者が、ひとりもないからである。 12その商品は、金、銀、宝石、真珠、麻布、紫布、絹、緋布、各種の香木、各種の象牙細工、高価な木材、銅、鉄、大理石などの器、 13肉桂、香料、香、におい油、乳香、ぶどう酒、オリブ油、麦粉、麦、牛、羊、馬、車、奴隷、そして人身などである。 14おまえの心の喜びであったくだものはなくなり、あらゆるはでな、はなやかな物はおまえから消え去った。それらのものはもはや見られない。 15これらの品々を売って、彼女から富を得た商人は、彼女の苦しみに恐れをいだいて遠くに立ち、泣き悲しんで言う、 16『ああ、わざわいだ、麻布と紫布と緋布をまとい、金や宝石や真珠で身を飾っていた大いなる都は、わざわいだ。 17これほどの富が、一瞬にして無に帰してしまうとは』。また、すべての船長、航海者、水夫、すべて海で働いている人たちは、遠くに立ち、 18彼女が焼かれる火の煙を見て、叫んで言う、『これほどの大いなる都は、どこにあろう』。 19彼らは頭にちりをかぶり、泣き悲しんで叫ぶ、『ああ、わざわいだ、この大いなる都は、わざわいだ。そのおごりによって、海に舟を持つすべての人が富を得ていたのに、この都も一瞬にして無に帰してしまった』。 20天よ、聖徒たちよ、使徒たちよ、預言者たちよ。この都について大いに喜べ。神は、あなたがたのために、この都をさばかれたのである」21すると、ひとりの力強い御使が、大きなひきうすのような石を持ちあげ、それを海に投げ込んで言った、「大いなる都バビロンは、このように激しく打ち倒され、そして、全く姿を消してしまう。 22また、おまえの中では、立琴をひく者、歌を歌う者、笛を吹く者、ラッパを吹き鳴らす者の楽の音は全く聞かれず、あらゆる仕事の職人たちも全く姿を消し、また、ひきうすの音も、全く聞かれない。 23また、おまえの中では、あかりもともされず、花婿、花嫁の声も聞かれない。というのは、おまえの商人たちは地上で勢力を張る者となり、すべての国民はおまえのまじないでだまされ、 24また、預言者や聖徒の血、さらに、地上で殺されたすべての者の血が、この都で流されたからである」。

 

ヨハネの黙示録 19章

1この後、わたしは天の大群衆が大声で唱えるような声を聞いた、「ハレルヤ、救と栄光と力とは、われらの神のものであり、 2そのさばきは、真実で正しい。神は、姦淫で地を汚した大淫婦をさばき、神の僕たちの血の報復を彼女になさったからである」。 3再び声があって、「ハレルヤ、彼女が焼かれる火の煙は、世々限りなく立ちのぼる」と言った。 4すると、二十四人の長老と四つの生き物とがひれ伏し、御座にいます神を拝して言った、「アァメン、ハレルヤ」。 5その時、御座から声が出て言った、「すべての神の僕たちよ、神をおそれる者たちよ。小さき者も大いなる者も、共に、われらの神をさんびせよ」。 6わたしはまた、大群衆の声、多くの水の音、また激しい雷鳴のようなものを聞いた。それはこう言った、「ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は、王なる支配者であられる。 7わたしたちは喜び楽しみ、神をあがめまつろう。小羊の婚姻の時がきて、花嫁はその用意をしたからである。 8彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許された。この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」。 9それから、御使はわたしに言った、「書きしるせ。小羊の婚宴に招かれた者は、さいわいである」。またわたしに言った、「これらは、神の真実の言葉である」10そこで、わたしは彼の足もとにひれ伏して、彼を拝そうとした。すると、彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたと同じ僕仲間であり、またイエスのあかしびとであるあなたの兄弟たちと同じ僕仲間である。ただ神だけを拝しなさい。エスのあかしは、すなわち預言の霊である」。 11またわたしが見ていると、天が開かれ、見よ、そこに白い馬がいた。それに乗っているかたは、「忠実で真実な者」と呼ばれ、義によってさばき、また、戦うかたである。 12その目は燃える炎であり、その頭には多くの冠があった。また、彼以外にはだれも知らない名がその身にしるされていた。 13彼は血染めの衣をまとい、その名は「神の言と呼ばれた。 14そして、天の軍勢が、純白で、汚れのない麻布の衣を着て、白い馬に乗り、彼に従った。 15その口からは、諸国民を打つために、鋭いつるぎが出ていた。彼は、鉄のつえをもって諸国民を治め、また、全能者なる神の激しい怒りの酒ぶねを踏む。 16その着物にも、そのももにも、「王の王、主の主」という名がしるされていた。 17また見ていると、ひとりの御使が太陽の中に立っていた。彼は、中空を飛んでいるすべての鳥にむかって、大声で叫んだ、「さあ、神の大宴会に集まってこい。 18そして、王たちの肉、将軍の肉、勇者の肉、馬の肉、馬に乗っている者の肉、また、すべての自由人と奴隷との肉、小さき者と大いなる者との肉をくらえ」。 19なお見ていると、獣と地の王たちと彼らの軍勢とが集まり、馬に乗っているかたとその軍勢とに対して、戦いをいどんだ。 20しかし、獣は捕えられ、また、この獣の前でしるしを行って、獣の刻印を受けた者とその像を拝む者とを惑わしたにせ預言者も、獣と共に捕えられた。そして、この両者とも、生きながら、硫黄の燃えている火の池に投げ込まれた。 21それ以外の者たちは、馬に乗っておられるかたの口から出るつるぎで切り殺され、その肉を、すべての鳥が飽きるまで食べた。

 

ヨハネの黙示録 20章

1またわたしが見ていると、ひとりの御使が、底知れぬ所のかぎと大きな鎖とを手に持って、天から降りてきた。 2彼は、悪魔でありサタンである龍すなわち、かの年を経たへびを捕えて千年の間つなぎおき、 3そして、底知れぬ所に投げ込み、入口を閉じてその上に封印し、千年の期間が終るまで、諸国民を惑わすことがないようにしておいた。その後、しばらくの間だけ解放されることになっていた。 4また見ていると、かず多くの座があり、その上に人々がすわっていた。そして、彼らにさばきの権が与えられていた。また、エスのあかしをし神の言を伝えたために首を切られた人々の霊がそこにおり、また、獣をもその像をも拝まず、その刻印を額や手に受けることをしなかった人々がいた。彼らは生きかえって、キリストと共に千年の間、支配した。 5それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。 6この第一の復活にあずかる者は、さいわいな者であり、また聖なる者である。この人たちに対しては、第二の死はなんの力もない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年の間、支配する。 千年の期間が終ると、サタンはその獄から解放される。 8そして、出て行き、地の四方にいる諸国民、すなわちゴグ、マゴグを惑わし、彼らを戦いのために召集する。その数は、海の砂のように多い。 9彼らは地上の広い所に上ってきて、聖徒たちの陣営と愛されていた都とを包囲した。すると、天から火が下ってきて、彼らを焼き尽した。 10そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。 11また見ていると、大きな白い御座があり、そこにいますかたがあった。天も地も御顔の前から逃げ去って、あとかたもなくなった。 12また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。 13海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた14それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である15このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

 

ヨハネの黙示録 21章

1わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。 2また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。 3また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 4人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。 5すると、御座にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。 6そして、わたしに仰せられた、「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。 7勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる8しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である」。 9最後の七つの災害が満ちている七つの鉢を持っていた七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。小羊の妻なる花嫁を見せよう」。 10この御使は、わたしを御霊に感じたまま、大きな高い山に連れて行き、聖都エルサレムが、神の栄光のうちに、神のみもとを出て天から下って来るのを見せてくれた。 11その都の輝きは、高価な宝石のようであり、透明な碧玉のようであった。 12それには大きな、高い城壁があって、十二の門があり、それらの門には、十二の御使がおり、イスラエルの子らの十二部族の名が、それに書いてあった。 13東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。 14また都の城壁には十二の土台があり、それには小羊の十二使徒の十二の名が書いてあった。 15わたしに語っていた者は、都とその門と城壁とを測るために、金の測りざおを持っていた。 16都は方形であって、その長さと幅とは同じである。彼がその測りざおで都を測ると、一万二千丁であった。長さと幅と高さとは、いずれも同じである。 17また城壁を測ると、百四十四キュビトであった。これは人間の、すなわち、御使の尺度によるのである。 18城壁は碧玉で築かれ、都はすきとおったガラスのような純金で造られていた。 19都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。第一の土台は碧玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、第四は緑玉、 20第五は縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。 21十二の門は十二の真珠であり、門はそれぞれ一つの真珠で造られ、都の大通りは、すきとおったガラスのような純金であった。 22わたしは、この都の中には聖所を見なかった。全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。 23都は、日や月がそれを照す必要がない。神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。 24諸国民は都の光の中を歩き、地の王たちは、自分たちの光栄をそこに携えて来る。 25都の門は、終日、閉ざされることはない。そこには夜がないからである。 26人々は、諸国民の光栄とほまれとをそこに携えて来る。 27しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、その中に決してはいれない。はいれる者は、小羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。

 

ヨハネの黙示録 22章

1御使はまた、水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。この川は、神と小羊との御座から出て、 2都の大通りの中央を流れている。川の両側にはいのちの木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす。 3のろわるべきものは、もはや何ひとつない。神と小羊との御座は都の中にあり、その僕たちは彼を礼拝し、 4御顔を仰ぎ見るのである。彼らの額には、御名がしるされている。 5夜は、もはやない。あかりも太陽の光も、いらない。主なる神が彼らを照し、そして、彼らは世々限りなく支配する。 6彼はまた、わたしに言った、「これらの言葉は信ずべきであり、まことである。預言者たちのたましいの神なる主は、すぐにも起るべきことをその僕たちに示そうとして、御使をつかわされたのである。 7見よ、わたしは、すぐに来る。この書の預言の言葉を守る者は、さいわいである」。 8これらのことを見聞きした者は、このヨハネである。わたしが見聞きした時、それらのことを示してくれた御使の足もとにひれ伏して拝そうとすると、 9彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書の言葉を守る者たちと、同じ僕仲間である。ただ神だけを拝しなさい」。 10またわたしに言った、「この書の預言の言葉を封じてはならない。時が近づいているからである。 11不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ」。 12「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。 13わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。 14いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。 15犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている16わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」。 17御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。かわいている者はここに来るがよい。いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。 18この書の預言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。 19また、もしこの預言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。 20これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。 21主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。

置き換え神学とは

置換神学(ちかんしんがく)

 旧約のイスラエルは見捨てられ、教会霊的なイスラエルとなったというのが置換神学の立場です。つまり、聖書の人類救済史上のイスラエルの役割は、キリストが世に来られることで終わった。イスラエル民族はキリストを拒否したので、今やのろいの下にある。キリストを信じる異邦人教会こそが、真の神の民、霊的イスラエルであるというのです。イスラエル民族が異邦人教会に置きかえられたため、置換神学という名がつけられました。英語では、「Replacement Theology」と言います。

この立場は、最近主張され始めたものではなく、教会史の中では、教会教父時代にその源を発し、ルターや他の宗教改革者たちによっても受け入れられてきたものです。また特定の民族を選民と考えることに対してある種の抵抗感がある現代人にとっては、比較的抵抗なく受け入れられる素地があります。

20 世紀になってユダヤ人の中でイエスをメシア(救い主)と信じる人が起こされてきた理由の一つは、多くのクリスチャンたちが置換神学の間違いに気づき始め、ユダヤ人の救いのために祈り始めたことにあります。ユダヤ人とクリスチャンの間に、「イエス・キリストを信じることは、ユダヤ人でなくなることではなく、むしろユダヤ人として完成されることである」との認識が広まってきたことも、重要な要因です。

seishonyumon.com

 

以上のように

聖書に書かれている「イスラエル」と記載されているところを

AD70年にイスラエル民族が離散し、イスラエルという国がなくなったことから、

異邦人教会、あるいは霊的イスラエルと置き換えて読むようになったのです。

 

 

エゼキエル書38章

14それゆえ、人の子よ、ゴグに預言して言え。主なる神はこう言われる、わが民イスラエルの安らかに住むその日に、あなたは立ちあがり、 15北の果のあなたの所から来る。多くの民はあなたと共におり、みな馬に乗り、その軍隊は大きく、その兵士は強い。 16あなたはわが民イスラエルに攻めのぼり、雲のように地をおおう。ゴグよ、終りの日にわたしはあなたを、わが国に攻めきたらせ、あなたをとおして、わたしの聖なることを諸国民の目の前にあらわして、彼らにわたしを知らせる。

 

 

のエゼキエル38章はこれからロシアがイスラエルに攻め込むその日に、神の介入があると預言されているところです。

 

置き換え神学では「イスラエル」を「異邦人教会」として理解していたため、聖書をしっかりと理解することはできなかったのではないでしょうか。

 

 

1948年5月14日のイスラエル建国によって、旧約聖書新約聖書ともに「イスラエル」を文字通りイスラエルと読むことによって、正しい聖書理解ができるようになりました。

 

約1880年間も存在していなかった「イスラエル」という国が再建すると信じることは難しかったのではないでしょうか。

 

しかし、約2600年前に書かれたエゼキエル書37章では、イスラエルの再建についての預言が明確に記されています。

 

1主の手がわたしに臨み、主はわたしを主の霊に満たして出て行かせ、谷の中にわたしを置かれた。そこには骨が満ちていた。 2彼はわたしに谷の周囲を行きめぐらせた。見よ、谷の面には、はなはだ多くの骨があり、皆いたく枯れていた。 3彼はわたしに言われた、「人の子よ、これらの骨は、生き返ることができるのか」。わたしは答えた、「主なる神よ、あなたはご存じです」。 4彼はまたわたしに言われた、「これらの骨に預言して、言え。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。 5主なる神はこれらの骨にこう言われる、見よ、わたしはあなたがたのうちに息を入れて、あなたがたを生かす。 6わたしはあなたがたの上に筋を与え、肉を生じさせ、皮でおおい、あなたがたのうちに息を与えて生かす。そこであなたがたはわたしが主であることを悟る」。 7わたしは命じられたように預言したが、わたしが預言した時、声があった。見よ、動く音があり、骨と骨が集まって相つらなった。 8わたしが見ていると、その上に筋ができ、肉が生じ、皮がこれをおおったが、息はその中になかった。 9時に彼はわたしに言われた、「人の子よ、息に預言せよ、息に預言して言え。主なる神はこう言われる、息よ、四方から吹いて来て、この殺された者たちの上に吹き、彼らを生かせ」。 10そこでわたしが命じられたように預言すると、息はこれにはいった。すると彼らは生き、その足で立ち、はなはだ大いなる群衆となった。 11そこで彼はわたしに言われた、「人の子よ、これらの骨はイスラエルの全家である。見よ、彼らは言う、『われわれの骨は枯れ、われわれの望みは尽き、われわれは絶え果てる』と。 12それゆえ彼らに預言して言え。主なる神はこう言われる、わが民よ、見よ、わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓からとりあげて、イスラエルの地にはいらせる。 13わが民よ、わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓からとりあげる時、あなたがたは、わたしが主であることを悟る。 14わたしがわが霊を、あなたがたのうちに置いて、あなたがたを生かし、あなたがたをその地に安住させる時、あなたがたは、主なるわたしがこれを言い、これをおこなったことを悟ると、主は言われる」。 15主の言葉がわたしに臨んだ、 16「人の子よ、あなたは一本の木を取り、その上に『ユダおよびその友であるイスラエルの子孫のために』と書き、また一本の木を取って、その上に『ヨセフおよびその友であるイスラエルの全家のために』と書け。これはエフライムの木である。 17あなたはこれらを合わせて、一つの木となせ。これらはあなたの手で一つになる。 18あなたの民の人々があなたに向かって、『これはなんのことであるか、われわれに示してくれないか』と言う時は、 19これに言え、主なる神はこう言われる、見よ、わたしはエフライムの手にあるヨセフと、その友であるイスラエルの部族の木を取り、これをユダの木に合わせて、一つの木となす。これらはわたしの手で一つとなる。 20あなたが文字を書いた木が、彼らの目の前で、あなたの手にあるとき、 21あなたは彼らに言え。主なる神は、こう言われる、見よ、わたしはイスラエルの人々を、その行った国々から取り出し、四方から彼らを集めて、その地にみちびき、 22その地で彼らを一つの民となしてイスラエルの山々におらせ、ひとりの王が彼ら全体の王となり、彼らは重ねて二つの国民とならず、再び二つの国に分れない。 23彼らはまた、その偶像と、その憎むべきことどもと、もろもろのとがとをもって、身を汚すことはない。わたしは彼らを、その犯したすべての背信から救い出して、これを清める。そして彼らはわが民となり、わたしは彼らの神となる。 24わがしもべダビデは彼らの王となる。彼らすべての者のために、ひとりの牧者が立つ。彼らはわがおきてに歩み、わが定めを守って行う。 25彼らはわがしもべヤコブに、わたしが与えた地に住む。これはあなたがたの先祖の住んだ所である。そこに彼らと、その子らと、その子孫とが永遠に住み、わがしもべダビデが、永遠に彼らの君となる。 26わたしは彼らと平和の契約を結ぶ。これは彼らの永遠の契約となる。わたしは彼らを祝福し、彼らをふやし、わが聖所を永遠に彼らの中に置く。 27わがすみかは彼らと共にあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわが民となる。 28そしてわが聖所が永遠に、彼らのうちにあるようになるとき、諸国民は主なるわたしが、イスラエルを聖別する者であることを悟る」。

 

www.gotquestions.org

ティーチングレター「置換神学とは? Part-1」|B.F.P. Japan