世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

携挙がある意味とは What is the meaning of rapture?

f:id:yotutaka:20170524193144j:plain

 

 

ノアの方舟の際には神は人をノアの家族8人のみを残しました。(旧約聖書 創世記6章)

 

ノアとは、創造主が創造した第一の人アダムから数えて、10代目の人物です。

 

ノアの方舟とは、余りにも世の人々が悪に染まっていたために、創造主がノアの家族以外の人々を全て滅ぼす計画でした。

 

神を信ずるノアに全長135メートルもある方舟作らせました。

他の人は神などいないと悪に染まり、自己中心に生きていました。

神を信じる心があれば、ノアに賛同し、共に神を信じ船を作ることに協力もできたはずです。しかし、ノアの家族以外にはそのような人はなく、神自身が方舟の扉を閉めました。

創世記7章16

そこで主(神)は彼のうしろの戸を閉ざされた。

 

ノアの家族8人とその他動物のつがいを乗せ、すべての陸が神により沈められ、すべての人が滅ぼされました。

 

true-ark.com

 

携挙は「ノアの時」のようとも言われています。

 

 マタイによる福音書 24

36その日、その時は、だれも知らない。(携挙の時)天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。

37人の子の現れる(空中再臨)のも、ちょうどノアの時のようであろう。

38すなわち、洪水の出る前、ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。

39そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。人の子の現れるのも、そのようであろう。

40そのとき、ふたりの者が畑にいると、ひとりは取り去られ(携挙)、ひとりは取り残されるであろう。

41ふたりの女がうすをひいていると、ひとりは取り去られ(携挙)、ひとりは残されるであろう。

42だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、あなたがたには、わからないからである。

43このことをわきまえているがよい。家の主人は、盗賊がいつごろ来るかわかっているなら、目をさましていて、自分の家に押し入ることを許さないであろう。

44だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時人の子が来るからである。

45主人がその家の僕たちの上に立てて、時に応じて食物をそなえさせる忠実な思慮深い僕は、いったい、だれであろう。

46主人が帰ってきたとき、そのようにつとめているのを見られる僕は、さいわいである。

47よく言っておくが、主人は彼を立てて自分の全財産を管理させる神の国を引き継ぐ)であろう。

48もしそれが悪い僕であって、自分の主人は帰りがおそいと心の中で思い、

49その僕仲間をたたきはじめ、また酒飲み仲間と一緒に食べたり飲んだりしているなら、

50その僕の主人は思いがけない日、気がつかない時に帰ってきて、

51彼を厳罰に処し、偽善者たちと同じ目にあわせるであろう。彼はそこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。

 

 

携挙の際には、

過去にイエスキリストを信じ、亡くなったクリスチャンの方々がまず復活し、よみがえります。

 

そして携挙の際に生きている真のクリスチャンも空中に引き上げられイエスキリストに迎えられます。

 

この復活した過去のクリスチャンと生きたままのクリスチャンをイエスキリストが空中まで迎えに来ることを空中再臨といいます。

 

 

 

 

携挙の際に引き挙げられたクリスチャンの方々は

天でイエスキリストと共に7年間過ごします。

そして年後、イエスキリストと共に地上に降り、千年王国を築きます。

 

一方、携挙後の地上では、イスラエルと反キリストが年間の平和条約を結び、そこから大艱難時代へと突入します。

 

ノアの時代には全ての人が滅ぼされましたが、大艱難時代にはまだ人は命を奪われていません。

 

つまりまだ、神へ立ち帰れば、

エスキリストが神の御子であり、全ての人の身代わりとして十字架にかけられ、墓に葬られ、三日後に神が復活させられたことを信じることができれば、この「福音」を得ることができればまだ天国への道、神と共に住む永遠の命への望みが残されているのです。

 

 

聖書には、福音を得たものは携挙によって引きあげられ、イエスキリストと出会い、7年間天で過ごすことが書かれています。

 

一斉に世の中からクリスチャンが消えることで、本当に神が実在し、イエスキリストが神であり、神の御子であることがわかるのです。

 

 

携挙があることによって真のクリスチャンは大艱難時代を過ごすことはありません。

 

そして真の信仰がなかった、携挙に備えていなかったクリスチャンが、携挙によって、創造主、イエスキリスト、聖霊の存在を信じることになるでしょう。

 

福音を伝えていた真のクリスチャンが携挙によっていなくなることによって、

その真のクリスチャンから福音を聞いていたが信じなかった、家族、親族、友人、などの福音を伝えられた人々が、「あー、本当に、彼が、彼女が言っていた、あの福音は本当だったんだ!!!」と知ることができ、7年間の大艱難時代を最後まで創造主をイエスキリストを信じぬくことができれば天国に必ず行けることがわかるのです。

 

 

 

 

大艱難時代はいわば、神に立ち帰るのか、悪に従い地獄に落ちるのかの最期の選択の時です。

 

 

しかしこれも神の最後の愛です。

 

大艱難時代がなければ、神に立ち帰ることもなく、イエスキリストを信ずることなく

ただ自己中心に生き、神ではない偶像を神としてしまった過ちに気付くことなく死んでいくことは、神から離れた永遠の地獄を意味します。

hukuinn.hatenablog.com

 

携挙は全ての人が神に気づく機会です。

 

聖書にはヨハネの黙示録において7年間の大艱難時代の詳細な内容が書かれています。

 

大艱難時代においてイエスキリストを信仰することはまさに命がけです。

 

今は平和で安全な時です。しかし聖書ではそのような時代に不意に滅びが始まると書かれています。

 

私は今、大艱難時代に入るまでに福音を得られたことを心から神に感謝しています。

 

再臨と終末預言 - 牧師の書斎

 

 

f:id:yotutaka:20170518171316j:plain

 

2017-01-01から1年間の記事一覧 - 世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.comhttp://hukuinn.hatenablog.com/entry/2017/04/14/122318

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

聖書

  • Life.Church
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

play.google.com

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com