世界一簡単な福音の受け取り方 How to receive the simplest gospel in the world

このブログを読んでいただける皆様へ福音が伝わり、イエス・キリストの御名により、神の救いとめぐみが皆様にあたえられますように

聖書はすごい!面白い! The Bible is amazing! interesting!

今、現在の状況は聖書に書かれている預言が非常に早まっています。

そのこともあって皆さんに早く福音を得ていただきたい気持ちが強すぎて

深刻な話ばかりをしてきました。

 

今回は深刻な話ばかりでなく聖書の面白さ すばらしさ 驚愕する ことをお伝えしたいと思います。

 

ころで皆さんは好きな歴史上の人物はいらっしゃいませんか?

 

日本人なら、例えば幕末の志士 坂本龍馬は好きな方も多いのではないでしょうか?

若くして日本のために命懸けで頑張ってくれたので好きだという方

あるいは土佐藩出身で同郷であるから誇りに思っている方

同時代に生きていた祖先が代々坂本龍馬の素晴らしさを伝え聞いて好きな方

テレビで坂本龍馬の歴史を学んで好きになった方

坂本龍馬のことが書かれた小説を読んで好きになった方。

現在坂本竜馬が日本人が愛されるのは、坂本龍馬が何をしたのかよく知っているから好きということになるのではないでしょうか?

 

小説「竜馬がゆく司馬遼太郎さんが書かれましたが、私も遠い昔に読みました。

土佐弁で竜馬が本当に話しているように感じて小説に引き込まれました。

本当に竜馬の心の内を見たかのように、

幼少時代に気の弱かった竜馬が姉に鍛えられ、話している姿も目に浮かぶようでした。

竜馬がゆく」は本当に面白く、あっとゆう間に全て読んだと思います。

おそらく作者の司馬さんは相当な資料を集め、当時の歴史の背景を学び、研究に研究を重ねて、まさにその当時の幕末の志士の気持ちになったかのように書かれたためにこんなにも日本人に愛される小説、坂本龍馬のイメージが作られたのではないでしょうか。

しかし、小説で語られる坂本龍馬と、現実に日常生活を過ごした坂本龍馬は一致しているのでしょうか?

作者である司馬さんは時代が違いますので、その時代の実際の現状を全て理解するのは不可能ではないでしょうか?もちろん坂本龍馬とは実際に話すことはできなかったのですから。

もちろん小説ですので脚色や作者のイメージが含まれるのではないでしょうか?

私も好きですよ「竜馬がゆく

そして坂本龍馬

 

しかし、もっと好きな本があります、

お分かりだと思いますが聖書です!

聖書は全てイエスキリストについて書かれています。

旧約聖書はイエスキリストが世に来られる1500年前から書かれ、

エスキリストについて書いていることがわかります。

生まれる前からどこの家系で、どこの場所で、どういうことをして、最後に人々の罪を背負って十字架にかかり、三日後に復活することが書かれています。

これだけでもすごいのですが、

しかも新約聖書には4つの福音書というものがあります。

エスキリストと共に過ごした弟子は12人いますがそのうちのマタイ ルカ マルコ ヨハネの4人の弟子がそれぞれが福音書を書きました。

実際に見たこと、目の前で起こったこと、そして実際にイエスキリストが語られたそのままの言葉が正確に書き記されています。

ですのでイエスキリストが実際に行った、教えた、語ったことを弟子である4人が各自で書いた福音書が4つ残されています。

 

 歴史小説は作者が過去の残されたものだけの資料、しかもそれが本物かどうか確認しようがない資料も含めた上で、作者がその当時の主人公の気持ちや動きを推理して書いたものですが、

 

聖書は約2000年前に実際に目の前で起こったことを、見たままに、それぞれ4人の別の作者が同じ内容で書き記しています。それゆえにその真実性、その信ぴょう性があります。

そしてその主人公であるイエスキリストが話した言葉がそのまま伝えられています。

つまりは2000年前のイエスキリストが人々に教え、語った言葉、その実際の声が聖書を開き読むことで聞くことが出来るのです!

 

いやー! すごいですよ聖書は! 神が作ったこの聖書は! こんな本が人間に考えられるわけがありません! しかも何回読んでも飽きません! 私は毎日読んでいます。 少し読んでも新たな発見が! 少し読めば今の私に必要なことが! 少し読めば今のニュースと関係していることが 読めば読むほど神の愛情がわかり、読めば読むほどイエスキリストのことがわかり、読めば読むほど聖霊の働きとともに聖書の奥深さがわかります。しかも底なしの奥深さです! 「すごい!!!」としか言いようがありません!

 

しかもいいですか。聖書は現実とつながっていますから

皆さんも登場人物なのですよ!!!!!!

 

聖書の終りは、はっきりと書かれています。

今がどの時代であるかも、はっきりわかります。

 

しかし現実はまだ終わっていません。

これから聖書と現実が重なり合って完結を迎えていきます。

竜馬がゆく」を読まなくても失うものは何もありませんが、

聖書を読まなければ永遠の命を失うのです。

 

聖書は、現実は、その登場人物である、現代の人それぞれが、主人公であるイエスキリストを信じ、主人公であるイエスキリストの言葉を守り、最後に主人公であるイエスキリストに会うことができるのが聖書の最大の真実です。

恋愛小説で例えるなら離ればなれになっていた男女が苦難の末に巡り会うような最高潮の場面です。聖書ではイエスキリストを花婿 イエスキリストを信じる人を花嫁に例えます。

ですので皆さんはこれから聖書を読み福音を得ることで、この、主人公であるイエスキリストに会うことができるのです!

最後の結末はわかっています。イエスキリストを信じたものはハッピーエンド!

そして永遠の命! 永遠の天国です!

 

一方、聖書を読まず、イエスキリストを信じず、神に頼らず、神の創造した地球で、自分の力だけで生きよう、あるいは悪と手を組み繁栄しようとするもの、悪に利用されるもの、悪に手を貸すもの、神でないものに感謝し、神でないものに仕えているもの、神でないものを間違えて拝んでいるもの、真の神に感謝しない人々は、最後に滅ぼされます。

 

後のページに近づいています。

聖書は読み始めると読みたくなります。

読み始めることが大切です。

この世で何よりも素晴らしく、最も面白く、最も感動し、愛を知り、厳しさを知り、素直さを学び、従順を学び、神と神であるイエスキリストを知る本が聖書です。

 

私の一番のおすすめの本です!

世界でダントツ1位の総発行部数です!

4000億冊!

 

どうか皆様が永遠のハッピーを得られるようにお祈り申し上げます。

 

 

ヨハネ福音書11章

エスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。

 

 

 

 

 新約聖書の最後の一文です。

 

ヨハネの黙示録22章20

以上すべてを証する方が、言われる。「然(しか)り、わたしはすぐに来る。」

アーメン、主イエスよ、来てください。

主イエスの恵みが、すべての者と共にあるように。

 

 

f:id:yotutaka:20170419130508j:plain

 

hukuinn.hatenablog.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 
旧約聖書の中のイエス

 

 

hukuinn.hatenablog.com

 

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.comhttp://hukuinn.hatenablog.com/entry/2017/04/14/122318

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

聖書

  • Life.Church
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

play.google.com

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

hukuinn.hatenablog.com

http://divineus.org/images/Daniel_s_70_Weeks-_June_10,_2017._jp.pdf